HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.101 「進歩と進化」その 3 「考え方」を変える工夫

2016年03月02日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

「進歩と進化」その3「考え方」を変える工夫


3月19日(土)午後、出版を祝う文屋座を開きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★「考え方」を変える方法は?★
*******************


【進歩】は、量的な成長。

同じ舞台(ステージ)で、
ゆるやかな上り坂を歩みゆく成長の姿。


【進化】は、質的な成長。

進歩をつづけた結果として、

階段を一段上がり、
一つ上の
新しい舞台に上がる成長の姿。


ここから生まれてきた一つの問い。


「進化」には、「進歩」を重ねるための
時間が必要というけれど、

時間をかけさえすれば、
「進化」は生まれるのか?


成果は「考え方と能力と熱意」のかけ算。


「考え方」を入れ替えることができれば、
「進化」は一気に、
劇的に起こることもあえます。


ここ数年のわたしの課題は、
まさにこの一点に尽きます。


「自己中心・目先の利益優先」の
殻を破ることができず、

「相手優先・遠きをはかる・利益は結果」
という

新しい考え方の舞台(ステージ)に
立つことができないでおります。


このため、
そういう人を呼び込み、
そういう事を呼び込み、

結果的に「損」をしたり、
ご迷惑をおかけする展開に
なることがありました。


「背に腹は代えられない」といった
「考え方」を、

「相手優先・遠きをはかる・利益は結果」
に変える。


それができてはじめて、
いま目の前に広がっている
自分の幸せな状況を、

周りの人たちすべてが幸せな、
「真に幸せな状況」に
変えることができるのだと思います。


このわたしの「考え方」は、
どうしたら、
変えることができるのでしょう?


*******************
★「考え方」を変える3つの方法★
*******************


ここ数年、わたしはこの課題を、
ずっと考えてきました。

いま、この場で書くことのできる、
「考え方」を変える方法は、
以下の3つです。

「なんだそんなことか」

「そんなことができていないのか?」

と笑われるのを覚悟で書きます。


1.自分を愛して、幸福感を抱く。

1)人と和合して心穏やかに暮らす。

2)いまの自分の状況に、心から感謝する。


2.いちばん身近な人を愛する。

義理の父母、実の父母、妻、
子どもたち、仕事仲間・・・。


3.いちばん高い理想を抱く。

1)縦軸の空間は、
自分を真ん中に置いた同心円。

いちばん遠くから、
宇宙、世界、日本、
地域、職場、家庭、自分。


2)横軸の時間は、
「今」を真ん中に置いた
いちばん遠い過去と、
いちばん遠い未来。


すべてを包む宇宙の
いちばん遠い未来が、

穏やかな幸福感に満ちた
光り輝いていること。

そうなるために、
いま、この、
自分の人生(暮らしと働き)を、

生かし切ることを考えて、
日々の行動をする。


名家の家訓や
老舗企業の社是・社訓は、
この3つのうちの「3」を、

その家や会社なりの
選りすぐった
「言葉」にしたものです。


いますぐに叶えることはできなくても、
自分の世代ではなしえないような、
「いちばん高い理想」を、

あえて掲げることで、
私利私欲におぼれがちな自分を戒めて、

「考え方」を一気に、
公的なもの、
大きなもの、
「遠きをはかる」ものに転じる。

世界の平和を願い、誓った
日本国憲法の「前文」にも、

同様の考え方、心の姿勢を、
読み取ることができます。


幸せは、穏やかな心に宿る。

宇宙の未来が、
穏やかな心の幸福感に満ちた
ものになることが、わたしの願い。

いま、この仕事は、
その願い、
その目標のために行うもの。

そのための行いとして、

1.自分を愛して、幸福感を抱く。

2.いちばん身近の人を愛する。


この「考え方」になることができれば、
「生き方」は変わり、
きっと「運命」も変わります。


では、
わたしは、
「考え方」を変えられるのか?

信州小布施の「劇的な春」のように?

みなさま、厳しい目で、
見ていてくださいませ。


そして、

1.1と2と3が身につくように、
この「考え方」を「つづけてゆく」。

2.この考え方と生き方を、
子どもたちや身近な人たちに、
「つないでゆく」。

そういう人で、ありたいものです。


高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』の制作は、

わたしに、
こうしたことを考える機会を
与えてくれました。


3月19日(土)は、本書の出版を祝う文屋座です。

ただいまの参加ご予約は130人樣です。

お誘い合わせてお出かけください。



***************************

★きょうの気づき★

◆【進歩】は、
同じ舞台(ステージ)で、
ゆるやかな上り坂を歩みゆく成長の姿。

【進化】は、
進歩をつづけた結果として、

階段を一段上がり、
一つ上の
新しい舞台に上がる成長の姿。

そして、

【進歩】は量的な成長。

【進化】は質的な成長。

◆成果は「考え方と能力と熱意」のかけ算。

ならば、

「考え方」を変えることで、
時間を浪費することなく、
「進化」を遂げることはできるはず。

では、
どうすれば、「考え方」を
変えることができるのか?


◆「考え方」を変える3つの方法

1.自分を愛して、幸福感を抱く。

2.いちばん身近の人を愛する。

3.いちばん高い理想を抱く。


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法