HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.228 人件費を「人財投資」と考える その2

2016年07月16日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


7月18日(月・祝)、北海道旭川市民文化会館
で開かれたベニシア・スタンリー・スミスさんの
講演会で、

ベニシアさんが20歳のことから「心の師」と慕う
プレム・ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴の空いた桶』15冊を

完売しました!との喜びのご報告をいただきました。


受付でお客様に、熱心にすすめてくださった
書店「こども富貴堂」の土井美千代さん、
ありがとうございます。
http://homepage3.nifty.com/fufufunet/main.html

ベニシアさん:
http://www.venetia-international.com/m51_blog.php


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.228

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

人件費を「人財投資」と考える その2


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

うれしい
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★利益は経費。人件費は経費ではない★
*******************


前号にて、

ダンボール機械の世界的なメーカー
株式会社ISOWA(愛知県春日井市)の
社長・磯輪英之さんによる

「人件費」についてのお考えを
ご紹介しました。


************


人件費は費用か?

機械設備を購入する時は
『設備投資』と言うのに、

機械以上に大切な、
いや私にとって最も大切な社員は
『費用』『コスト』とは!

これではまるで 設備>社員
という位置付けではありませんか?

『人件費』ではなく
『人財投資』と呼ぶべきです。

私はそう位置付け、
そう社員にも伝えています。


************


磯輪さんのように、
「人件費=人財投資」と明言する表現は、
わたしにはとても新鮮です。


文屋ではいま、
「経営計画」づくりに取り組んでいます。


以前も、取り組んだのですが、
今度こそは仕上げたいと、
7月末を目標に、進めております。


参考にしているのは、
東京都江戸川区の
古田土公認会計士・税理士事務所

所長・古田土(こだと)満さんのご著書
『CD-ROM付 ドロくさいけど必ず結果が出る!
経営計画のつくり方』(あさ出版)です。
https://goo.gl/s2ME5l

古田土さんは、
かんてんぱぱ・伊那食品工業株式会社会長
塚越寛さんのご著書

『新訂 いい会社をつくりましょう』を愛読され、
多くの顧問先の経営者などに、
ご推薦くださっています。


この本を読み進めるなかで、
「全従業員で、「利益への考え方」を統一しよう」
の節に出会いました。


そこには、

「人件費は経費ではありません。」と明言され、
しかも、太字で強調されています。

しかも、「経常利益こそ経費です」とも。


くわしくは、本書をご覧いただきたいのですが、
主な部分だけ、引用させてください。


************


まず人件費は経費ではありません。

「何をおかしなことを」と笑う方も多いでしょうが、
わたしはそう考えています。

税務申告などの制度会計では、
人件費は確かに固定費として扱われます。

つまり経費ですから、
会社がうまくいかなくなると、

これをカットして楽になろうと
考える社長が出てきます。

でも本当はそうじゃない。

人件費を稼ぐことそのものが、
そもそも会社の目的です。

むしと利益のほうが経費なのです。


************


人件費は経費ではなく、
利益こそ経費。


現役の公認会計士・税理士の古田土さんが
ご著書に明言されていることに、

感激に近い驚きを感じております。


古田土さんは、つづけて、

「「利益を稼ぐことは美しい」と書く」との
節をもうけ、こう書いていらっしゃいます。


************


売上から仕入れや原価、諸経費を引くなどした後に
残ったのが利益(経常利益)ですね。

残ったものなら、税金をそこから払い終えた後は
自由に使えそうな気がしますが、

でももし利益を蓄積しておかなかったら、
どうなるでしょうか。

まず借入金を返すことがとても大変になります。

それにもし会社の経営がうまくいかなくなったら、
たちまち資金が不足するでしょう。

だから利益は事業の存続に欠かせない経費なのです。

最後に残ったものではなく、
会社にとっては経費のうちの一つなのです。

そして利益とは、
全社員が創造性を発揮していることの総和であり、
全社員で達成すべきものなのです。

社員の安心のため、
社員が希望を持てるようにするため、
社会貢献の原資として頂戴するものと考えてください。


************


古田土さんは、
「利益を稼ぐ理由とは」のコラムで、
こう記されています。


************


利益とは、社員を守るためのコストです。

利益を蓄積することによって、
災害、事故などから社員と家族を守ります。

利益の蓄積は純資産と現預金です。

一人当たり1000万円の純資産と1年分の固定費を
預金として持つ会社にします。


人件費とは、幸せを求めて働く社員たちの
労働の対価です。

この支払いは当社の経営理念であり、
目的です。

私たちは、社員の数が増え、人件費が大きくなることに
喜びを感じ、

社員とその家族のために働きます。約束します。

(古田土会計事務所の第28期経営計画書より抜粋)


************


古田土さんの文章から学びながら、
先日ご紹介した株式会社ISOWA社長

磯輪英之さんのお考えを
思い出しております。


「会社のためでなく、
自分と自分の愛する家族の幸せのために働く。」

「自分は会社の一部だから、
自分のために働けば、

それは結果として会社のために
つながっていく。」

「会社が、自分が』という考えは
対立構造。

自分と会社も二心の楕円。

表裏一体、不可分と考えたいですよね」
(自他非分離)


人件費は人財投資、
会社の目的そのもの。


この理念を、
日々の経営に生かしていきたいと思います。


みなさまのご意見、
ご感想をお聞かせください。


***************************


★きょうの気づき★

◆利益とは、社員を守るためのコストです。

利益を稼ぐことは美しい。

◆人件費とは、幸せを求めて働く社員たちの
労働の対価。

人件費は人財投資、
会社の目的そのもの。


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19


◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。


お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★高野登さんの最新刊
\x{00a0}『おもてなし日和』お申し込みページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さま尾処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法