HOME > 制作日記 > 2014年11月

2014年11月15日

3.11被災地でのルポ絵本『世界一のパン』原画展にカナダ大使館の後援が決定!

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

信州小布施 文屋だより

=あり方を問う百年本の百年企業へ=

みなさん、こんにちは。信州小布施の出版社+栗農家・文屋の木下豊です。

信州小布施の里は、きのうの朝、庭の石鉢の水に薄氷が張りました。志賀高原のてっぺんに、うっすらと白いものが見えます。間もなく、居間の薪ストーブには7ヶ月ぶりに、火の神さまをお迎えします。みなさまのおかげさまで、文屋は歩みを進めております。メルマガ「文屋たより」をお届けいたします。


【もくじ】

1.小布施生まれのルポ絵本『世界一のパン 〜チェルシーバンズ物語』を未来へ、世界へ! クラウドファンディングにご参加、ご支援ください。3.11で被災した3つの街の図書館で原画の巡回展を開き、子どもたちに絵本をプレゼントします。

《購読予約型クラウドファンディングに初挑戦》
《信州小布施町で80年前にあった感動の実話を絵本に》
《受けたご恩は石に刻め》
《3.11で被災した街の子どもたちにプレゼントを》
《被災地での『世界一のパン』原画展にカナダ大使館の後援が決定!》

https://readyfor.jp/projects/SEKAIICHI_PAN

2.『マードレの田園レシピ』ご著者・竹節志げ子さんのトーク&サイン会を11月16日(日)午後、長野市内で開きます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

1.小布施生まれのルポ絵本『世界一のパン 〜チェルシーバンズ物語』を未来へ、世界へ! クラウドファンディングにご参加、ご支援ください。3.11で被災した3つの街の図書館で原画の巡回展を開き、子どもたちに絵本をプレゼントします。


《購読予約型クラウドファンディングに初挑戦》

文屋は初めて、購読予約型クラウドファンディングに挑戦しております。お申し込みの期限は12月8日(月)です。ファンディングでご支援いただいた資金は増刷に活用いたします。そして、その資金を使い、増刷後の社会貢献活動として、3.11で被災した3つの街の図書館で原画の巡回展を開き、子どもたちに絵本をプレゼントすることが、正式に決まりました。

みなさまのご参加とご支援を、よろしくお願いいたします。また、共感してくださる方は、このプロジェクトのことを、お知り合いのみなさまにお伝えいただけると、うれしく存じます。

https://readyfor.jp/projects/SEKAIICHI_PAN

クラウドファンディングは、インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集める仕組みです。新しい資金調達の手段として注目されており、 世界中で500以上のクラウドファンディングサービスが存在します。

《信州小布施町で80年前にあった感動の実話を絵本に》

ルポ絵本『世界一のパン  〜チェルシーバンズ物語』は2009年夏に出版し、初版の3千冊をすべてお求めいただくことができました。この本を増刷するにあたり、この絵本の元になっている実際にあったお話を、お一人でも多くのみなさまに知っていただきたいと考え、購入予約型のクラウドファンディングの手法を使うことになりました。

みなさん、80年前、カナダの人たちのおかげで、たくさんの日本人の命が救われたことを、ご存じでしょうか?

「死の病」であった肺結核の流行で、1920年代の日本人は、たいへんな苦しみの中にありました。このことを知ったカナダの人たちが、今の貨幣価値で20億円もの募金をして、病院建設の資金を作ってくださいました。その資金は、信州小布施の日当たりの良い広大な土地を買い、病棟を建て、レントゲン室など最先端の設備をそろえ、カナダから派遣されたお医者さんと看護師さんたちが、医療に専念するために活用されました。その支援活動は1960年代まで続きました。

募金活動の中心になったのは、キリスト教のカナダ聖公会(せいこうかい、Anglican Church)の信者のみなさんでした。キャンディーを買うのをがまんして、両親と日曜礼拝に訪れ、ピカピカに磨いたコインを募金箱に入れた、カナダの小学生のエピソードが、いまも小布施町では語り継がれています。

《受けたご恩は石に刻め》

この絵本は、命の恩人であるカナダの人たちにいただいたご恩への感謝を込めて、誕生しました。「ありがとう」の気持ちをカナダの人たちにお伝えするため、日本語に英語訳を付けました。絵本の部分の後に、32ページにわたって、この実話のルポを掲載しています(もちろん全文に英語対訳付きです)。

