HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.197 自分が「九州」を世界ブランドにする!男のリスク観

2016年06月15日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施を朝出発して、北陸新幹線でお江戸へ。

九州から合流のお二人と、
三人で新しいプロジェクトのミーティング。

3時間の滞在で、小布施に戻りました。

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.197

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について

http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

自分が「九州」を世界ブランドにする!男のリスク観

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★九州の素材だけでつくりたかった
毎日のおいしさ。「九州パンケーキ」★
*******************


九州・宮崎発の「九州パンケーキ」を、
全国へ、アジアへ、世界へと発信しつづける
すごい男 村岡浩司さん。

先日、彼が開発した九州パンケーキのことを
書かせていただきました。


多くのみなさま、
とくに地方のまちやむらを拠点に
活動している方々から、

共感のメッセージや
お問い合わせをいただきました。


「九州の素材だけでつくりたかった、
毎日のおいしさ」

そして、
「九州パンケーキのある幸せな食卓の風景が、
子供達の楽しい思い出となりますように。

九州の大地から、
ニッポンを世界を笑顔にしていきます!」


村岡さんのこの想い(理念)に向かう
エネルギッシュな行動に、
共感の輪が広がり、仲間たちが増えています。

台湾にも、シンガポールにも・・・

間もなくヨーロッパへ、北米にも!


そして、先日6月2日夜に全国放送されたテレビ番組
「カンブリア宮殿」によって、

九州パンケーキと村岡さんの知名度は、
一気に全国規模になりました。

放送後の商品注文は数万件にのぼり、
小売店などからの商品取り扱いの照会も
多数寄せられています。


番組のテーマは、

「田舎商店街から世界を攻める!
寿司屋2代目が挑む
新地域ブランド 大作戦」。


村岡さんは今後、
アジアから北米、ヨーロッパにも
「九州パンケーキカフェ」を展開させて、

数年のうちに、今の生産量、販売額の10倍を
目標にしています。


目指すのは、
ご自分がプロデュースする
「九州パンケーキ」で、


「九州」(KYUSYU)を
世界ブランドにすること。


どういう意味?

きょう、お江戸で打ち合わせをしたとき、
その意味をお教えくださいました。

「たとえば、
四川料理、ケンタッキーフライドチキン、
ナポリタン・・・

料理のおかげで、
四川、ケンタッキー、ナポリの地名が、
世界ブランドになっています。

九州パンケーキのカフェが世界中にできて
人気店になれば、

「九州」の名前が、
世界中で知られ、
一度は訪ねてみたい土地になります。

九州の人たちの誇りになり、
元気の素にもなります。」


とても明快な答えが返ってきました。


*******************
★熊本に出店。台湾、シンガポール・・・
    北米やヨーロッパにも★
*******************


受注が増え、
売上も利益も急伸の村岡さんですが、

「今をブームだと思いますか?」の問いに、
即答で「いいえ」とお答えになりました。


「目標は世界展開です。

すべて九州産のパンケーキの粉は、
今年120トンですが、
数年内に1,000トンを超える見込みです。

世界ブランドになるための、
まだ第一幕です。これからです。」


村岡さんは、
増産と出店という投資をつづけます。

投資はリスクを伴います。

リスクに向き合う心の姿勢を、
村岡さんは先日、
フェイスブックに書きました。

「文屋だより」の読者樣向けに、特別に、
ご本人のお許しをいただきましたので、
全文をご紹介しますね。


************


あたらしい挑戦は、
一歩先も見えない闇の中を
全力で走るようなもの。

目の前は崖かもしれない。

踏み出す足が竦(すく)み、不安に包まれる。

死を予感させるような恐怖の感情も湧いてきて
寝れない夜が続く。

全力で走れば風が起こる。

風はたくさんの他人を巻き込み、
責任も重くなる。


やがて慢性的な倦怠感が
体を重く押しつぶす。

それがプレッシャーだと気付いても、
もう引き返せない。


それでも前に進むか、歩みを止めるか。

勇気や胆力が試される
苦しみの日々が延々と続く・・・。

ベンチャーってそういうもの。

事業(起業)って楽しい事ばかりではない。

金だけを求めるならやめた方が良い。

世の中はそんなに簡単に
儲けさせてはくれない。

失敗と挫折は紙一重。

立ち止まったらそこで旅は終わり。


こういう当たり前のつまらない話をしても、
聞く耳持たず、
構わずに夢を語り続ける奴だけが

(たぶん)成功するんだよね。

もう胸の高まりを止められない
盲目の恋みたいに未来を語る、

そういったクレイジーな奴が
とかく僕の周りに多い。


先日出会ったそういう若者にはこう伝えた。

「こいつならやり遂げるかもしれない」

そういった期待感が伝播(でんぱ)するまで
走り続けなさい。

全てのドリームキラーの戯れ言(ざれごと)を
断ち切って

ひたすらワクワクする直感を信じて
全力でもがけ。

そうすれば、いつか、
必ず光の道が見えてくるもの。

小さな失敗を積み重ねても
心折れないものだけが生き残る。

軽薄な噂話には心の中で
○○指を立てろ!

