HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.170 高野登さん『おもてなし日和』記念!講演会と文屋座のお知らせです。その1

2016年05月19日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

長野から名古屋での仕事を終えて、
東京でのセミナーへの移動中です。

このメルマガのアーカイブページが、
仕上がりました。

キーワードで検索することも
できるようになりました。

どうぞご覧くさい。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.170

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について

http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

高野登さん『おもてなし日和』記念!
講演会と文屋座のお知らせです。その1

5月26日(木)と7月2日(土)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★ようやく、書店さんでのご購入が
増えはじめた、
高野登さん の『おもてなし日和』 ★
*******************

文屋から2月に出版された高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』は、
予約の段階から発売してまもなくの間、

書店さんでのご購入数が不調でした。
(今だから告白できるのですが)

書店員さんからは、

「詩集のようなビジネス書」と言われても、
そんなジャンルはありません。

とか、

書名を見ても何を書いてあるのか
ピンときません。

とか、

桜の花の写真と書名のイメージから、
ビジネスの棚には不向きです。売りにくい!

とか、

いい評価をほとんどいただけませんでした。

それが、文屋の書店営業を担ってくださる方の
地道な書店訪問の努力や、

高野さんの根強いファンのみなさまによる
一冊一冊のご購読などによって、

発売から100日をすぎたころから、
しだいに実売数が増えてきました。

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店さんでは、
6月1日から末日までのひと月間、

「高野登フェア おもてなし・ホスピタリティの本」の
開催が決まりました。

『おもてなし日和』を中心に、
高野さんが選んだ10数点の書物が、
高野さんの推せん文をつけて紹介されます。

どの本(文屋の本でなくても)をお求めの方にも、
本書の出版を記念して生まれた
絵はがき3枚が文屋からプレゼントされます。

書店員さんのありがたい評価や応援が
じょじょに高まるなか、

高野さんをお迎えして、
本書にまつわるお話を伺う講演会なども、
企画されるようになりました。

「ファン」を超えた「伝道師」のみなさまによる
「百年本」を養っていきたい文屋としては、
願ってもない展開で、感謝あるのみです。

*******************
★お席ののこりは「10」です!
ジェイカレッジ No.92
「高野登さん おもてなし日和」講演会 ★
*******************

みなさん、以前、松山真之助さんが主催されている
「ジェイカレッジ」にて、

「高野登さん おもてなし日和」講演会 が
開かれることをご紹介しました。

ジェイカレッジは、
セミナーを通じて、多様性の渦を起こし、
そこから創造と変革の萌芽を生み出そう

と企画された自律型の学びと成長の場です。

ジェイカレッジの「J」には、
つぎの意味があります。

JOKE:ジョークが通じる柔らか頭の発想を大事にしたい。

JOY:人生は楽しくありたい。

JOINT:発想や人をつなぐJOINTになりたい。

公式サイト(http://jcollege.jp/)によると、

「名前の出自は軽いですが、中身は濃いです。
すでに新しい出会いとネットワークが
生まれています。

これからもどんどん素晴しい方を教授にお招きし、
新しいスタイルの講義から

「気づき」と
「ネットワーク」と
「成長」を

生み出したいと思います。」

代表にあたる「校長」をつとめるのは、
本の応援メルマガ「Webook of the Day」発行者の
松山真之助さんです。

10数年間にわたり、
素敵な本を応援していらっしゃいます。
http://webook.tv/

ジェイカレッジとして92回目になる今回は、
高野登さんをお迎えし、

新著『おもてなし日和』(文屋)にちなんだ、
「ホスピタリティ道」のお話を伺う企画です。

高野さんと松山さんは、
松山さんがJALにお勤めのころからのご縁との由。

松山さんのプロフィールを拝見するだけで、
お力と魅力が伝わってくるようです。

「ビジネスアート研究所を設立。

ビジネス(すべての仕事)はアート(作品や芸術)
にできるのではないか

・・・そんな想いで、
企業や個人の働く喜びのお手伝いをしています。

ソフィアバンクパートナー、
ジェイカレッジ校長、
レジェンド財団理事、

民際センターアドバイザリーボードなど
ソーシャルな活動もしております。

私の想いをのせた本たちと皆様のよき出会いが、
何かしら小さなきっかけを生むのであれば、

それは、私の一番の喜びです。
ありがとうございます。」

松山さんの、
「ビジネス(すべての仕事)は
アート(作品や芸術)
にできるのではないか」との問いは、

