HOME > 商品一覧 > うつくしむくらし ~ 窪島誠一郎ひとり語り

書籍

書影

うつくしむくらし
~ 窪島誠一郎ひとり語り

窪島 誠一郎

著者:窪島 誠一郎
価格:800円+税
判型:新書判、並製本
頁数:150ページ

この本について

「うつくしむ」とは、かわいがり、大切にいとおしみ、ゆるすことです。
「慈(いつく)しむ」、「愛(いつく)しむ」のもとになっている、
美しい和ことばです。

平和とは、たった一人の人を愛し、一つのこと、一つのものに心を注ぎ、
名もない小さな花をうつくしむことです。

「うつくしむ」心を感じつづけていきたいと思います。

著者プロフィール

窪島 誠一郎(くぼしま せいいちろう)

1941年東京生まれ。信濃デッサン館・無言館館主、作家。

印刷工、店員、酒場の経営などを経て、64年、東京都世田谷区に小劇場運動の草分けとなる 「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立。79年、長野県上田市に夭折画家のデッサンを展示する「信濃デッサン館」を、97年、 同館隣接地に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を創設。『父への手紙』『「明大前」物語』(筑摩書房)、『信濃デッサン館日記』『無言館の坂道』 『雁と雁の子』(平凡社)、『無言館ノオト』『石榴と銃』『鬼火の里』(集英社)、『無言館への旅』『高間筆子幻景』(白水社)など著書多数。 2005年、「無言館」が第53回菊池寛賞受賞

もくじ

第1章 「戦後60年」という熱狂
第2章 情熱を秘めた静寂
第3章 静寂の束
第4章 60年間の喪失を取りもどす
第5章 うつくしむくらし

インタビュー 不足を引き受け、あるままに

メールマガジン 文屋だより

文屋だより

Vol.509 思いっきり、死ぬまで生きればいいんさ
みなさん、こんにちは。お元気ですか? 信州小布施にも新しい朝が明けました。 みなさん、 あけましておめでとうございます。 きょう8月19日(土)午後に、 東京・御茶ノ水で、、 「文屋座」を開きます。 最新... 続きを見る

Bookフェアの開催予定

オリジナル絵はがき

ご購入のご案内

  • bunya Facebook page
  • @bunyakinoshita

文屋の書籍

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法