HOME > 制作日記 > 2011年1月8日

2011年1月8日

30日(日)午後、伊那市にて、清水慎一さんの講演会

30日(日)13:30より15:30、伊那市のマリエールにて、『世界夢ケーキ宣言! 〜幸せは家族団らん』の出版記念講演会が開かれます。講師は、著者の清水慎一さんです。みなさん、お誘いあわせて、ご参加ください。

 

詳しい内容とお申込方法は、下記へどうぞ。

http://www.kasho-shimizu.com/pdf/20101216koen.pdf

 

講演会とサイン会の後、16:00より、記念パーティーも開かれます(会費5,000円で、どなたでもご参加いただけます)。

 

これはないしょですが、本書に推薦文をお寄せくださり、たくさんのみなさんに広報してくださっている大久保寛司さんも、ご参加くださいます(書いちゃった)。

 

みなさん、30日は伊那でお会いしましょう!

清水慎一さんの働く姿です(本邦初公開!)。

菓匠Shimizuを背景に、スタッフのみなさんです。昨年5月ごろの撮影です。今はさらに数人、増えていらっしゃいます。前列中央の車椅子の方は、お母さんのお母様です。後列中央のお子さん(長男)を肩車して仁王立ちの人が慎一さん、その前がお父様です。

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

湯たんぽは身も心も、暖かい!

朝、緑茶&新聞と、お掃除の後、仕事場の部屋へ。数日前から、足元に湯たんぽを置いて、足の裏を暖めています。母が昨年買ってプレゼントしてくれました(昨年の湯たんぽは小さな穴が空いてしまったので、今使っているのは2代目です)。

 

薪ストーブであたためたお湯を、毎朝入れて、使っています。仕事場の暖房はエアコンなのですが、やはり厳寒のこの季節(今朝の外は−8℃)は、足元が寒いので、湯たんぽは便利です。・・・おかげで、いい仕事ができそうだ〜。

 

午前中は、編集の仕事。午後は、明日朝の小布施掃除に学ぶ会の月例会のトイレ掃除のための道具20人分を倉庫でそろえ、軽トラに載せて、会場の町の福祉施設「千年樹の里」に運びました。

 

それから、町立図書館のまちとしょテラソヘ。館長の花井裕一郎さんと、DA(デジタルアーカイブ)事業について打ち合わせ。

 

お昼前、ただ今、新刊を編集中の大久保寛司さん(人と経営研究所所長)とメールの交換。新館の編集大詰めですのに、「こんな企画どうでしょう?」と新企画のご提案をくださいました。

 

思わず、一人で「うぉー!!」と叫んだのは申すまでもありません。極上・・・になりうるダイヤの原石のような素材を、さりげなく添付送信してくださいました。問われるのは唯一、私どもの企画力と編集力、ですね。「うぉー!!!」

 

これから千曲川の堤防を走ってきます。

固定リンク | 過去ログ | Commnets(0)

«  2011年1月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法