HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.246 ★新刊★「おとなの愛読書」『絵本 あなのあいたおけ』その1

2016年08月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


◆一人一人にかけがえのない役割があると
教えてくれる絵本

昨年から準備を進めてきた、
プレム・ラワットさんの初の絵本の「帯」に、
編集チームが書いたコピーです。

チームの仲間が、
数十の案を、あーでもない、こーでもないと
語り合いながら、

ようやく、この1行に定まりました。


書名は『絵本 あなのあいたおけ』です。

書店発売は8月11日(木)。

文屋サイトでは、すでに、
ご予約いただくことができます。


1冊のお求めにつき、
ラワットさんの英文メッセージ入り
絵はがき3枚を進呈いたします。

また、3冊以上をまとめてご購入の方には、
すてきな書物1冊を進呈する「特典」も、
ご用意いたしました。

想定する読者対象は、
「4歳以上、おとなまで」(はばひろい!)。

1冊はお手元に、
2冊はお子さんやたいせつな方への
贈り物として、いかがでしょうか?


◆『おもてなし日和』のご著者・高野登さんの
選書フェア会場にて、高野さんのトークとサイン会。

8月13日(土)13時から、JR長野駅前の
「平安堂長野店」さんにて。
http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

わたしも、東京から里帰りする
長男、長女と、参加いたします。

お出かけください。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.246

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

★新刊★「おとなの愛読書」
     『絵本 あなのあいたおけ』その1


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「感謝してます」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


******************
★プレム・ラワットさんに
    熱望された絵本の誕生です★
*******************


プレム・ラワットさんの初の絵本は、
『絵本 あなのあいたおけ』という名前です。

全国の書店発売は8月11日(木)。

先だって文屋サイトでは、
ご購読の受付を始めております。

あわせて、全国、世界の子どもたちに、
この絵本をプレゼントする
「寄付本プロジェクト」も募集中です。


「平和の大使」として世界中から招かれ
講演をつづけるプレム・ラワットさん。


本書『絵本 あなのあいたおけ』は、
昨年秋に刊行された
ラワットさんによる世界初のご著書

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』(文屋刊)の
冒頭を飾った寓話(ぐうわ)を
絵本にしたものです。


2015年10月のある日、
わたしはラワットさんと大阪市内のホテルで、
初めてお目にかかりました。

わたしの面談の用件は、
「大人向けの単行本」をつくるご提案でした。

ラワットさんは、
単行本のことはすぐに快諾されたうえで、

「ところで」

と切り出されました。


「わたしの心の平和のメッセージは、
子どもたちにも届けたい。

幼いころから、
幸せは、穏やかな心に宿る、という真理を、
自然なうちに、心に刻んで成長してほしい。

そうすれば、
戦い、争い、憎しみのない、平和な世界を、
みんなで創り上げることができる。


それには絵本がいちばんです。

日本で原書をつくり、
それを英語をはじめ世界中の言語で翻訳出版する
絵本の世界出版プロジェクトです。

ミスター・キノシタ、どうですか、
いっしょに作りませんか?」


この身にあまる光栄なご提案を、
わたしが即快諾したのは、
申すまでもありません。


最初の絵本の物語として、
ラワットさんが選ばれたのが、
この「穴のあいた桶」のお話でした。


物語の主人公は、
水を入れるとポツポツともれてしまう
「あなのあいたおけ」です。

庭師が「あなのあいたおけ」に託した
お役目とは? 


「穴」は、人間でいえば、
欠点や弱点、障がい、壁、
課題、反省点のことです。


庭師は、「あなのあいたおけ」の穴に、
どんな才能や可能性、チャンスを
見いだしたのでしょうか?


さりげないけれど、
じわじわと心に響く
ラワットさんのメッセージです。


絵を描いたのは、
AKB48のプロデューサー
秋元康さんの小説を絵本化した『象の背中』や、

名作『くものうえのハリー』などの
アニメーション作品で知られる
城井文さんです。

ラワットさんの世界を、
独特で繊細なタッチの作品によって、
やさしく表現しています。


ひとりひとりにかけがえのない
「役割」があると
教えてくれる一冊です。


【ご購読コースは】

1冊以上:http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595

特典付きの30冊セット:
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648869

特典付きの60冊セット:
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648878


ほかに、全国、世界の子どもたちに
ラワットさんの絵本をプレゼントする
「寄付本プロジェクト」があります。

http://premrawat-japan.com/kifubon/


つづく



***************************

★きょうの気づき★

◆「わたしの心の平和のメッセージは、
子どもたちにも届けたい。

幼いころから、
幸せは、穏やかな心に宿る、という真理を、
自然なうちに、心に刻んで成長してほしい。

そうすれば、
戦いや憎しみのない、平和な世界を、
みんなで創り上げることができる。

それには絵本がいちばんです。」

ラワットさんの
「絵本の世界出版プロジェクト」の幕が、
日本で開きました。


◆桶の穴は、人間でいえば、
欠点や弱点、障がい、壁、
課題、反省点のこと。

その「穴」は、
才能? 可能性? チャンス?


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza19

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net
 
090-4706-9255


**********************


◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
   JR長野駅善光寺口前
   電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家 
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。


★8月13日(土)午後はトーク&サイン会
高野さんが16冊を肉声で推薦!

◆トークショー 13時から14時30分

◆サイン会 14時30分から
(サインは、フェア対象書籍に限ります)

◆お申込・お問い合わせ
 同店3階のカフェ「ぺえじ」
 電話:026-228-8462

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法