HOME > 制作日記 > 自分事化→本気度アップ/オブ中バレー部メンタルコーチ

2012年4月17日

自分事化→本気度アップ/オブ中バレー部メンタルコーチ

(写真:4月15日、小布施5daysを終えて新幹線へ乗り込む直前、改札付近でポーズを決めてくださった、やぶちゃんこと薮原秀樹さん。長野マラソン完走後の疲れや脚の痛みをみじんも感じさせないパワフルショット。)


上記写真からさかのぼること4日、4月11日に、オブ中(小布施中学校)男子バレー部のメンタルコーチミーティングを見学させていただきました。


いつものことながら、このミーティングは気づきと感動の連続です。見学チームの大人たちが思わず涙する場面すらあります。


冒頭、集まったメンバーの表情をぐるりと見渡して、「みんな、たくましくなったね。声を聞かなくても感じます」とメンタルコーチやぶちゃん。


「あと5カ月で引退」


3年生のこの言葉を皮切りに、メンバー一人ひとりが、今の思いを発表していきました。


「一昨年も去年も全中(全国大会)へ出場したけれど、このままで大会に間に合うのか、ちょっと心配。」

 

発言を受けて、やぶちゃんは「それ、本音やな。心配してるね。ところが、いままでのように『不安』ではなくて、『心配』って言ってるんだよね。この違いは何?」と鋭くコメント。

 

すると3年生が「不安とか言ってる場合じゃない。もう引退だから。」


つづく2年生から「今年、全中に行けなかったら、来年、自分たちの代でも行けない。(自分はまだ2年生だけれど)自分にとっても引退と同じような感じ。今年を大事にしたい。先輩たちのサポートではなく、『一緒に全中に行きたい』という思いがある。」


この言葉を引き取って、やぶちゃんがおっしゃったのは……


「自分事化」


「本来なら2年生は『先輩、がんばってください』でいいのに、他人事にしていないね。意識を3年生側にもっていって、自分事化してくれたね」とやぶちゃん。


「先輩たちをサポートします」で終わらせることなく、「自分たちの引退」を視野に入れたことによって、2年生の当事者意識がぐっと高まり、これからの数カ月がとても切実なものになり、本気度がアップしている、ということです。「これはすごくいいことです!」


みんなの今の思いを聞いた後、井戸端わもん、そして「やぶちゃんと一問一答」という直感企画がありました。


メンバーの一人から、「自分のポジションではできないプレーを、ときどきやりたくなってしまう。そんなとき、どうしたらいいですか」との質問。


やぶちゃんはきっぱり「答えは自分の中にあるから、やぶちゃんは答えを言いません。自分で気づいてもらうしかないんです」。


他のメンバーからコメントが返ってきました。「気持ちはよくわかる」と共感する人。「でも、そのポジションを守れるのは一人しかいないから」と励ます人。


そして最後に監督の多田先生がズバリ、「そう思うのは当然です。でも君のポジションは決まっています。その思いをもちながら、自分のプレーをするしかありません」。そして「自分がそのプレーをしないからこそ、遠慮なく文句も言えるんです。もっと文句を言っていいよ。強いチームになればなるほど、そうだから」。


仲間たちと監督の言葉を受けて、何ひとつ状況は変わっていないにもかかわらず、質問したメンバーは「スッキリした。これからは遠慮なく(思ったことを)言います」と笑顔です。


自分の気持ちを聞いてもらい、心が軽くなったこともあってか、このメンバーから「そろそろ不安がピークになりそうなメンバーがいる」とご指名が。

 

呼ばれたメンバーが、「自分が一番経験が浅い。自分が失敗して、みんなに迷惑をかけることが不安」と、なかなか言えなかった思いを話してくれました。


このメンバーへ、全員から一言ずつ、コメントがありました。


「1年前は自分も同じ気持ちだった。その思いを受けとめて、チーム(の闘志やムード)を上げていきたい」


「最近、元気がなくなっていたのを、見てくれていたメンバーがいてよかった」


「不安をみんなで共有して戦えるのは、オブ中しかいない。試合の大事な場面で、メンタルの差が出る」


最後にやぶちゃんから「不安なときには『不安』と、苦手なものは『苦手』と言えることで、すごく楽になれます。メンタルはやぶちゃんの担当だから、大丈夫。必ず強くなれます」。


思いを素直に出せる場があること、聞いてくれる仲間がいること、互いの思いを共有できること。


みんなが「わもん」の気持ちになれたとき、思いはつながって、一人ひとりの、そして結果的にチーム自体の、力が高まります。

 

シェア+自分事化→本気度アップ。大人もまったく同じだと思います。


毎度毎度のことですが……今回も、ただただエネルギーをいただいてのおいとまとなりました。


ありがとうございます。




 

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはe95yです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

«  2012年4月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法