HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.222 内を外に開くオープンガーデン その3

2016年07月10日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.222

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

内を外に開くオープンガーデン その3


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★オープンガーデンがもたらす
            5つの効能★
*******************


2000年春、当時の小布施町長・
唐沢彦三さんの発案のもと、

イギリスに発祥した伝統のある
「オープンガーデン」を
小布施町に取り入れて始まった

オープンガーデン事業。


住民と行政、民と官が一体になった
まちづくりで知られる
小布施のまちづくりの歴史において、

民官一体型の典型的な成功例に
育っていきました。


16年目の今年の参加庭園は、
130軒です。

小布施町全体の4%、
100軒に4軒が参加している計算です。

この数字は、

1.住民の「小布施町のため」
「まちづくりのお役に立つなら」
という厚意の表れ。

2.「町役場に事務局があるのなら」
「町長さんに頼まれたから」という
「官」への信頼の表れ。

3.花好きだから、花好きの人との
出会いと語らいが楽しみという
気持ちの表れ

だと言えるでしょう。


同時に、
長続きしている背景には、

「住民が無理をしないで参加している」
ことをあげておきたいと思います。


その家のお年寄りや若い世代のご夫妻が、
もともと花や木を育てるのが好きで、
庭いじりが好き。

だから、他人様に見ていただいても、
それなりに、
「はずかしくない」レベルであり、

また、
見ていただくことが励みにもなる
庭がある。


その庭を、
たまたま町行政に声をかけられたので、
「それならどうぞ、喜んで」と
オープンガーデンに参加した、という感じです。


「美日常」の視点から見ると、
住民が自分たちの暮らしを楽しくするために、
きれいな庭を育てている。

その暮らしぶりに「オープンガーデン」という
「視座のフィルター」を通した結果として、
来訪者が来てくださるようになった。

つまり「結果観光」が成り立っているわけです。


2000年に始まってから数年後、
わたしは当時の町長・唐沢さんと雑談したおり、

「オープンガーデン事業の
住民と町にとっての5つの効能」を
まとめてみました。


1.老人福祉

お年寄りにとって、

見知らぬたび人が、
前ぶれなく訪れたり、
自分の育てた庭をほめていただくのは、

はげみになり、はりあいにもなります。

こうした前向きな刺激は、
「老人福祉」につながっています。


2.家庭円満

「きょう、こんな人たちが
来てくれたよ」

「花がとてもきれいだとほめられたよ」

「きのう、芝生をきれいに
刈っておいてくれて、
ありがとう」

こうした会話が生まれ、
家族のだんらん、円満につながります。


3.内も外も美しく

庭に立てば、ガラス窓を通して、
家の中のようすが、自然に目に入ります。

おのずと、
庭だけでなく、

家の中も(外から見える範囲は)
きれいにするようになります。


4.農業振興

冬の間、
ビニールハウスの中で農家が育てた
花の苗を、

春になって、
庭の持ち主が買うので、
農家に現金収入をもたらします。


5.観光

以上の結果として、
飲食や物販、宿泊などの観光収入を
地元にもたらします。


たいせつなのは、
「観光」は一等最初の「目的」ではなく、
あくまで「結果(結果観光)」である点です。


つづく


***************************

★きょうの気づき★

◆オープンガーデンの長つづきの理由は、

1.無理をしない。

2.好き。

◆オープンガーデン事業の5つの効能

1.老人福祉

2.家庭円満

3.内も外も美しく

4.農業振興

5.観光(結果観光)

◆小布施町のオープンガーデン

ホームページ:
http://www.town.obuse.nagano.jp/site/opengarden/


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。

Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD

http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

**********************

★高野登さんの最新刊
\x{00a0}『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊『ハズレくじばかりのボクでも
「強運な人」になれた!
神さまからの秘密の教え

たった7日間で人生が変わる方法、
聞いてきました!』

http://www.amazon.co.jp/dp/4040680693

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法