HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.244 美しい日本語「うつくしむ」との出会い

2016年08月01日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

昨年から準備を進めてきた、
プレム・ラワットさんの初の絵本が、
間もなく仕上がります。

書名は『絵本 あなのあいたおけ』です。

書店発売は8月11日(木)。

文屋サイトからは、
8月3日(水)から、
ご予約いただくことができます。

先着50人様に、
ラワットさんの英文メッセージ入り
絵はがき3枚を進呈いたします。


また、
平安堂長野店さんでの「高野登選書フェア」が、
おかげさまで好評です。

★8月13日(土)13時から、
高野さんのトーク&サイン会が開かれます。

わたしも、長男と参加いたします。

くわしくは、
この本文の下段をご覧ください。

同店の公式サイト:
http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.244

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

美しい日本語「うつくしむ」との出会い


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「うれしい」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★「うつくしむ」ってどんな意味?★
*******************


前号で、
2006年(平成18年)6月、
文屋が、作家の窪島誠一郎さんのご著書

『うつくしむくらし 窪島誠一郎ひとり語り』を
発刊したことを書きました。


20代の男性読者のSさんから、

「「うつくしむ」という日本語を初めて知りました。
だいたい想像できるのですが、
どんな意味の言葉ですか?」という

ご質問をいただきました。

Sさん、とってもうれしい問いかけを、
ありがとうございます。


ご説明する前に、
窪島誠一郎さんは、長野県上田市塩田平に
「信濃デッサン館」と
戦没画学生慰霊美術館「無言館」を創設され、

館主をしておられます。

著名な小説家でお父さんの水上勉さんとの
「出会い」からその後を描いた作品でも
知られている方です。

ご著書『うつくしむくらし』:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=23


辞書を引くと載っていることですが、

「うつくしむ」とは、
かわいがり、大切にいとおしみ、
ゆるすという意味です。

「かわいがる。いつくしむ。大切にする。
うつくしぶ。」と解説する辞書もあります。
(デジタル大辞泉)


「慈(いつく)しむ」、
「愛(いつく)しむ」のもとになっている、
美しい和ことばです。

清少納言の『枕草子』にも登場しますから、
平安時代から使われていた言葉です。


「美(うつく)しい」にも通じ、
わたしが提唱する「美日常」とも
深くかかわるため、

窪島さんのご快諾をいただいて、
この書名に決めました。


「うつくしむくらし」とは、
まさに、
「美日常」のことです。


*******************
★「うつくしむ」と平和のこころ★
*******************


本書で窪島誠一郎さんは、

「うつくしむ」と平和をテーマに、
つぎのように語っていらっしゃいます。


************


平和のために必要なこと

すでにお話ししたように、
平和運動の根元には、

日々の暮らしにおいて、
人それぞれのやり方で紡がれていく
愛が必要だと思います。

平和とは、たった一人の人を愛し、
一つのこと、一つのものに心を注ぎ、
名もない小さな花をうつくしむことです。

(中略)

そこに、
テレビが流す情報など必要ありません。

自分で見つけた、自分だけの美しいものを見、
自分の手で求めていけばよいのです。

派手な身ぶりとともに
大声で叫ぶ必要もありません。

自分の大切なものへ、
そっと愛をささやけばよいのです。

すべてはそこから始まります。


************


こう語られる窪島さんに、
わたしが問いかけました。


「美と出会う 命が華やぐ――
「うつくしむくらし」というテーマで、
お話をずっとうかがってきましたが、

いま、日々の暮らしのなかで、
窪島さんがいちばん大切にしておられるのは
どんなことですか。」


窪島さんがお答えになりました。


************


やはり、美しいものや素敵なもの、
感動するものに、
一つでも多く出会うことでしょうか。

「一日一善」ならぬ「一日一感動」ですね。

せっかく生きているのですから、
命あるかぎり「ああ美しいなあ」と
思えるものに、

数多く巡りあいたいものです。

「うつくしむ」という言葉が示す、
愛(いとお)しみ、慈(いつく)しむ心を
感じつづけていければと思います。

つきつめると、
命とはそういうものではないでしょうか。

日ごろ私たちは、おいしいものを食べて、
酒を飲んで、健康であれば、
生を謳歌しているように感じがちかもしれません。

しかしそうではなく、美しいものと向きあって、
自分の命が華やぐ瞬間こそが尊いのだと
思います。

そのときに初めて、
真に命が生きているといえるのでは
ないでしょうか。

この世に生をうけた人間は、
いつか必ず天に召されます。

それは、長い長い「うつくしむ時間」との
別れです。

限りがあるからこそ、
命は大切にされなければなりません。

命というものが軽んじられる風潮があるのは、
命を華やがせる美しいものとの出会いが少なく
なっているからかもしれませんね。

おいしいものをたくさん食べられたり、
外国旅行ができたりするといった
物質的な豊かさが得られても、

命の華やぎはもたらされないと思います。

美しさとは、もっと目立たない、楚々とした、
それゆえに可憐なものであるような
気がしますから。


************


わたしが窪島さんに、
「寝て、起きて、働いたり、
遊んだりする日々の暮らしのなかに、

どれだけそういったものを見つけられるかが
肝心ですね。」と、さらに問いかけると、
窪島さんは、こうお答えになりました。


「ええ。私の二つの美術館が、
少しでも命が華やぐための
糧になれば幸いです。

画家が絵のモチーフを
うつくしんだ心と出会い、
絵の中に息づく命と語らっていただけたらと。」


窪島さんの信濃デッサン館と無言館のある
上田市は、わたしの暮らす信州小布施から、
車で一時間足らずです。

しかしもう数年の間、
この美術館に足を運んでおりません。

大河ドラマ「真田丸」で脚光を浴びる
上田市の片隅に広がる山里に、
静かにたたずむ窪島さんの館へ、

静かな心とともに、
訪れてみたいと思います。

みなさんも、いかがですか?


信濃デッサン館と無言館:
http://www.mugonkan.jp/

ご著書『うつくしむくらし』:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=23


戦没が学生の絵を全国を歩きながら集め、
修復して、展示する。

窪島さんの歩みもまた、
詩人・高村 光太郎
(たかむら こうたろう、1883年-1956年)の

「道程」という詩の一節を、
思い起こさせます。

102行におよぶこの詩の最終節です。


「僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る

ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ

僕から目を離さないで守る事をせよ

常に父の気魄を僕に充たせよ

この遠い道程のため
この遠い道程のため」


***************************

★きょうの気づき★

◆「うつくしむ」とは、
かわいがり、大切にいとおしみ、
ゆるすという意味。

「慈(いつく)しむ」、
「愛(いつく)しむ」のもとになっている、
美しい和ことば。

「発展より充実を」

◆命というものが軽んじられる風潮があるのは、
命を華やがせる美しいものとの出会いが少なく
なっているからかもしれませんね。

おいしいものをたくさん食べられたり、
外国旅行ができたりするといった
物質的な豊かさが得られても、

命の華やぎはもたらされないと思います。

美しさとは、もっと目立たない、楚々とした、
それゆえに可憐なものであるような
気がしますから。


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151



◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
   JR長野駅善光寺口前
   電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家 
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。


★8月13日(土)午後はトーク&サイン会
高野さんが16冊を肉声で推薦!

◆トークショー 13時から14時30分

◆サイン会 14時30分から
(サインは、フェア対象書籍に限ります)

◆お申込・お問い合わせ
 同店3階のカフェ「ぺえじ」
 電話:026-228-8462

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法