わたしがずっと考えつづけている

「美日常」に通じるものを感じます。

数ある松山さんのご著書の中で、
いまのわたしには、

『早朝起業―「朝5時から9時まで」の
黄金時間を自分のために使う方法』(祥伝社)
http://www.amazon.co.jp/dp/439661215X

がとても気になっております。

ジェイカレッジにて5月26日(木)に開かれる
「高野登さんおもてなし日和」講演会 は、

すでに50人を超える方々に、
お申し込みをいただいています。

松山さんからきょう、いただいたお便りによると、
「会場を広くして少しだけよけいに
お入りいただけるようになりました」との由。

とは申せ、

「のこりはあと10席」

だそうです。

この残席情報は、
きょうの文屋だよりをお読みくださった方への
プレゼントですね。

ご参加なさいませんか?

わたしも、参加させていただきます。
会場にて、お声かけいただけると幸いです。

開催要項は以下の通りです。

■日時 2016/5/26(木)19時から20時30分

■場所 ジーニアスセミナーハウス
    http://bit.ly/GENIUSseminar

■内容
前リッツ・カールトンに本支社長の高野登さんに
ご登壇いただき、

高野流「ホスピタリティ道」の神髄を
お話いただきます。

新著『おもてなし日和』は、
高野さんのホテル人生の節目でおきたエピソードなどが、
語られています。

詩のような文体の中に、おもてなしの神髄が、
静かに語られています。

「これは私の集大成となる一冊です」
という高野さん。

高野さんのかもしだされる素敵な空気に
ご一緒しましょう。

■会費 3500円 (会場にてお支払いください)

■備考 高野さんにお聞きしたいことなどがあれば、
    エントリーのときにお書きください。

■お申込はこちら
http://kokucheese.com/event/index/388741/

★少部数ですが会場にて『おもてなし日和』を
販売させていただけることになりました。

高野さんのサインもいただけるといいですね!

こうして、
全国の各界各層、さまざまなみなさまに支持され、
応援され、求められている高野登さん。

高野さんの「集大成」となる、
「詩集のようなビジネス書」の版元として、

『おもてなし日和』を、みなさまのお役に立つ、
「百年本」に育てていただくのを、
心よりうれしく、光栄に存じます。

みなさん、ご参加ください。

************************

★きょうの気づき★

◆松山さんの、
「ビジネス(すべての仕事)は
アート(作品や芸術)
にできるのではないか」との問いは、

わたしがずっと考えつづけている

「美日常」に通じるものを感じます。

ものごとは、究極、アート=美に至るのか?

そういえば、
「詩集のようなビジネス書」というキャッチフレーズ

いっけん、対照的な位置にあるように思える
「詩集」(アート)とビジネス。

じつは、ビジネスを極めた人はみな、
アーティストの領域にいる人たちではないのか?

**********************

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

**********************

**********************
★7月16日(土)16時半ころから19時半ころ
  文屋座BBQパーティーin文屋のお庭★
**********************

真夏の夕刻、
信州小布施、文屋のお庭で文屋座を開きます。

BBQのパーティーです。

◆とき:7月16日(土)16時半ころより19時半ころ
   (受付開始は16時ころより)
   15時から準備を始めます。
   お手伝い、うれしいです。

◆ところ:文屋のお庭(電話:026-242-6512)
 http://www.mapion.co.jp/address/20541/1::4/

◆内容:飲み放題、食べ放題、語り放題。

◆参加料:参加費は2,000円(税込)+一品持ち寄り
(食べ物・飲み物/手作り・既製品・・・自由です)。

お支払いは当日、お庭入り口の受付にて。
引き替えに、名札ケースをお渡しいたします。

18歳以下は無料です(保護者の同伴を条件に)。

◆持ち物:わくわく気分。あれば名刺。

どなたさまも歓迎します。

駐車場はありません。

長野電鉄小布施駅から徒歩10分か、
タクシーにて、お出かけください
(飲酒運転は厳禁)。

昨年夏につづいて3回目の開催です。

前回は60人樣以上にご参加いただきました。
(キャパは80人樣です)

5月下旬に、文屋サイトに特設ページを開き、
お申込受付を始めます。

★翌7月17日(日)は、
「小布施見にマラソン」が開かれ、

全国から集まるランナー8,000人が、
小布施の土手や野道や路地を駆け抜けます。
http://www.obusemarathon.jp/

**********************
◆プレム・ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************

★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

?たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693

★『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法