HOME > 制作日記 > 2011年1月13日

2011年1月13日

5つの精進

42歳のとき、もう10年近く前のこと、心身の健康も、家族や仕事や地域などの人間関係も、あらゆることがうまく回らずに、最悪の状態でした。ビルの屋上から落ちて、地面に激突する寸前に、恩人のご紹介でお訪ねしたのが、鎌倉市の富士和教会でした。

 

ご使者にいただいたご指導は二つ。

 

1 和合を心がけなさい。

  あなたは傲慢で、自分本位で、気に入らないとすぐにけんかをしますね。和合は、不幸にならないための心がけです。

 

2 こすっからい(ずるがしこい)気持ちで生きてはいけません。

  自分だけがよければ、相手はどうなってもかまわない。人をだましても、自分だけ儲けようとする。そんな魂胆は、すぐに見破られます。人を思いやる気持ちを養いなさい。

 

 この二つの点から、いままでにしてきたことを反省して、お詫びをして、正すようにつとめることです。心は急には変えられません。ですが、心がよくなった分だけ、健康も、人間関係も、経済的な安定も向上し、幸福への道を歩むことができるようになりますよ。

 

 年末、妻と参って、いただいたご指導は、「五つの精進」です。

 

1 和合すること

 

2 感謝すること

 

3 反省心をもつこと

 

4 謙虚におごらず

 

5 努力すること

 

 1年の1/24がすぎました。「新年」が明けましておめでたいのなら、「新日」も明けましておめでたいのだと思います。日々に新た。心して、生きていきます。

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

«  2011年1月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法