HOME > 制作日記 > 清水慎一さんのお話/第3回文屋座セミナー

2012年3月10日

清水慎一さんのお話/第3回文屋座セミナー

 

そして清水慎一さんです。

 

人前で話すのは初めてですが、超繁忙期になる12月に、僕は仕事をさぼって、会社に行きませんでした。あまりにも理想と現実のギャップが大きくて、現場を見れば見るほど自分を責め、人を責めてしまうことが苦しくて……。

 

そのときに読んだ本の中で、すごい言葉に出会いました。「四無量心(しむりょうしん)」という言葉です。人間は「慈」「悲」「喜」「捨」の4つの心をもっているそうです。「慈」は「人を慈しむ心を育てる」。「悲」は「人の悲しみを共に悲しめる心をもつ」。「喜」は「人の喜びも我が喜びのように一緒に喜ぶ」。「捨」は「執着の気持ちを捨てる」ということです。

 

菓匠Shimizuでは、年末に一人一人が「来年の1文字」を決めて、壁に貼ります。僕は今年、「捨」の字を厨房の隅に貼ってあります。

 

以前、高野さんから「戦略とは、捨てること。自分が大切にしているもの以外を捨てること。それが自社ブランド、自己ブランドにつながる」「これもやろう、あれもやろう、ということよりも、これをやめよう、あれをやめようということの方が、勇気と覚悟が要る」というお話を伺いました。

 

そのお話と「捨てる」がつながりました。僕の中で、2012年は「捨てる」という勇気と覚悟をもとうと思いました。今まで周りから受けた称賛の声も、批判も、他人との比較も、過去の実績も、さらには、面倒だと思うような人間関係も、全部捨ててしまおうと思っています。

 

尾角輝美さんから、「人は喪失感がなければ得るものがない」「ものすごく大きな喪失体験から得たものは、力だった」というお話をお聞きしました。僕には尾角さんのような喪失体験はありませんが、「これだ」と思いました。

 

さらに、「まんま」というお話を聞き、すごく共鳴できました。「まんま」は赤ちゃんが最初に覚える言葉で、3つの意味があるそうです。生命力を象徴する「ご飯」の意味と、生んでくれた人への感謝を表す「母親」「ママ」、そして受容を表す「そのまんま」。「あなたはあなたのままでいい」という意味です。

 

「捨」という言葉と、高野さんの言葉と、尾角さんのお話が自分の中でつながって、何かがふっきれました。

 

菓匠Shimizuの存在価値として、ここで働く人全員がワクワクして、毎日キラキラして、夢を叶えていけるような組織をつくりたいと思っています。そのためにはお客様を、そしてそれ以上に、一緒に働く仲間たちや、取引先の皆様や家族を、大切にしなければいけないと思います。家族に感謝の気持ちがないのに、お客様に感謝することは不可能でしょう。ですから、感謝の原点というのは、両親に対する「産んでくれてありがとう」という言葉だと思っています。

 

僕に人生を教えてくれたばあちゃんが生前、「自分のためにがんばることほどつまらないことはない」と言っていました。自分を支えてくれる人たちに感謝して、その人たちのためにがんばるからこそ、心身とも成長するということだと思います。

 

ばあちゃんからは、「徳」という話をよく聞かされました。特別なことをするのではなく、目の前にいる人に、どれだけ精一杯の笑顔と優しさで、思いやりをもって接することができるかどうかです。そして「徳は3代先まで続く」と言われていました。「ご先祖様が、近くにいた人たちに対して精一杯してきたはずだ。お前はその恩恵を受けているだけだから、図に乗るな」と、死ぬ直前までずっと言われていました。

 

そう考えると全部説明がつきます。僕は苦労を知らない人間で、僕よりも努力しているすごい人は大勢いるのに、こんなに幸せで、有難い気持ちになれるのは、ご先祖様が徳を積んでくれたお陰だなと思います。

 

僕たちは今、全国の菓子屋の仲間とつくったNPOで、定期的に被災地の支援をさせていただいています。被災地の人たちは、ものすごく深い苦しみや悲しみ、大切なものをなくされて、どん底にあると思います。でも被災地だけが被災地ではないと思います。今日出会う人も、深い悲しみをもっています。うちにも、そういう身近な人に対して、ほんの小さな親切をし、ほんの一言をかけることが一番大事だろうと思っています。

 

僕は1月18日の朝7時半に生まれたそうです。なので、毎年1月18日の朝7時半に、会える時は直接に行き、会えない時には7時半きっかりに母親に電話をかけて、「産んでくれてありがとう」と伝えています。

 

母からも毎年、手紙をもらいます。「育ってきてくれてありがとう。元気で、力一杯生きてきてくれてありがとう」と。

 

今年は、初めて父から「誕生日おめでとう」というメールをもらいました。父は若い頃に母親(僕の祖母)を亡くしています。祖母は清水家に養子に入った人でした。メールには「見ず知らずの清水家にもらわれ、育てられてきた母は、親に対する感謝と、家族を思う気持ちは人一倍強かったようです。そんなDNAを大切につなげていきたいですね」「こんな時代だからこそ、今ある命のあり方をとことん考えられる家族でありたいと思います」と書かれていました。

 

すべての原点は家族だと思います。「家族に尽くせる者はすべてに尽くせる」というのが、僕の一番好きな言葉、僕自身を律する言葉です。父や母、妻、社員と話をしている時間が、僕は一番幸せです。

 

 

 

「捨」の1字に込められた、深い意味……。

 

 

清水慎一さんのご著書『世界夢ケーキ宣言! 幸せは家族だんらん』は、2011年12月に増補改訂版を発刊いたしました。東日本大震災後の被災地支援のことや、大切なおばあさん、晴子さんのことなど、たっぷりお読みいただけます。

 

(写真撮影:花井裕一郎さん)

 

 

 

 

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはorvmです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2012年3月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法