HOME > 制作日記 > 2012年6月25日

2012年6月25日

市居みかさん再び

2009年に完成しました『世界一のパン』。絵本編を創作していただきました市居みかさんと、ご主人の宮本一さん、ご子息の薫平くんをお迎えして、次の企画の取材とお打合せを行いました。

 

 

初日は「蔵部」にて、歓迎の宴。

 

 

 

2日目は朝から取材へ。演劇のリハーサルを見学。音楽にのせて踊る出演者のみなさんを見ているうちに、薫平くんもいっしょにダンス。ノリの良さはご両親ゆずりでしょうか。

 

 

 

その日の夕方、まちとしょテラソにて、市居さんの絵本の朗読会と絵本作りワークショップが開かれました。

 

『世界一のパン』を含め、新作『ねこのピカリとまどのほし』など4作品を、生演奏つきで披露。

 

絵本作りワークショップでは、市居さんの『いっぽんみちを歩いていたら』を題材に、「道の向こうから来たものは?」というテーマで、みなさんに絵を描いてもらいました。傑作揃いで盛りあがりました。

 

小布施ご来訪の直前、6月20日が市居さんのお誕生日だったことから、夜の懇親会ではサプライズのバースデーケーキが。メッセージ入りのケーキのロウソクを市居さんに吹き消していただき、みんなでおいしく味わいました。

 

 

さらに翌日も取材を行い、ご一家と山田温泉をごいっしょし、充実の3日間を過ごさせていただきました。

 

滋賀県信楽町から、マイカーでお訪ねくださった市居さん、宮本さん、薫平くん。ありがとうございました。

 

また市居さんとごいっしょに本づくりができて、うれしいです。本の完成が楽しみです! 

 

 

 

 

 

固定リンク | 過去ログ | Commnets(3)

«  2012年6月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法