物語の主役は、パン屋の青年・岩崎小弥太さんです。小弥太さんは、看護師さんのパウルさんから、パウルさんの故郷の家でおばあさんとお母さんがよく作ってくれていたパン「チェルシーバンズ」の作り方を教えられました。今は亡き小弥太さんは、「ミスパウルに教えていただいた作り方の通りに、あれからずっと、毎朝、チェルシーバンズを作ってきました。小麦粉を練るときは、カナダの人たちへの『ありがとうございます』の気持ちを込めています」とお話しくださいました。ご長男の弥寿彦(やすひこ)さんが、お父さんの心と技を受け継いで、今も毎朝50個を作り続けています。

この「ありがとうの絵本」を、未来へ世界へとお伝えしていきたいと思います。

クラウドファンディングのご参加の方法は、3千円から10万円までございます。例えば「1万円」の場合、支援者のお名前を記した小冊子を絵本にはさみ込むほか、引換券には本書1冊と記念のポストカードに加えて、チェルシーバンズ1個を付けてお届けいたします。

《3.11で被災した街の子どもたちにプレゼントを》

クラウドファンディングで目標金額100万円以上が集まり、増刷が実現したら、どうしようか・・・文屋では、「その先のゴール」をどうするのか、ずっと考え、話し合いを続けてきました。そしてこのたび、ようやく、次のように結論がまとまりました。

1)被災された東北の3つの県の3つの街で、『世界一のパン』の原画展を開かせていただきます。読み聞かせ会も行い、集まってくれた子どもたちに岩崎さんのチェルシーバンズをプレゼントします(みんなに行き渡るように8分の1ピースずつです)。

2)その3つの街にある、すべての幼稚園、保育園と小学校、中学校に、『世界一のパン』と食育絵本『こんもり森のまほうのレストラン』を寄贈いたします。

その3つの街は、次の通りです。

1)宮城県名取市
2)岩手県陸前高田市
3)福島県南相馬市

《被災地での『世界一のパン』原画展にカナダ大使館の後援が決定!》

クラウドファンディングのお申込期限は12月8日(月)ですが、その日を待たずに、名取市図書館で、原画展の開催が決まりました。

場所は、同館にある「どんぐり・アン・みんなの図書室」です。この建物は、昨年1月に、カナダ連邦政府とブリティッシュ・コロンビア州政府、カナダウッド・グループの「東北復興プロジェクト」による建設の支援をいただいて、完成しました。カナダ産の木材をふんだんに使った、おおらかな空気の漂う空間です。80数年前の新生療養所と3.11の被災地の図書室・・・カナダのみなさん、有り難うございます。

この原画展にこのたび、カナダ大使館が正式に、後援を決めてくださいました。

会期は12月2日(火)から28日(日)です。

読み聞かせ会は、12月6日(土)14時から一時間です。この会に集まってくれる子どもたちに、チェルシーバンズをプレゼントします。

また、名取市のすべての幼稚園、保育園と小学校、中学校に、絵本2点ずつを寄贈いたします。

こうして、クラウドファンディングにご支援くださるみなさまのご厚意を、東北大震災の被災地の子どもたちの喜びのために生かすことが出来ることは、光栄なことであり、幸せに存じます。

みなさま、ありがとうの絵本『世界一のパン』を世界へ、未来へ!のプロジェクトにご参加ください。このプロジェクトのことをお知り合いにご紹介いただくなど、ご支援もよろしくお願いいたします。

くわしい内容とご支援のお申し込みは、こちらをご覧ください。ページ右上の緑色のバナー「このプロジェクトの支援に参加する」から、購入予約をすることが出来ます。

→ https://readyfor.jp/projects/SEKAIICHI_PAN

本書をご予約くださる方は、文屋サイトにどうぞ。増刷は新春一月中には、仕上げる予定です。

→ http://www.e-denen.net/syoseki/bans.html


2.『マードレの田園レシピ』ご著者・竹節志げ子さんのトーク&サイン会が11月16日(日)午後、長野市内で開かれます。22日(土)は軽井沢で文屋座を開きます。

http://www.e-denen.net/kino/kino.cgi?_action=_log&_link=1&_id=68

あす16日(日)16時より、JR長野駅前の大型書店・平安堂長野店さんの「カフェぺえじ」にて、竹節さんのトーク&サイン会が開かれます。木下も参加いたします。みなさま、お出かけください。


ではみなさん、佳き日々をお健やかにおすごしください。お読みいただき、ありがとうございます。

【写真説明】
左上:ルポ絵本『世界一のパン 〜チェルシーバンズ物語』の表紙
   絵と文:市居みかさん、ルポ:中島敏子さん

右上:小弥太さんのお店「小布施岩崎」にて、チェルシーバンズを持つ奥さまのしのぶさん。出版から2年後の2011年秋、小弥太さんは天に召されましたが、しのぶさんとご長男夫妻が、チェルシーバンズを作り続けています。

