HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.163 手マメ足マメ口マメ。発信をつづけるという価値。 その1

2016年05月11日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


信州小布施でも、
木々の若葉が日増しに緑の濃さを増しています。


このメルマガのアーカイブページが、
仕上がりました。

キーワードで検索することも
できるようになりました。

どうぞご覧くさい。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.163

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について

http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

vol.163 手マメ足マメ口マメ。
発信をつづけるという価値。その1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★17年間、200号を迎えたWMCの『道心塾』★
*******************


2015年2月、「中小零細企業経営のバイブル」
として文屋から出版した、
渡辺雅文・著『根っこづくりの経営』。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26


ご著者の渡辺さんが経営する
渡辺経営コンサルタント事務所(WMC。福島市)は、
17年前から、月刊紙『道心塾』を発行しています。

5月10日に配信された『道心塾』で、
200号を迎えました。


道心塾の正式な名前は、
『WMC道心塾 FAX&Eメール講座』といいます。


WMCが1992年8月に創業してから
7年ほど過ぎたころ、

「経営に限らず、
広く深く勉強をする手引きになるような
メッセージを、定期的に発行してほしい」

という希望が、
お仲間から寄せられたのが、きっかけです。

渡辺さんは、
顧客企業の社長や社員のみなさんを
親しみを込めて「お仲間」と呼んでいます。


当時は、ワープロで編集したものを、
FAXで送信していましたが、

現在は、
FAXに加えて、メールに添付しての配信も、
選べるようになっています。


紙面はA4判横長のモノクロ印刷で、
4ページです。

内容は、国内外の政治・経済情勢、
企業経営、人材育成、心を養うなどで、

4ページ目は、3冊ほどの推薦図書の
要旨と目次で紹介されています。


************


200号の内容は、

1ページ
「中国発世界大恐慌が現実味を帯びてきた」
「熊本地震とこれからの日本の行方」

2ページ
「トップアスリートの品格」
「戦略は組織に従う」

3ページ
「価格で売るな!価値で売れ!」
「続ける」

4ページ
今月の推薦図書
『講話 歴史が語る「日本の経営」』
~その進化と試練 油井常彦・PHP研究所

『小倉昌男 祈りと経営』
~ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの
森健・小学館

『魂の読書』~世の中に流されるな!
清水克衛・育鵬社


************


速読すれば10分ほどで読み通せる文字量です。

が、いったん立ち止まって、

自分の暮らしと働きの具体的な課題にあてはめて、
その解決策を考え始めると・・・


深く、広く考えて、行動につなげる、
手招き役になる通信です。


*******************
★「続ける」★
*******************


200号のお祝いと日ごろのお礼をお伝えしたくて、
けさ、渡辺雅文さんに電話を差し上げました。

まだ8時過ぎでしたが、早朝4時台に起きて、
数キロを歩いてから朝食をいただく
渡辺さんのこと。

すでに、「フル回転」の状況でした。


17年間、毎月200回。

「よく続けられましたね」

「でも、2回だけ、発行できなかった」

「それはいつのことですか?」

「2011年4月と5月です。

3.11の東日本大震災の前日に3月号を出しました。
それから、避難生活になり、福島市内に戻るまで、
2回分の発行ができませんでした」


2011年5月といえば、
まだまだ、たいへんな状況だったと思います。

それでも6月から再開して、
以来、定期発行を続けてこられました。


200号にある「続ける」の文章を、
引用させていただきます。


************


このとろ、

「複写ハガキが15,000 枚を突破しまた」とか

「社長通信や社内報が 100 号に到達しまた」

「ビデオを活用した社内研修が
10 年目に入りました」

という嬉しいご連絡や報告が届いています。

何ごともやり始めたら最後まで続けることは
大切なので、

お仲間の努力を讃えるとともに、
見習っていかなければりません。


正に

「十年偉大なり、
二十畏(おそ)るべし、
三十年にて歴史なる」です。

継続することで、ハガキ道も社内報も社長通信も、
掃除や5Sも改善提案も、
質 (中身 )が向上していくのだと思います。

つまり、
継続していく中で創意や工夫、
気づきや学びが生まれ、

その人の成長や会社の改善に
つながっていくからです。

またそれは、続けるというプロセスの中に、
将来、大きな輪の花を咲かせる「宝」
が潜んでいるとうことでしょう。


どのようなことであれ、
ルーチンワクのような定型的な仕事するか、

考えながら少しでもいいと思ったことは
取り入れるなど、
微差、僅差(きんさ)を積み上げて

大きく為すといった
「積小為大」につなげるかは、
常日頃の心掛け次第で変わってまいります。

「薄紙を一枚一枚積み重ねていく」
真剣さと忍耐力が人を育て、
企業を育てていくのだと思います。


「道心塾」も今号で200号となりました。

読者の皆様へ良いメッ セージが送れるよう
さらに精進してまいります。


************


「継続していく中で創意や工夫、
気づきや学びが生まれ、
その人の成長や会社の改善につながっていく」


「文屋だより」は、まだ5か月あまり。

創意や工夫を重ねて改善して、
つづけていけたらと願っております。


************


【『道心塾』ご購読のご案内】

料金は、
初年度1回3,500円の12回+消費税
2年目以降1回3,000円の12回+消費税


お申込は、WMCさんへ。

電話:024-573-8423
FAX:024-573-8424
-mail mami.wmc@ray.ocn.ne.jp


つづく



************************

★きょうの気づき★

◆「十年偉大なり、
二十畏(おそ)るべし、
三十年にて歴史なる」

継続することで、
質 (中身 )が向上していく。

継続していく中で創意や工夫、
気づきや学びが生まれ、

その人の成長や会社の改善に
つながっていく。

続けるというプロセスの中に、
将来大きな輪の花を咲かせる「宝」
が潜んでいる。


**********************

★渡辺雅文さんの『根っこづくりの経営』。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26


**********************

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

**********************

★7月16日(土)16時半ころ~19時半ころ
  文屋座BBQパーティーin文屋のお庭★

真夏の夕刻、
信州小布施、文屋のお庭で文屋座を開きます。

BBQのパーティーです。


◆とき:7月16日(土)16時半ころより19時半ころ
   (受付開始は16時ころより)
   15時から準備を始めます。
   お手伝い、うれしいです。

◆ところ:文屋のお庭(電話:026-242-6512)
 http://www.mapion.co.jp/address/20541/1::4/

◆内容:飲み放題、食べ放題、語り放題。

◆参加料:参加費は2,000円(税込)+一品持ち寄り
(食べ物・飲み物/手作り・既製品・・・自由です)。

お支払いは当日、お庭入り口の受付にて。
引き替えに、名札ケースをお渡しいたします。

18歳以下は無料です(保護者の同伴を条件に)。

◆持ち物:わくわく気分。あれば名刺。


どなたさまも歓迎します。

駐車場はありません。

長野電鉄小布施駅から徒歩10分か、
タクシーにて、お出かけください
(飲酒運転は厳禁)。


昨年夏につづいて3回目の開催です。

前回は60人樣以上にご参加いただきました。
(キャパは80人樣です)


5月下旬に、文屋サイトに特設ページを開き、
お申込受付を始めます。


★翌7月17日(日)は、
「小布施見にマラソン」が開かれ、

全国から集まるランナー8,000人が、
小布施の土手や野道や路地を駆け抜けます。
http://www.obusemarathon.jp/


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

?たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

? http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693


★『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法