HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.132 絶対に潰れない永続企業を目指す印刷会社 その6

2016年04月07日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)
絶対に潰れない永続企業を目指す印刷会社 その6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★見えない力による「奇跡」★
*******************

深める(選択と集中をして、
得意分野に特化する)と 広がる


福島県郡山市の共同印刷株式会社
社長 鈴木充男さんは、

『根っこづくりの経営』(文屋)の
ご著者で経営コンサルタントの
渡辺雅文さんから導きのもと、

経営指針書を毎年つくり、

企業理念「みんなの幸せ」を
手にされ、

3つの経営理念を
つくられたことまで、
前号にて書かせていただきました。


【企業理念】

“みんなの幸せ”

「相手よし、自分よし、周りよし」の三方よしは、
いつの時代にも変わることの無い
経営不変の原則です。


鈴木さんは、
毎月「ハガキでこんにちは」という
社長通信を書いて郵送しています。


ついこの間、
届いた「第13号」のタイトルは、

「見えない力」です。

鈴木さんのお許しをいただきましたので、
転載させていただきます。


************

「見えない力」

東日本大震災(原発事故)から早や5年。

過ぎてみると、
月日の経つのは本当に早いものです。

毎年3月11日の慰霊祭の模様が
テレビで放映され、

見るたびに
当時のことがフラッシュバックして
胸が痛みます。

翌日から避難生活を強いられ、
絶望的な状況から、

5年後の今の状況など、
想像もできませんでした。

何事もなかったかのように
毎日こうして仕事をしていられることが、

まさに「奇跡」というしか
言葉が見当たりません。

私の知る会社も、

大熊町
(木下注:福島県東部。福島第一原発が立地)から
10トン車200台分くらいの機材を
自分たちで運び出し、

会津(木下注:福島県西部)で、
見事に事業を再開いたしました。

この会社の経営者の方も、

「奇跡が起きた」

と言っておりました。

その他、事業を再開した人たちからも、

「奇跡」

という言葉がたくさん聞かれました。

「火事場のバカ力」とはよく言いますが、

必死で取り組んでいると、
思わぬ協力者が現れたりして、
不思議な事が起こるようです。

その時、ふと思ったのですが、
私たちのご先祖様たちが、
子孫の一大事を見かねて、

力(奇跡)を課してくれたのでは・・・と。

2016年4月 代表取締役 鈴木充男拝

************


鈴木さんは、文中の
「必死で取り組んでいると」の
部分だけを太字にされました。

文字通り、
「必死」
の日々であったのだとお察しいたします。


鈴木さんは文の下に、

青のインクで、
「お陰様で頑張ってます!」
と書き添えてくださいました。


*******************
★見えない力による「奇跡」★
*******************


鈴木さんをはじめ福島で暮らす方々が、
「奇跡」という言葉を使われるたびに、

わたしは、
渡辺雅文さんの「お仲間」の一人
藤田大さん(いわき市の株式会社鳥藤本店)が、

「読書のすすめ」公式サイトに昨年寄せた

本書についての詩的なメッセージを、
思い出します。

************

東日本大震災、
原発事故から四年。

この影響で倒産した会社は
千四百以上。

そんななかで、
著者 渡辺雅文さんの門下生らが
経営する会社は

危機的状況に遭遇しながらも
一社も倒産、廃業していない。

それを人は奇跡と呼ぶ。

でも、
大切なことを多くの人が忘れている。

根っこがしっかりしているから
倒れない、ということを。

福島の経営者のための松下村塾。

渡辺雅文さんの商人道。
その原点を大公開!

************


わたしは渡辺さんやお仲間たちと、
3.11の1年前に出会い、
3.11の4年後に出版しました。

このご縁の不思議さを思うとき、

「出会いは神の領域」という言葉が、

自然に納得できるのです。

「人間は一生のうち逢(あ)うべき人には
必ず逢える。

一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」
(森信三先生)


鈴木さんの共同印刷株式会社さんには、
文屋の書籍の多くを、
お願いしております。

納品されるたびに、
仕上げの美しさだけではなく、

梱包の美しさ

段ボールの表書きやベルト止めにまで、
行き届いた心配り

事務処理と報告連絡のきめ細やかさ

に感嘆しております。


「根っこづくりの経営」

の大切さを、実感する日々です。


鈴木さんの共同印刷株式会社さんについては、
多くの媒体に取り上げられています。

http://mgz.doyu.jp/touring/120222-092921.html

http://www2.fun.ne.jp/business/kyodoinsatu.html

このほか、「鈴木充男 共同印刷株式会社」にて、
検索してみてください。

講演会の依頼も、全国から寄せられています。

講演、お仕事のご相談、
ご依頼は公式ホームページへ

http://www.0240.jp/kyodo/index.html


************************

★きょうの気づき★

◆必死で取り組んでいると、
思わぬ協力者が現れたりして、
不思議な事が起こる。

奇跡は、
「根っこづくりの経営」の「結果」。

◆ご縁の不思議さ

「出会いは神の領域」

「人間は一生のうち逢(あ)うべき人には
必ず逢える。

一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」
(森信三先生)

◆職場の主人公(主役)は社員。

働くのが好きで、
お客様や仲間の喜びのために働く


喜働者(創造者)集団は、
言われなくても自ら働く、
幸福度の高い前向きな集団。

**********************

★『根っこづくりの経営』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26

★共同印刷株式会社

http://www.0240.jp/kyodo/gaiyo.html

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法