HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.233 公共私。小布施の「クロ作戦」その3

2016年07月21日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.233

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

公共私。小布施の「クロ作戦」その3

(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「ゆるします」
http://goo.gl/OTQSIj

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★田畑はシロ、その畔はクロ★
*******************

田畑の畔(あぜ、くろ)の草を刈ったり、
畔に花を育てたりする
小布施町の「クロ作戦」について書きましたら、

お二人の読者さんから、
お便りをいただきました。

畔をクロと呼ぶのは、
辞書にも載っているので
方言ではないのですが、

よその土地の方からも、
「クロと呼んでいます」と言われ、
お仲間が増えた気分でおります。

お一人は、
静岡県小山町のまちづくり専門監
溝口久さんです。
(小山町:http://www.fuji-oyama.jp/index.html

溝口さんは、
「浜松では隅(すみ)のことを「クロ」と言います」
とお教えくださいました。

溝口さん、ありがとうございます。

また、
神奈川県鎌倉市にお住まいの
宇田川榕一郎さんは、

「原則毎日曜日に、
鎌倉中央公園にある昔ながらの
田(小生)畑(家内)に行って

伝統的な農作業(持ち込まない 、持ち出さない)の
手伝いをしていますが、

そこに行くようになってから、
「畔(畦)アゼ」のことを「クロ」と
呼ぶことを知りました。

田圃の代(シロ)掻(か)きをする前の
「畔」造り、直しのことを「クロ付け」と言って、

これがまた「力」だけでなく「技」も必要で、
素人には四苦八苦する作業です。

そして「田植え」が終わった頃に、
「畔」に植える大豆を「田の畔(クロ)豆」と言って

いわゆる「枝豆」として収穫するのも
楽しみの一つです。

曲がりなりにも農作業に参加して、
農業の重要性を教えられています。不一」

との、うれしいお便りをいただきました。

福島県の佐藤吉彦さんからも、
田んぼのクロに大豆を植えて育てたご経験を、
Facebookにてお教えくださいました。

溝口久さんの「隅=クロ」は、

畔 端 隅 と連想すれば、
自然に理解できそうですね。

また、宇田川さんのお便りから、
クロとシロの対比という
おもしろい視座をいただきました。

古来日本語では、
田畑のことを「代」と書き、
「シロ」と呼んでいます。

「代(シロ)を掻(か)く。代かき」

「苗代(なわしろ)」

田畑の主役はもちろん、
境界の内側に広がる田畑そのものです。

これをシロと呼んで、
境界の畔をクロと呼ぶ。

ここには何か、関係があるのでしょうか?

産業(農業)民俗学の世界ですね。

クロとシロ

陰と陽

脇役と主役

周縁と真ん中

「真実は周縁にあり。ものごとは周縁から兆す」
という名言も思い出します。

クロは魅惑的ですね。

つづく

***************************

★きょうの気づき★

◆田畑の主役はもちろん、
境界の内側に広がる田畑そのものです。

これをシロと呼んで、
境界の畔をクロと呼ぶ。

ここには何か、関係があるのでしょうか?

◆近隣一帯までも清掃し、
地域の人たちからますます喜んでもらいましょう。

「この町にいてくれてよかった」と感謝され、
自慢されるような存在をめざそうではありませんか。
(CoCo壱番屋の創業者
宗次徳二さんの日めくりカレンダーより)

★前号の文中、宗次さんのお名前が、
文字化けしており、失礼いたしました。

「徳二」様の「徳」の字は、
正確には「心」の上に「一」を書きます。
その漢字を書いたら、文字化けとなりました。

ご報告してお詫びいたします。

◆クロ作戦は、私有地の中で、
私(所有者)にも、
共(道行く人たち)にも、

快適で心地よい
美観を提供する試み。

小布施の町並み修景事業から生まれた理念

「内は自分のもの、外はみんなのもの」

の田畑版。

**********************

★平安堂長野店 「高野登選書フェア」

会場:平安堂長野店 2階 特設会場
   JR長野駅善光寺口前
   電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家 
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★8月13日(土)午後はトーク&サイン会
高野さんが16冊を肉声で推薦!

◆トークショー 13時から14時30分

◆サイン会 14時30分から
(サインは、フェア対象書籍に限ります)

◆お申込・お問い合わせ
 同店3階のカフェ「ぺえじ」
 電話:026-228-8462

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。

**********************

◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

**********************

★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さま尾処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法