HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.266 海外にも贈られる『絵本 あなのあいたおけ』

2016年08月22日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.266

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)


海外にも贈られる
『絵本 あなのあいたおけ』


(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「楽しい」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



*******************
★プレゼントブックとして愛される
   『絵本 あなのあいたおけ』★
*******************


プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』を、

プレゼントブックとしてお使いいただく方が、
増えています。

作り手として、たいへんうれしいことです。


桶にあいてしまった「穴」は、

欠点、弱点、課題、問題、障がい、
あるいは、
悩み、反省点、劣等感、過去のトラウマ・・・

と、いろいろなとらえ方ができます。

悩みのない人はいませんし、
弱点や欠点のない人も(たぶん)いません。

わたし(木下)などは、
ボコボコの穴だらけです。


ですから、
だれもが
「あなのあいたおけ」なのだと思います。


そして、
だれもが、
「あなのあいたおけ」に役割を見いだして、

その穴を生かす庭師に
なることができるのだと思います。


『絵本 あなのあいたおけ』が、
贈り物、プレゼントブックとして
愛されはじめている理由は、

このあたりにあるのではないでしょうか?


大人が読みやすいように、
絵本にしては漢字を多く使い、

すべての漢字にふりがなを付けている点も、
子どもから大人まで、
贈り先の対象が幅広い理由だと思います。


お誕生日に、なにかの記念日に、

ちょっと先ですが、
クリスマスやお正月、バレンタインデーの
贈り物に、どうぞご活用ください。


*******************
★海外にも贈られる
   『絵本 あなのあいたおけ』★
*******************


この絵本は、国内だけでなく、
すでに海外にも贈られています。


山形県の読者樣・
山口結実さんからのお便りです。


「先日ラッピングしていただいた絵本は、
一冊はサウジアラビア日本人学校の先生に、

一冊はシンガポール日本人学校に
ご主人がお勤めの先生に、

それぞれプレゼントして今は、
絵本は外国に行きました。

お子さんの読み聞かせにしているか、
学校で使うかはわかりません。

英語版とセットにしてあければ良かったかも。

同僚の先生にも見せて好評でした。

プレゼントの絵はがきも
とっても素敵でした。

ありがとうございました。」


山口結実さん、ありがとうございます!



そして、静岡県・伊豆半島の
松崎町にお住まいの北見仁一(ひろかず)さんは、
アフリカのガーナを訪問して、

この絵本を現地の方に
プレゼントしてくださいました。


「木下様、ガーナでのラワットさんのイベント、
素晴らしかったです。

ガーナの人たちの反応、
日本と違って面白かったです。

例えばknow thyself(汝自身を知れ)と
ラワットさんがお決まりのフレーズを言うと、
聴衆もKnow thyselfと合唱したり。  

しかし基本的にはラワットさんのメッセージを
エンジョイすることは、
日本もアフリカも変わりありません。 

異国のなかで、同じフィーリングを共有するこは、
なんと素晴らしいことでしょう。 


今回このイベントに以前、
『Splitting the Arrow』を贈った若者
(ガーナ人モスリム)を招待できたことは、

とても素晴らしい体験でした。

彼はラワットさんに会いに
ガーナ北部からバスで20時間かけて参加しました。


『絵本 あなのあいたおけ』

彼は原本の熱心な読者なので、
絵本を私の孫に読み聞かせするほどです。

彼は大家族で、
小さい兄弟姉妹もたくさんいるので、

この絵本を、彼らにも読んであげる、
ということで、
お土産にもってかえりました。

もちろん日本でのラワットさんのビデオも。

木下さんのGreat jobに感謝いたします。

ありがとうございます。」


北見さんの息子さんは、
ガーナに青年海外協力隊で赴任され、
協力隊の期間が終わったあと、
日本大使館の専門調査員として
来年の5月まで、
ガーナに滞在されています。

息子さんのお嫁さんは、
男の子ナニー君(北見さんのお孫さん)を
育てながら、
ガーナのユニセフにお勤めです。


9月には、
『絵本 あなのあいたおけ』の英語版が誕生します。


幸せは穏やかな心に宿る。


幸せに暮らし、幸せに働くために必要な、
この「心の平和」のメッセージを、
世界中で、半世紀、語りつづけている

プレム・ラワットさん。


8歳の時から58歳のいままでの歩みをふまえて、
世界中のファンの求めにこたえて、
「世界講演50周年記念」のツアーを展開中です。


講演会場の受付では、
この絵本の英語版『The Pot with the Hole』が、
参加された人々に求められることでしょう。


「戦争のない社会を築きたいなら、
まず、
心の平和な人を育てることです」との

ラワットさんの願いを、
これからも、
世界の未来へとお伝えしてまいります。


★『絵本 あなのあいたおけ』の朗読動画です。

「わもん」創始者・薮原秀樹さん:
https://youtu.be/J53NbJw-r5o

長野県小布施町立つすみ保育園の保母さん:
https://youtu.be/epF0GOOPoKU

★写真1は、保母さんの朗読を聴いた後、
「ラワットさん、ありがとう!」と言いながら、
勢ぞろいした「つすみ保育園」の年長さん(5歳児)。
(写真は、文屋サイトにてご覧いただけます)

★写真2は、北見さんに贈られた絵本と
ラワットさんの来日記念DVDを手にする、
ガーナの小学校の先生Aidu Hamdanさん。


***************************

★きょうの気づき★

◆人はみんな欠点だらけ、
悩みや弱点のない人なんていない。

だれもが「あなのあいたおけ」。


だれもが、
「あなのあいたおけ」に役割を見いだして、

その穴を生かす庭師に
なることができる。

だから、
『絵本 あなのあいたおけ』は、
贈り物、プレゼントブックとして
愛されつづけることでしょう。

◆人間は欠点だらけ、穴だらけ。

それは日本人も外国人もおんなじ。

だから、
『絵本 あなのあいたおけ』は、
海外の人への贈り物にも、
お喜びいただけます。


**********************


◆プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net
 
090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」


会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法