HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.131 絶対に潰れない永続企業を目指す印刷会社 その5

2016年04月06日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)
絶対に潰れない永続企業を目指す印刷会社 その5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★すべての社員が参加してつくる
      経営指針書を羅針盤に★
*******************


深める(選択と集中をして、
得意分野に特化する)と 広がる


福島県郡山市の共同印刷株式会社
社長 鈴木充男さんが、
「経営の羅針盤」と大切にする

全社員参加型の経営指針書とは、
どういうものでしょうか?

渡辺雅文さんのご著書、
『根っこづくりの経営』(文屋)から、
渡辺さんに語っていただきます。


************


経営指針とは

経営指針という言葉を何となく知っていても、

実際に経営指針を毎年つくり、
それに基づいた経営を行っている
中小零細企業はあまり多くないかもしれません。


経営指針とは、簡単にいうと、
会社の方向性を示す設計図
のようなものです。

経営指針書には、千年経っても、二千年経っても
変わることのない「企業理念」と、

何のために経営しているのかという
「経営理念」が示されています。

また企業を取り巻く環境変化に
適応するための具体的な対応策を
まとめ上げた経営ビジョンや経営方針、

さらに部署ごとの具体的な行動計画、
個々人の行動計画が盛り込まれています。

当社(渡辺経営コンサルタント事務所)が主催する
「経営指針塾」では、

たくさんの企業が
経営指針づくりに取り組んでいます。

作成には時間を要しますが、
この経営指針をつくることで、

社員全員が一体となって
一つの方向に向かうことができ、

迷うことが少なくなったという声も
よく聞かれます。

ぜひ、「経営指針書」づくりに取り組み、
一体感のある企業活動や職場環境づくりを
行ってみてください。

************


鈴木さんは、
この「経営指針塾」に何回も通い、

「経営指針書」づくりに取り組みました。

立派な冊子にまとまった経営指針書は、
すでに10冊(年)以上になりました。

それでも鈴木さんは、
毎年開かれる経営指針塾に通い続け、
磨き上げに余念がありません。


*******************
★企業理念は「みんなの幸せ」★
*******************


では、鈴木さんが経営指針書の冒頭に掲げる
「千年経っても、二千年経っても
変わることのない「企業理念」」とは、

どんなものでしょうか?


【企業理念】

“みんなの幸せ”

「相手よし、自分よし、周りよし」の三方よしは、
いつの時代にも変わることの無い
経営不変の原則です。


わたし(木下)は、
この企業理念をはじめて見たとき、

「あっ」とも「うっ」ともつかない
小さな声をあげたのを覚えています。


「お見事!」と思いました。


「何年も、何回も、ずっと考えてきて、
ふと、浮かんだのが、これでした」
と鈴木さん。


そして、
何のために経営しているのかを示す
「経営理念」は、


【経営理念】

私たちは、21世紀の社会、経済、文化発展の担い手として、
常に時代をリードする価値創造印刷業を目指します。

私たちは、「驚きの速さと感動のサービス」で、
お客様の商売繁盛に貢献いたします。

私たちは、明るく楽しい職場づくりを通して、
社員一人ひとりの夢と希望が実現できる企業を目指します。


*******************
★見えない力★
*******************


3.11の東日本大震災で60人いた社員は一時、
ちりぢりになりましたが、

いまは、新卒者採用した社員も含め、
もうじき50人になります。

いわゆる外回りの営業マンは、
一人もいません。


毎月2,000通のDMを、
全国の同業者に郵送することだけは、
「営業」です。


そんな経営をつづける鈴木さんは、
毎月「ハガキでこんにちは」という
社長通信を書いて郵送しています。


ついこの間、
届いた「第13号」のタイトルは、

「見えない力」です。

鈴木さんのお許しをいただきましたので、
転載させていただきます。


************



製本 丁寧 深めると・・・




この鈴木さんに、ご著者の渡辺雅文さんは、
次のようにコメントされています。


「生活のため仕方なく働く人々や、
上から言われないと働かない人々を
労働者集団と言い、

権利・義務をわきまえて働く集団を
自立者集団、

働くのが好きで、
お客様や仲間の喜びのために働く集団を
喜働者(創造者)集団と言います。

喜働者集団は、
言われなくても自ら働く前向きな集団です。」


職場という舞台の主人公は社員です。

社員が「働くのが好きで、
お客様や仲間の喜びのために働く」
ようになることで、幸福度は高まります。


幸福な喜働者集団がつくる商品やサービスは、
お客様の感動を呼び、

リピート客が生まれ、
口コミによる広がりといった
「善循環」が始まります。

鈴木さんが目指す、
「絶対に潰れない永続企業」の原点は、
喜働者集団づくりにあるのだと思います。


こうした努力を支えているのが、
同社の「★★★の幸せ」という理念と、
経営指針書です。


思いの外長くなりましたので、
「★★★」とは?・・・次号にて。


つづく

************************

★きょうの気づき★

◆社員みんなが参加してつくりあげる
一冊の「経営指針書」は、
経営の羅針盤になる。


◆職場の主人公(主役)は社員。

働くのが好きで、
お客様や仲間の喜びのために働く


喜働者(創造者)集団は、
言われなくても自ら働く、
幸福度の高い前向きな集団。

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法