HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.234 公共私。小布施の「クロ作戦」その4

2016年07月22日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.234

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

公共私。小布施の「クロ作戦」その3


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「愛してます」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★栗菓子の小布施堂
    本店前に生まれた「共」空間★
*******************


田畑の畔(あぜ、くろ)の草を刈ったり、
畔に花を育てたりする
小布施町の「クロ作戦」について書いてきました。


クロ作戦は、私有地の中で、
私(所有者)にも、
共(道行く人たち)にも、

快適で心地よい
美観を提供する試みです。


それは、
小布施の町並み修景(しゅうけい)事業から
生まれた理念

「内は自分のもの、外はみんなのもの」

の田畑版ということもできます。


小布施町並み修景事業は、

「そこで暮らす人の視点に立ち、
小布施堂界隈(かいわい)の町並みを美しく再構築した、
1980~87(昭和55~62)年の事業のこと」です。

くわしいことは、この事業を主導してきた
栗菓子の小布施堂さんのサイトをご覧ください。
www.obusedo.com/history/shukei.html


この事業の「発祥の建築物」といえるのは、
小布施堂さんの「本店」です。


このお店には、もう数えきれないほど
足を運んできました。


そのたびに、静かな感動とともに、
「自戒」(自らのありようを見つめて戒める)の
念を抱く景色があります。


それは、このお店の前の「地面」にあります。


「栗の木レンガ」と呼ばれる、
栗の木をレンガ状(長方体)に加工した木材を
埋め込んで、敷き詰めた歩道が広がっています。


栗の木レンガの地面は、

小布施堂さんの私有地であるお店の扉の前から、
公道である国道の歩道まで、数メートルにわたり、
途切れずにつづいています。


どこまでが私有地で、
どこからが公道なのか、わかりません。


よく見ると、その広がりの南北の端と端に、
公私の境を示す印があります。


小布施堂さん:私の土地



国道側:公の土地

の境が見えなくなり、結果として、

「共」の空間が広がっている感じです。


土地の双方の所有者が、
お互いに「引いて」、
尾形外を「立てる」、

「引き立て合う」関係が、
おおらかな「共」の空間を生んでいます。

そのおおらかな雰囲気を、
散策する人たちは無意識のうちに
「いい感じ」と思い、

再訪(リピート)につながっているように思います。


その場所の写真は、
以下のサイトをご覧ください。
http://obusedo.com/ajiwai/detail/honten.html



私有地を緑化したり、
その緑地を一般の人たちに、
通行や憩いの場に公開することは、

「都市緑地法」という法律にも
定められています。

その第34条には、

「緑が不足している市街地などにおいて、
一定規模以上の建築物の新築や増築を行う場合に、
敷地面積の一定割合以上の緑化を義務づける制度。

また、地区計画等を活用し、
条例で同様の緑化率規定が行える制度も創設。」と
記されています。


「公共緑地」の考え方です。

一般市民が自由に立ち入れる
公開性のある緑地を確保することが、
国や自治体によって推奨されています。


民間事業者による自主的緑化の取り組みも、
進められています。
www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/seisaku/ryokuka


「公・共・私」のおおらかな関係性は、
まちの心地よい
「交・響・詩」をもたらしているのだと思います。


つづく


***************************

★きょうの気づき★


◆クロ作戦は、私有地の中で、
私(所有者)にも、
共(道行く人たち)にも、


快適で心地よい
美観を提供する試み。


小布施の町並み修景事業から生まれた理念


「内は自分のもの、外はみんなのもの」

の田畑版。

◆「公・共・私」のおおらかな関係性は、
まちの心地よい
「交・響・詩」をもたらす。


◆近隣一帯までも清掃し、
地域の人たちからますます喜んでもらいましょう。


「この町にいてくれてよかった」と感謝され、
自慢されるような存在をめざそうではありませんか。
(CoCo壱番屋の創業者
宗次徳二さんの日めくりカレンダーより)


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
   JR長野駅善光寺口前
   電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家 
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。


★8月13日(土)午後はトーク&サイン会
高野さんが16冊を肉声で推薦!

◆トークショー 13時から14時30分

◆サイン会 14時30分から
(サインは、フェア対象書籍に限ります)

◆お申込・お問い合わせ
 同店3階のカフェ「ぺえじ」
 電話:026-228-8462

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

幸せは、穏やかな心に宿る。

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法