HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.260 高野登さん推薦「痛い本」『考えてみる』はいかが? その2

2016年08月16日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』には、

全国、世界から、
多くのご支援をいただいております。
http://premrawat.shop-pro.jp/

書籍流通大手トーハンさんの
「ほんをうえる」プロジェクトに
このたび、ご採択いただきました。
https://www.facebook.com/honwoueru


書き手(著者)として作り手(編者)として、
これほどうれしいことはありません。


日本発、世界の未来行きのラワットさんの
「百年本の絵本」を、
これからも、お伝えしてまいります。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.260

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)


高野登さん推薦「痛い本」『考えてみる』はいかが? その2


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「しあわせ」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★『考えてみる』は「痛い本」★
*******************


文屋から最新刊『おもてなし日和』を出版された
高野登さんの「選書フェア」が、
8月31日(水)まで、

JR長野駅前の「平安堂長野店」さんで、
開かれています。
http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

8月13日(土)には、高野さんのトークとサイン会が、
同店で開かれ、約50人が参加しました。

このフェアについて:
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=212


高野さんは、選書された16点について、
その本との出会いや魅力、学んだこと、
ご著者との間柄などを、

やさしく、深く、お話しくださいました。


16点の中で、

『新訂 いい会社をつくりましょう』
(文屋、塚越寛)につつづいてご紹介くださったのは、

人と経営研究所所長の大久保寛司さんのご著書
『考えてみる』(文屋)でした。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=13


大久保さんは、高野さんが人生と仕事の「師匠」と
仰ぐ御方です。


高野登さんは、『考えてみる』を、
枕元においていらっしゃいます。

「毎朝目覚めて、どこのページでもいいので、
パッと開いて読みます。

そうすると、不思議と、
その日の自分へのメッセージが、
書かれているのです」


そんな高野さんが、『考えてみる』を
「ひと言で表現するなら」・・・

「痛い本」なのだそうです。


「『考えてみる』は、
どこのページを開いても、
「痛い」と感じます。

でも逃げないで、
毎朝目覚めて、すぐに、一節を読みます。

どの節を読んでも、
「自分へのメッセージ」だと感じるのは、
書かれている内容が「真理」だからでしょう。

ご著者の大久保さんがまず、
ご自身に指を向けて、
厳しく自戒されています。

その内容が厳しく、かつ、
どんな場面にも当てはまる「真理」なので、

読むわたしたちも、
自身へのメッセージとして、
自戒することになる。

「痛い」、けれど、いや、だから、
「心の筋トレ」にはピッタリなのです」。


*******************
★クレーマーではなく、チャレンジング!★
*******************


先日の平安堂長野店さんでのトークにて、
高野さんのお話の中で、

「苦情」についての受け止め方が、
印象に残りました。


「リッツ・カールトンでは、
「苦情」「クレーマー」とは言いません」


「いわゆるクレームを言う方の
「人」にではなく、
仰せの「内容」に向かい合います。

真剣にゲーム感覚で、揺らぎながらも、
軸になる心棒を据えて、
客観的に、改善や対応に取り組みます。

人は人によって磨かれます。

相手の言葉は自分を磨く「磨き砂」です。

荒砥石(あらといし)だと思っても、
磨かれると思えば、
きつく、痛くはなくなっていくものです。

磨くべき時には磨きまそう。

「若いころの苦労は買ってでもしろ」と
言いますね。

リッツ・カールトンでは、
「クレーマー」ではなく、
「チャレンジングな御客様」と呼んでいました」


痛い本『考えてみる』は、
「心の筋トレ」にはピッタリ。

チャレンジングな御客様もまた、
「心の筋トレ」にはもってこいのご存在なのですね。


***************************

★きょうの気づき★

◆『考えてみる』

ご著者の大久保さんがまず、
ご自身に指を向けて、
厳しく自戒されている。

その内容が厳しく、かつ、
どんな場面にも当てはまる「真理」なので、

読むわたしたちも、
自身へのメッセージとして、
自戒することになる。

「痛い」。だから、
「心の筋トレ」にはピッタリ。

◆苦情を言ってくる御方は、
「クレーマー」はない。

「チャレンジングな御客様」。

チャレンジングな御客様もまた、
「心の筋トレ」にはもってこいの存在。


**********************


◆プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net
 
090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法