HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.263 【大人も読みたい、癒しの絵本】書籍流通のプロにご推薦いただきました。

2016年08月19日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


文屋のお庭では今、
百日紅(さるすべり)の花が満開です。

ピンクの濃度が、
今年はことのほか濃いようです。

花房も、枝の葉が隠れるくらいに、
ポタポタについています。

ミツバチの群れが、
花蜜を求めて飛び交っています。


命をいっぱいに感じる夏の日です。


前号にて、
プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』について、

Facebookにて応援メッセージをくださった

慶應義塾大学大学院SDM研究科 教授の
前野隆司(たかし)さんについて、

1カ所「さん」の敬称をつけないで
配信してしまいました。

誠に申し訳ありませんでした。


前野さんには、
この絵本への感想を踏まえて、

「帯には「一人一人にかけがえのない
役割があると教えてくれる絵本」とありますが、
まさにその通り。

感動しました。

世界中の一人一人が、
それぞれのかけがえのない役割を
見つけられたら、

どんなに世界は幸せに近づくことでしょう。

今度「みんなのかけがえのない役割発見
ワークショップ」をやりましょうか!?」

とのご提案をいただきました。


「みんなのかけがえのない役割発見
ワークショップ」


このワークショップが広がっていったら、
きっと世界の未来が元気になっていきますね。


前野さんは、小布施町と連携して、
イノベーションやまちづくりの活動に
お取り組いただいている方です。


秋には小布施で叶うであろう
前野さんとの初対面を、
今から楽しみにしております。


『絵本 あなのあいたおけ』
http://premrawat.shop-pro.jp/


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.263

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)


【大人も読みたい、癒しの絵本】
書籍流通のプロにご推薦いただきました。


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「愛してます」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★大人も読みたい、癒やしの絵本★
*******************


プレム・ラワットさんが初めて出した
『絵本 あなのあいたおけ』は、

人気アニメーション作家しろいあやさんの
精細な色鉛筆画とあいまって、

子ども(おおむね4歳以上)から、
大人たちの愛読・愛蔵書になることを願って、
編まれました。


書籍流通大手トーハンさんの
「ほんをうえる」プロジェクトご担当の長澤さんは、

わたしたち作り手と書き手(ラワットさん)の、
この願いをしっかりと受けとめてくださいました。


「ほんをうえる」は、
「植物を育てるように本を売って行こう」と、
取次会社トーハンが始めたプロジェクトです。


フェイスブックページには、長澤さんが、
この絵本への愛情いっぱいに、
ご紹介くださいました。


以下に転載して、ご紹介します。

この文章は、全国の書店員のみなさんが
読まれることを想定して書かれていますから、

たしょう、業界のかおりがすることを、
ご了承ください。。


************


【大人も読みたい、癒しの絵本】


こんにちは。
ほんをうえるプロジェクトの長澤です。

朝晩は少し涼しい日が続いていますね。

あっという間に夏が終わってしまいそうです。

「9月と2月は児童書の売り上げが落ちる」と
よく言われますが、

ならばすこしターゲットを変えて、
大人に向けて絵本や児童文学の魅力を
アピールしてみるのはいかがでしょう。

今日は、大人の方にもぜひ読んでいただきたい
新刊の絵本のご紹介です。


『絵本 あなのあいたおけ』
プレム・ラワット文/
しろいあや絵/
マックス・ウィトル翻訳

発行:文屋 発売:サンクチュアリ出版

以前ほんをうえるプロジェクトでもご案内した、
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』の
冒頭を飾った寓話(ぐうわ)を絵本化した作品です。


丘の上の庭まで、
毎日二つの桶をかついで
川に水を汲みに行く庭師。

ある日、丘を登る途中で足を滑らせ、
片方の桶に穴をあけてしまします。

穴のあいた桶からは水が漏れてしまい、
庭まで水をはこべません。

「ボクはなんの役にもたっていない…」と
落ち込む桶に、

庭師は
「なんの役にもたっていないと思うかい?」と
問いかけます。


泣ける!と話題の『くものうえのハリー』の
しろいあやさんが描く
色鉛筆のやさしいタッチと、

物語のあたたかいメッセージに
癒されます。

自分にもなにか大切な役割があるはず・・・と
元気をもらったり、

この庭師のように、
相手の欠点を別の視点でとらえられる
人でありたいと考えさせられたり。

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』同様、
平易な言葉で語られる短いお話だからこそ、

自分の状況に当てはめて、
そこから学ぶことは
人それぞれあるのではないかなと思います。

大人が読んでも良い絵本ですが、
お子さんへの読み聞かせなどにもおすすめです。

プレゼントにも喜ばれそうな
かわいい1冊ですよ。

今回は制作段階から販売促進のご担当者様に
お話を伺っていたので、

こうして形になって手元に届くと
やはり特別に嬉しい気持ちです。

たくさんの方に愛される1冊に
なりますように!

店頭でお見かけの際には、
ぜひお手に取ってみてくださいね。(長澤)


************


トーハンの長澤さん、すてきな推薦の文章を、
ありがとうございます。

この文章は、
「ほんをうえる」プロジェクトの
フェイスブックページで読むことができます。

https://www.facebook.com/honwoueru
(このページの上から3つめの話題です)


長澤さんが、
【大人も読みたい、癒しの絵本】と
書いてくださったとおりに、

『絵本 あなのあいたおけ』は、
3冊、5冊というまとめ買いをしてくださる方も、
大勢いらっしゃるのが、特徴です。


文屋がご用意している特典は、
以下の通りです。

1.3冊以上一括、文屋へのご用命の場合

本間正人先生のイラストブック『壁?』(1,260円)を
プレゼントいたします。

ご購入ページ:http://premrawat.shop-pro.jp/


2.全国の書店さんでご購入または、
図書館での「購入リクエスト」をしてくださった場合

★月★日、★(書店名、図書館名)★にて、
・購入しました。
・購入リクエストをしました。

とお伝えいただき、
ご住所、お名前、お電話番号を
わたし(木下)にメールでお知らせください。
bunya@e-denen.net


抽選で、すてきな贈り物を進呈いたします。

くわしくは:
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=236


季節は「残暑」ですね。

みなさん、どうぞお健やかにおすごしください。

★写真は、ブックファーストルミネ町田店さんが、
お店の「一等地」の書棚で展開してくださっている
『絵本 あなのあいたおけ』の展示です。

みなさま、本屋さんへ、お出かけください。


***************************

★きょうの気づき★

◆トーハンさんの長澤さんのメッセージ

泣ける!と話題の『くものうえのハリー』の
しろいあやさんが描く
色鉛筆のやさしいタッチと、

物語のあたたかいメッセージに
癒されます。

自分にもなにか大切な役割があるはず・・・と
元気をもらったり、

この庭師のように、
相手の欠点を別の視点でとらえられる
人でありたいと考えさせられたり。

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』同様、
平易な言葉で語られる短いお話だからこそ、

自分の状況に当てはめて、
そこから学ぶことは
人それぞれあるのではないかなと思います。

大人が読んでも良い絵本ですが、
お子さんへの読み聞かせなどにもおすすめです。

プレゼントにも喜ばれそうな
かわいい1冊ですよ。


**********************


◆プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net
 
090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法