HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.265 男が泣く『絵本 あなのあいたおけ』薮原秀樹さんの朗読

2016年08月21日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


台風が北上していますね。

被害を受けられたみなさんに、お見舞い申し上げます。

お大事になさってください。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.265

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)


男が泣く
『絵本 あなのあいたおけ』薮原秀樹さんの朗読


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「うれしい」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



*******************
★10月23日(日)
 ラワットさんと「わもん」薮原さんの
      コラボイベントが実現★
*******************


幸せは穏やかな心に宿る。


幸せに暮らし、幸せに働くために必要な、
この「心の平和」のメッセージを、
世界中で、半世紀、語りつづけている

プレム・ラワットさん。

8歳の時から58歳のいままでの歩みをふまえて、
世界中のファンの求めにこたえて、
「世界講演50周年記念」のツアーを展開中です。

イギリスからポルトガル、ギリシャへ、
今週はアフリカのガーナで、
講演会などが開かれています。


プレム・ラワット日本事務局である文屋は、
昨年秋につづいて、

ラワットさんの講演会を「文屋座セミナー」として
主催させていただきます。

10月23日(日)午後、

会場は、
東京の御茶ノ水カンファレンスセンターの
ホールです。

内容は、

1 ラワットさんの講演会と、

2 「わもん」の創始者である薮原秀樹さんと
ラワットさんの対談です。

対談では、
会場の参加者からのご質問にもお答えします。

合計3時間のセミナーです。


ラワットさんが来日されるのは、
1年か2年に一度きりです。

貴重な機会ですから、
みなさまお誘い会わせて、ご参加ください。

http://premrawat-japan.com/event/



このお二人の出会いは、昨年秋の名古屋でした。

意気投合したお二人は、
数日後の東京での講演会で薮原さんが、
総合司会を務めることを即決しました。


光と光が真正面でぶつかって
スパークするかのような、
電光石火の展開に、

見ているわたしが、目を見張り、
度肝を抜かれました。


しかし、
よくよく考えると、
お二人は、

出会うべきして出会い、

歩みをともにされる運命と使命をお持ちなのだと、
思いいたりました。


*******************
★心の中の内なる声★
*******************


文屋が昨年秋に出版した
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』は、
ラワットさんのはじめてのご著書です。

本書は、
ラワットさんのメッセージのエキスを編集した
詩集のようなビジネス書です。

わたしがとくに好きな(どれも好きですが)
メッセージを、ご紹介しましょう。

「04」の全文です。


************

あなたはこれまで、
あなた自身とつきあってきましたか?

自分のことを知ろう、
愛そうとしてきたでしょうか。

私は、どのように見られているのか?

職場の同僚、近所の人、世間の人は
私をどんな人間だと思っているのだろう?

ついついそんなふうに世の中のものさしによって
自分を測ってしまうことがあります。

そして、
このものさしのなかで自分は
どの位置にいるのだろう

成功したのだろうか、していないのだろうかと
考えてしまうのです。

それよりもあなた自身はどうですか?

心地よさを感じていますか?

自分を測ることに時間を費やさないで
心のなかの内なる声に耳をかたむけてください。

あなたにとって、あなた自身は一生の友であり
どんなときもそばにいる心強い味方なのです。


************


*******************
★「心の中の内なる声」を聞く
     薮原秀樹さんの「わもん」★
*******************


ラワットさんがいう「心の中の内なる声」を、
わもんの薮原さん(以下、やぶちゃん)は、
「声なき声」を表現しています。


やぶちゃんのご著書
『聞けば叶う わもん入門』(文屋)
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=5


わたし(木下)が筆をとった「まえがき」から
引用いたします。


************


「『わもん』は、

話し手の『声なき声』を聞くことにより、
聞き手の『声なき声』を聞くことが
できるようになる修行です。

聞き手が自分の『声なき声』を受けとめる、
そのことを『自己わもん』と呼んでいます」と
やぶちゃんは語ります。

五感( 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)
だけでなく、
心の深い部分で感じとる

あたらしい聴覚、「わもん聴覚」。

これは、人類が言葉を生みだす以前の、
太古の昔から、

すべての人間に本来そなわっていた能力だと、
彼は言います。


************


ラワットさんが呼びかける
「心の中の内なる声」を聞くことの
考え方とあり方を、

やぶちゃんは、
「わもん」を創案、創始することで、
極めてこられました。


ラワットさん:
58歳、インド生まれ、米カリフォルニア在住。

やぶちゃん:
53歳、徳島県生まれ、大阪市在住。


10月23日(日)の
ラワットさんと薮原秀樹さんの文屋セミナーは、

遠く離れた土地で生まれ育った二人の男を、
「心の中の内なる声」という一点が結ぶ
ご縁によって出会った「果実」です。


*******************
★男が泣く
 『絵本 あなのあいたおけ』
       薮原秀樹さんの朗読★
*******************


このたび、
やぶちゃんは名古屋市で開かれた
「わもん」の講座で、

『絵本 あなのあいたおけ』を朗読しました。


その動画がYouTubeに公開されました。

やぶちゃんは、
この絵本の表紙にある帯に掲載された
コピーを読んだときから、

胸が詰まって、目頭を熱くされました。


そのコピーは、

************

「ボクにはあながあいています。
何の役にもたっていません」

「そうだね。おまえにはあながあいている。

でも 何の役にもたっていないと思うかい?」

一人一人にかけがえのない
役割があると教えてくれる絵本

************


この数行を読むだけで、胸が詰まるとは、
どんな繊細な感性を、
やぶちゃんはお持ちなのでしょう?

読み聞かせには「心得」
というものがあるようです。

たとえばこちら:
http://ehon.find21.net/yomikikase/070kokoroe.html

を見ると、

「心得1 淡々と読む
•台詞ごとに声を変えたりしない
•読み手の感情を込めない」とあります。

その通りだと思います。

しかし、やぶちゃんの感情をいっぱいに込めた
この読み聞かせは、

本来の「心得」とは別の意味で、
味わい深く、聴く人に迫ってきます。

7分30秒ほどの映像です。どうぞ

https://youtu.be/J53NbJw-r5o

★写真は、ラワットさん(右)とやぶちゃん。
(2015年10月、名古屋能楽堂にて。
わもん財団公式サイトより転載)


***************************

★きょうの気づき★

◆ラワットさんが呼びかける
「心の中の内なる声」を聞くことの
考え方とあり方を、

やぶちゃんは、
「わもん」を創案、創始することで、
極めてこられました。

ラワットさん:
58歳、インド生まれ、米カリフォルニア在住。

やぶちゃん:
53歳、徳島県生まれ、大阪市在住。

10月23日(日)の
ラワットさんと薮原秀樹さんの文屋セミナーは、

遠く離れた土地で生まれ育った二人の男を、
「心の中の内なる声」という一点が結ぶ
ご縁によって出会った「果実」です。


◆男が泣く『絵本 あなのあいたおけ』の
深奥にある魅力を探っていきたい。


**********************


◆プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net
 
090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法