左 下:翻訳家のハート・ララビーさんと『世界一のパン』を読む息子の玄ちゃん。小布施の図書館まちとしょテラソにて。「英訳は、日本人の英語学習になるだけ でなく、ネイティブの人たちにもじゅうぶんに楽しんでいただけるように、英語としての完成度を求めました」とハートさん。

右下:竹節志げ子さんの『マードレの田園レシピ』。おかげさまで、発刊から9年で3刷五千部のロングセラーになりました。

平成26年11月14日
文屋 代表 木下 豊・朝子

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

2014年11月19日

歌手・ラジオDJの松山三四六さんと、菓匠Shimizuシェフパティシエ清水慎一さんの新春文屋座スペシャル「信州・日常・礼賛」を開きます。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

信州小布施 文屋だより

=あり方を問う百年本の百年企業へ=

みなさん、こんにちは。信州小布施の出版社+栗農家・文屋の木下豊です。

信州小布施の里は、唯一の里山・雁田山(かりだやま)の美しい紅葉が、落葉へと移ろっております。文屋のお庭の落ち葉掃きがピークを迎えています。

「落ち葉をきれいに掃いた後に舞う落ち葉と、濡れ落ち葉のままの庭に積もる落ち葉。この風情(ふぜい)の違いがわからないような人は、経営者を辞めなさい」。尊敬する人物が語った言の葉を思い浮かべながら、庭の掃除を続けております。

みなさまのおかげさまで、文屋は歩みを進めております。メルマガ「文屋たより」をお届けいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【もくじ】

1.「雨の止む確率100%」「大きく変わるチャンスを大変という」・・・歌手・ラジオDJの松山三四六さんと、菓匠Shimizuシェフパティシエ清水慎一さんの新春文屋座スペシャル「信州・日常・礼賛」を開きます。高校生3年生以下のみなさんはご招待いたします。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar2.php

2.井内由佳さんの『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』より

3.文屋の近況 薪ストーブに火の神さまをお迎えしました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

1.「雨の止む確率100%」「大きく変わるチャンスを大変という」・・・歌手・ラジオDJの松山三四六さんと、菓匠Shimizuシェフパティシエ清水慎一さんの新春文屋座スペシャル「信州・日常・礼賛」を開きます。高校生3年生以下のみなさんはご招待いたします。

平成27年「新春の文屋座スペシャル」として、松山三四六さんと清水慎一さんをお迎えいたします。トーク&ライブの第一部と、美味しい料理とお酒とお二人を囲むパーティーの第二部。合わせて7時間に及ぶ、出会いと学びと語らいの文化サロンです。会場は、善光寺さんに近い北野文芸座とホテル犀北館です。

三四六のご著書『クマンバチと手の中のキャンディ』は、間もなく発刊1周年を迎えます。また、新春には清水慎一さんの2冊目のご著書『縁(えにし) 〜菓匠Shimizuと伊那谷の365日』が全国発売されます。

メインテーマは「信州・日常・礼賛」です。FM長野のDJや地元局のレポーターとして13年間、信州の人と自然とともにすごしてきた東京人・三四六さんと、信州に生まれ、地元伊那谷の農産物などを使ったケーキを作り続ける慎一さん。お二人が、身近な足元の人と自然を愛しながら、何気ない日常を礼賛して暮らすことの素敵さを、語り合います。

三四六さん44歳、慎一さん39歳。それぞれの「わが道」を「みんなといっしょ」に、あつく、たくましく、やさしく生きている男同士です。二人とも、もがき、まよい、たたかっている真っ最中の、発展途上人です。そんな暮らしと働きの中でつかんできた思いと考えが、二人の体の底からにじむ言霊(KOTODAMA)として言の葉となって発せられます。みなさん、どうぞご参加ください。

時は新春1月31日、厳寒期の信州の、氷雪をも溶かす、あついライブです!

トーク&ライブの第一部では、シンガーソングライターでもある三四六さんの20年来の相棒・村上雄信さん(ギター)と、ピアニストの園畑貴之さんをお迎えします。

文屋座は、書き手と読み手と作り手の、出会いと学びと語らいの文化サロン。
学び座(セミナー)と語らい座(パーティー)の2部構成です。お誘い合わせてご参加ください。

1 と き 平成27年1月31日(土)14:00〜21:00(7時間)
2 ところ
  1)第一部 トーク&ライブ 北野文芸座
  2)第二部 ファンの集いパーティー 長野ホテル犀北館

