HOME > 制作日記 > 母の味、おばあちゃんの心

2009年12月1日

母の味、おばあちゃんの心

29日の日曜日、家の東にある屋敷畑で、野沢菜を収穫しました。

 

 

母によると、上出来だそうです。わたくしは、よいもわるいも、まだ区別がつきません。

 

 

屋敷畑では、長女・星河さんと、ゴボウの収穫もしました。地中に深く伸びたゴボウを、途中でおらないで抜くのは、楽ではありません。

 

 

ゴボウ大好物の星河さん、もくもくと、掘ってくれました。おつかれさん。

 

 

写真は、野沢菜を、天日干しをしているところです。このあと、洗って、漬けます。

 

 

野沢菜に囲まれて、わが家の濡れ縁に鎮座ましますシーサーのカップルも、いつもながら幸せそうですね。

カップルといえば、玄関の前にいる「ソヨゴ」という広葉樹のオスとメスのペアは今、真っ赤な子どもをたくさん付けています。

 

 

手前の赤い実が、メスの株に結んだ子ども。その奥に見える株はオスで、実を一つも付けていません。

 

 

仲良しのつがいの「ソヨゴ」、おめでたいわが家の玄関口です。あたくしも、妻・朝子さんと仲良くしよ!

玄関を入ったフロアで、母が荷造りをしています。

 

 

りんごに渋抜きをした柿に、みかん、缶ビール、お米、カップ麺、せんべい、手作り梅漬け・・・北海道で大学3年生の孫(私の次男)に、贈る荷物です。

 

 

たぶんこの箱の中に、封筒が。お小遣い入りです。

 

 

ちなみに、孫には缶ビール、わたくしの晩酌には、発泡酒でございました・・・なんでだ!?

 

 

その母が作った干し柿が、玄関の外に吊るされています。

 

 

もうじき、甘い柿に変身します。楽しみです。

午後2時、わが家は急ににぎやかになりました。

 

 

安曇野市三郷に暮らす友人の棚田一也さん・悠子さんご家族が、遊びに来てくれました。

 

 

保育園児の長男・悟常(ごじょう)君と、長女で2歳の温香(ゆたか)ちゃんといっしょです。

 

 

温香・・・ゆたか・・・どこかで聞きなれた名前ですね。写真のとおり、ぱっちりまなこの、かわいい子です。

 

 

帰りがけ、庭で写真を撮りました。子どもたちは、岩の上に立ってます。

 

 

棚田さんは、中学校の数学の先生。剣道部の顧問です。

 

 

今週末は、私の弟の稔さん・稔枝さんご一家も、遊びにきてくれました。なにかと、うれしい週末でした。

固定リンク | 過去ログ | Commnets(4)

コメント

Re:母の味、おばあちゃんの心 by 迅2012/04/29 19:08:20
棚田先生は大変お世話になりました。と伝えておいてください
Re:母の味、おばあちゃんの心 by 迅2012/04/29 19:12:14
棚田先生は大変お世話になりました。と伝えておいてください。付け足しでお願いします。この田園ネットはとてもおもしろいと思いました。ありがとうございました。 
Re:母の味、おばあちゃんの心 by 迅2012/04/29 19:12:38
棚田先生は大変お世話になりました。と伝えておいてください
迅さん、有り難うございます。Re:母の味、おばあちゃんの心 by きのしたゆたか2012/05/03 11:27:33
迅さまへ コメントを、有り難うございます。棚田先生は、転任されたのですね。わたしからお伝えいたします。
よろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは9c1mです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2009年12月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法