夜明け前いちばん暗いころを越えたら、
うっすらと足下が見えてくるから。


チャレンジを応援する文化に
なれば良いと思う。

社会そのものの枠組みが
猛烈に変化している中で、
そうならなければこの街に未来は無い。

創りだす者が増えたら面白い。

九州の中の輝く点になろう。

志は高い方が良い。

夢は誰にも邪魔はできない。

”He who is not courageous enough
to take risks will
accomplish nothing in life”

リスクを取る勇気が無い者は、
人生において
何も達成することが出来ない

Muhammad Ali(ムハメド・アリ)


************


村岡浩司さんのこのメッセージを、

わたし(木下)自身、
重く、有り難く、
真正面から受けとめております。

高い理想に向かって、

いまだに、
ご迷惑やご心配をおかけしている
関係各社のみなさん、妻、スタッフ・・・

2016年のうちの「飛躍」と、
ご恩返しを、誓っております。


村岡浩司さんを紹介してくださったのは、
花井裕一郎さんです。

花井さんは、
小布施町の公立図書館「まちとしょテラソ」の
初代館長さんで、

文屋からご著書
『はなぼん わくわく演出マネジメント』を
出してくださった方です。

いまは、ふるさと九州・福岡を拠点に、
全国で活躍されています。


このたび、
花井さん、村岡さんと文屋が出会い、

そして、絵本作家のユニット
「ザ・キャビンカンパニー」
が合流しました。
http://cabin8cabin.web.fc2.com/


その化学反応物語
(Chemical Reaction Story=Chemistory)

の幕が開けようとしております。

「九州パンケーキ」を素材にした
ルポ絵本プロジェクトの幕開けです。

このことについては、
またの機会に、書かせていただきます。

覚悟は定まりました。

文屋も、村岡浩司さんを「中心点」とする
「共感の輪」の広がりに、
参画させていただきます。

きっと、アジアへ、世界へと届く、
「輪」になっていくことでしょう。

◆九州パンケーキ:http://www.kyushu-pancake.jp/


************************

★きょうの気づき★

◆全てのドリームキラーの戯れ言(ざれごと)を
断ち切って

ひたすらワクワクする直感を信じて
全力でもがけ。

そうすれば、いつか、
必ず光の道が見えてくるもの。

小さな失敗を積み重ねても
心折れないものだけが生き残る。

軽薄な噂話には心の中で
○○指を立てろ!

夜明け前いちばん暗いころを越えたら、
うっすらと足下が見えてくるから。

◆九州の農家さんが、
丁寧、正直に心をこめてつくった
小麦と雑穀を使い、

丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス。

世界の人たちを笑顔に。

九州の農家に潤いを。

明快な村岡さんの理念と実践は、
日本の「地方」の指針になる。

◆化学反応物語
Chemical Reaction Storyを
「Chemistory」と名づけました。

Chemistory=ケミストーリーは、
文屋の造語です。

著作権フリー宣言いたします(笑)。

すでにすてきな御方がお一人、
「ケミストーリー」活用宣言を、
わたしにお伝えくださいました。

SM樣、よろしくお願いいたします!

◆人が行き詰まるのは、
いつも同じ事を同じやり方で
しているから。

行き詰まらないためには、
深めること。

深めると
自然に広がるようになる。

**********************

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

**********************

★プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんによる
文屋座セミナー

10月23日(日)14時30分から17時30分

東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

参加者募集中:
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************

このメルマガのアーカイブページが、
仕上がりました。

キーワードで検索することも
できるようになりました。

どうぞご覧くさい。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag

**********************
★7月16日(土)16時半ころから19時半ころ
  文屋座BBQパーティーin文屋のお庭★
**********************

真夏の夕刻、
信州小布施、文屋のお庭で文屋座を開きます。

BBQのパーティーです。

◆とき:7月16日(土)16時半ころより19時半ころ
   (受付開始は16時ころより)
   15時から準備を始めます。
   お手伝い、うれしいです。

◆ところ:文屋のお庭(電話:026-242-6512)
 http://www.mapion.co.jp/address/20541/1::4/

◆内容:飲み放題、食べ放題、語り放題。

◆参加料:参加費は2,000円(税込)+一品持ち寄り
(食べ物・飲み物/手作り・既製品・・・自由です)。

お支払いは当日、お庭入り口の受付にて。
引き替えに、名札ケースをお渡しいたします。

18歳以下は無料です(保護者の同伴を条件に)。

◆持ち物:わくわく気分。あれば名刺。

どなたさまも歓迎します。

駐車場はありません。

長野電鉄小布施駅から徒歩10分か、
タクシーにて、お出かけください
(飲酒運転は厳禁)。

昨年夏につづいて3回目の開催です。

前回は60人樣以上にご参加いただきました。
(キャパは80人樣です)

5月下旬に、文屋サイトに特設ページを開き、
お申込受付を始めます。

★翌7月17日(日)は、
「小布施見にマラソン」が開かれ、

全国から集まるランナー8,000人が、
小布施の土手や野道や路地を駆け抜けます。
http://www.obusemarathon.jp/

**********************

★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

?たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693

★『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法