HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.013 ラワットさんのご著書を読んで小学生同士が対話

2015年11月28日

***************************

★「わもん」の薮原秀樹さんとラワットさんの初対面★

***************************

文屋の読者さんで、
福井県で小学校カウンセラーをおつとめの
日比野享子さんから、

ラワットさんのご著書『Pot with the Hole 穴のあいた桶』を
読まれたご感想をいただきました。

日比野さんは、『聞けば叶う 〜わもん入門』(文屋)の
ご著者で、「わもん」の創始者である薮原秀樹さんに、
わもんを学んでいらっしゃいます。

www.e-denen.net/index.php/books?_id=5

「わもん」とは、
「人の話を聞くこと」を徹底的に掘り下げる
コミュニケーション術です。

くわしくは公式サイトへどうぞ

wamon.co.jp

10月2日、名古屋能楽堂で開かれたセミナーに参加され、
ラワットさんと薮原さん(やぶちゃん)の対談を
聞かれました。


「こんにちは。
いつも文屋だよりを楽しみにしております。

私は、やぶちゃんのわもんの修行をしていまして、
先日、名古屋能楽堂での、

プレム・ラワットさんとの講演会へ参加して、
感動いたしました。」

**********************

  ★小学生がラワットさんの本で対話★

**********************

「その後、ラワットさんのご著書を拝読しました。

とてもわかりやすくて、
穏やかな気持ちになるのと同時に、
子どもたちに伝えられるかなと考えました。

わたしは小学校で、
不登校の子どもたちが通う教室の
カウンセラーをしています。

月1回のペースで1時間、
哲学の時間を担当しています。

先月は、ラワットさんの本から抜粋して、
子どもたちと、
生きることや命について、考えました。

「自分の命は、きょう何日目かな」と計算したり、

「どんな種をまいていきたいか」とか、

みんな今を真剣に生きることについて、
考えを話してくれました。

ラワットさんのご著書は、
言葉がやさしくて、
子どもたちの心にしっかりと届きます。

だから子どもたちは、
自分の思いや気持ちを、自分の言葉で、
話せるのだと感じました。

これからも、ラワットさんのご著書が、
たくさんの子どもたちの心に届くことを、
祈っています。

ありがとうございます。」

日比野 享子 拝

(引用はここまで)

***************************

★「わもん」とラワットさんのメッセージの共通性★

***************************

日比野さん、すてきなご感想文をいただき、
ありがとうございます。

穏やかな心持ちのたいせつさ

ラワットさんのメッセージは、
心の水面を穏やかにたもつことを大事にする
わもんの教えと、通じる内容です。

静寂な能舞台での、ラワットさんと薮原さんは、
初対面とは思えないほど、
意気投合していらっしゃいました。

ふだんから聞く力を磨かれている
わもんのみなさんがかもし出す、会場の雰囲気を、
ラワットさんがはたいそうお喜びでした。

穏やかな心持ちのたいせつさ(ラワットさん)

相手の声なき声を感じとる力(薮原さん)

お二人のご著書を出版するご縁に恵まれ、
お二人に親しくしていただいている
版元の代表(わたし)。

さぞかし、
「出来ている」と思われるかもしれません。

それが、
「言行不一致」を絵に描いたような自分に、
日々、気づかせていただいております。

論語読みの論語知らず

でもせめて、

門前の小僧
習わぬ経を読む

って感じに、
すこしずつ身につけていきたいと思います。

いえ、この「自分なりに」「すこしずつ」では、
たぶんずっと成長無しです。

反省し抜いて、改め抜いて、やり抜く

その覚悟を、みずからに問いかけます。

***************************

★きょうの気づき★

1 プレム・ラワットさんのご著書に込められた
メッセージは、地球上のすべての人々の心に届く。

2 小学生の心にも届くメッセージ。
届けば、自分の思いや気持ちを、自分の言葉で、
語れるようになる。

3 穏やかな心持ちで生きるたいせつさを実感して、
自分のふだんの暮らしと働きに、
生かしていきたい。

***************************

1
ラワットさんの単独インタビュー記事が
『クーリエ・ジャポン』の最新号に
掲載されました。

創刊十周年の記念号です。

公式サイトの目次紹介に掲載されておりますので、
よろしければ、ご覧ください。

http://courrier.jp/magazine/contents/index.html

Interview
「選択肢がある」という理解があなたを変えます。
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

2
このたび、
ダ・ヴィンチニュース「超本人」に、
インタビュー記事を掲載して
いただきました。

お読みいただけると幸いです。

◯ダ・ヴィンチニュース

出版社が栗を売る!?
長野県の小さな出版社・文屋、
「重版率9割」のヒントは
農業にあった!

【超本人 第2回】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

◯ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法