パーティーでは、スポンサー企業のみなさまから提供される素敵なプレゼントがあたる抽選会もございます。

また、三四六さんと慎一さんがコラボした焼き菓子「三四六好み」を、当日限定で販売いたします。

詳しい内容とお申し込みは、こちらをクリックしてご覧ください。

http://www.e-denen.net/bunyaza_seminar2.php


2.井内由佳さんの『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』(文屋)より

傷つきやすくもろい人ほど、打算や競争心、嫉妬心が強い
…………… 心のとんがりをとっていきましょう。

 目標を達成するためには、いつも、それを達成した時のことをイメージしていてください。達成できた時をイメージするということは、成長した自分をイメージすることなんです。目標は立て方が肝心です。立て方を間違えば、生き方を間違うことになるからです。
 そのためには、決して心にもない謙遜をしてはいけません。ほんとうに謙虚な人は、心にもない謙遜はしないものです。反対に、賞讃や敬意が欲しい人は、何かをやる前から、保険をかけるかのように謙遜します。「そんなことないじゃない。すごいじゃない」という言葉を最大限に引き出すには、前もって自分の力を過少に申告したり、今日は調子が悪いだの、何んだかんだと前もって言い訳が必要なわけです。
 自分を引き立てるために、打算があったり、見栄があったり、嫉妬があったり、人の心は複雑です。特に、「心が複雑で、傷つきやすくもろい人ほど、打算や競争心や嫉妬心が強い」と神さまは言っています。「傷つきやすい人」というのは、繊細で弱く、守ってあげなければ、という印象です。けれど、その実、自分が本心で話をしないから、たとえば、心にもない謙遜やお世辞を言うから、人の発した言葉も、自分と同じと思って素直に受け取らず、「本心だろうか」「何を言いたいつもりなの」と、だんだん悪く受け取ってしまうのです。
 悪く取るから傷つく、傷つくから好意を持って本心で話せなくなる、という図式です。
 人の心はコンペイトウのように、デコボコとしたものです。とんがっている部分が、見つめ直さないといけない「我」や「虚栄心」の部分だと言えば、わかりやすいでしょうか。そのデコボコした心を丸く磨いていくところに、幸せへの道は開かれます。ただ、いきなりは丸くなりません。だから、ひとつずつとんがりをとっていくのです。
 そのためには、自分を過大にも過小にも演出せず、心にもないことを言わないことです。

アマゾンから:http://urx.nu/ehI9
文屋サイトから:http://www.e-denen.net/index.php/koufuku


3.文屋の近況 薪ストーブに火の神さまをお迎えしました。

年に一度、火入れの前に、前の冬にたまったススを落とすために、屋根に登ります。煙突の上から長いワイヤーブラシを入れて上下左右させてススを掃除します。

おととい17日に、この煙突掃除を行いました。そして、7カ月ぶりに、居間の薪ストーブに、火の神さまをお迎えしました。もうじき、最低気温がマイナス10度を下回る冬がやってきます。それに備えて、春から薪づくりをしてきました。今年はおかげさまで、ひと冬分にはじゅうぶんの薪を確保して、物置に積み上げることが出来ました。

遠赤外線と家中を漂う対流熱、そして紅くゆらぐ炎。薪ストーブが主役になる冬も、大好きな季節です。

厳寒の冬の小布施は訪れる人が少なくなります。雪、寒さ、薪の火、静けさ・・・賑やかなことはうれしいですが、静かなことはそれと同じくらいうれしく、大切なことだと思っております。「でも、ほんとうの小布施通は、あえてこの季節を選んでくれるんだよなー」。ある先輩が熱燗を飲みながら、ほほえむ姿が、目に浮かびます。

ではみなさん、佳き日々をお健やかにおすごしください。お読みいただき、ありがとうございます。


【写真説明】

左上:「346✕慎一 トーク&ライブ+ファンの集いパーティー」のチラシ。真ん中のケーキは、ライブで歌う三四六さんを菓匠Shimizuのスタッフが描いた、デコレーションケーキです。

右上:コンサートで語りかける三四六さん。このたび、CD2枚組のベストアルバムが発売されました。信州のFM長野のほか、首都圏のFMナック5金曜夜のレギュラー番組も人気です。

左下:ケーキの素材を仕入れている農家を訪れた慎一さん。『世界夢ケーキ宣言』(文屋)に続くご著書『縁(えにし)〜菓匠Shimizuと伊那谷の365日』は、新春に全国発売されます。

右下:薪ストーブに火をともしました。家中が、ほんわかとあったまっております。厳寒期の小布施へ・・・小布施通の方、歓迎いたします。

平成26年11月19日
文屋 代表 木下 豊・朝子より

固定リンク | 日々 | Commnets(0)

«  2014年11月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法