HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.189  旅人は詩人 「観光」の主役は誰なのか? その5

2016年06月07日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.189

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について

http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

旅人は詩人
「観光」の主役は誰なのか? その5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★人生という旅の詩人★
*******************


前号で、

「旅人は詩人」と書きました。


************


旅人はみな、詩人になる。


感性が露(あら)わに、
むき出しになった詩人としての来訪者は、
とても敏感。


旅先の生活者(暮らす人、働く人)の、
言葉やしぐさ、

旅先のまちや建物の雰囲気やしつらえ、

まちを抜ける風にさえも、
詩人的な感性でうけとめます。


感性の受信アンテナが、
ピカピカに磨かれている状態です。


いわゆる観光地、旅先とは、

訪れ(音連れ)の詩人=来訪者と、

その場に生きる詩人=生活者との、

感性と感性の出会いの場です。


だからこそ、

「海面」のとりつくろいは、

たとえば、
本心とは違うつくり笑いなどは、

すぐに旅人に感じ取られ、
見抜かれてしまいます。


小布施のリーダーたちが、

「結果観光」を唱え、

「小布施の唯一の資源は暮らしぶり。
暮らしぶりを豊かに磨こう」

と言いつづけている、
真の理由は、
ここにあるのだと思います。

************


こう書いたところ、
北海道の読者樣から、
こんなメッセージをいただきました。


「木下さん、ありがとうございます。

小説家の吉川英治さんが、
人生を旅になぞらえて語ったメッセージを、

わたしはときおり、思い出しています。


「この人生は旅である。
その旅は片道切符の旅である。
往きはあるが帰りはない。」

まさに、人生は旅なのですね。」


ありがとうございます。

このお便りを読んで、松尾芭蕉さんが、
『奥の細道』の冒頭に記した一文を
思い出しました。

「月日は百代の過客にして
行きかふ年もまた旅人なり」


人生は旅。

旅人は詩人。

人はみな、詩人。


詩人の三好達治さんは、
詩人の視座から、つぎのように語っています。


「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人である」
(『詩を読む人のために』)


この連載(その1から)は、

大勢の来訪者をお迎えする土地
(いわゆる観光地)における
来訪者と生活者の交流をテーマに

書いてきました。


しかし、
「人はみな、詩人」であるならば、

自分自身との対話

夫婦や子どもとの対話

職場の仲間との対話

お客様との対話

など、人とのすべての交流は、


「詩人の自分として、
詩人に相手に正対(せいたい)する」

覚悟を定めることが、
大事なのだと思い至りました。


みなさんは、どのようにお感じになりましたか?


つづく


************************

★きょうの気づき★

◆人生は旅。

旅人は詩人。

人はみな、詩人。

◆来訪者が生活者という「光」を「観る」。

と同時に、

生活者が来訪者という「光」を「観る」。

と「観光」の意味をとらえて、

土地の主役である生活者の、
暮らしの豊かさを最優先に追い求めれば、

結果観光になっていく。

結果観光のまちであってはじめて、
リピーターは信者客に、
さらには伝道師が生まれ、

好循環のスパイラルが動き始める。


**********************

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

**********************

★プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんによる
文屋座セミナー

10月23日(日)14時30分から17時30分

東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

参加者募集中:
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19


ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


このメルマガのアーカイブページが、
仕上がりました。

キーワードで検索することも
できるようになりました。

どうぞご覧くさい。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag


**********************
★7月16日(土)16時半ころから19時半ころ
  文屋座BBQパーティーin文屋のお庭★
**********************


真夏の夕刻、
信州小布施、文屋のお庭で文屋座を開きます。

BBQのパーティーです。

◆とき:7月16日(土)16時半ころより19時半ころ
   (受付開始は16時ころより)
   15時から準備を始めます。
   お手伝い、うれしいです。

◆ところ:文屋のお庭(電話:026-242-6512)
 http://www.mapion.co.jp/address/20541/1::4/

◆内容:飲み放題、食べ放題、語り放題。

◆参加料:参加費は2,000円(税込)+一品持ち寄り
(食べ物・飲み物/手作り・既製品・・・自由です)。

お支払いは当日、お庭入り口の受付にて。
引き替えに、名札ケースをお渡しいたします。

18歳以下は無料です(保護者の同伴を条件に)。

◆持ち物:わくわく気分。あれば名刺。

どなたさまも歓迎します。

駐車場はありません。

長野電鉄小布施駅から徒歩10分か、
タクシーにて、お出かけください
(飲酒運転は厳禁)。

昨年夏につづいて3回目の開催です。

前回は60人樣以上にご参加いただきました。
(キャパは80人樣です)

5月下旬に、文屋サイトに特設ページを開き、
お申込受付を始めます。

★翌7月17日(日)は、
「小布施見にマラソン」が開かれ、

全国から集まるランナー8,000人が、
小布施の土手や野道や路地を駆け抜けます。
http://www.obusemarathon.jp/


**********************

★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

?たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693

★『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法