HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.273 「寄付本プロジェクト」わもん財団の目標額を達成!

2016年08月29日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.273

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

「寄付本プロジェクト」わもん財団の目標額を達成!

(斉藤一人さん きょうの天国言葉)

「愛してます」
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★10月23日(日)東京・御茶ノ水にて
   お目にかかりましょう!★
*******************


プレム・ラワットさんは、
インド北部のまちにに生まれました。

お父さんは、ラワットさんが8歳の時に、
若くして亡くなられました。


「幸せは、穏やかな心に宿る」

お父さんは亡くなる前、
ラワットさんに伝えました。


「これからはおまえが、このメッセージを
世界の人たちに伝えてゆくんだよ」

ラワットさんは、
大好きだったお父さんの言葉を
忠実に受けとめて、

インドのまちやむらを訪問して、
講演活動を始めました。

インターナショナルスクールに通って
英語力を磨き、欧米の文化にもふれました。


ラワットさんの存在と魅力はやがて、
インド国外にも知られるようになりました。

13歳の時、
イギリスとアメリカの支援者たちに招待されて、
初めて海外での講演ツアーを始めました。

いま、58歳ですから、

今年は、
世界講演を始めて45年、
聴衆の前で話しはじめて50周年の節目の年です。


昨年秋、
ラワットさんは、生まれて初めてのご著書を
文屋から出版。

つづいて今年8月には、
『絵本 あなのあいたおけ』を出版なさいました。


記念すべき今年の来日は10月中旬。

10月23日(日)14時30分から、
東京・御茶ノ水の
ソラシティカンファレンスセンター・大ホールにて、

文屋座として、セミナーが開かれます。


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー
http://premrawat-japan.com/event/


総合司会から、ラワットさんとの対話、
参加者との質疑応答をとり仕切るのは、

声なき声を聞き受ける「わもん(話聞)」の
創始者・薮原秀樹さんです。


昨年秋に、名古屋能楽堂で初めて出会った
ラワットさんと薮原さんは、意気投合。

直後に開かれた東京での講演会で、
ラワットさんは薮原さんに、
「司会」のお役目を依頼しました。


10月23日の文屋座における
薮原さんの「大役」も、
ラワットさん直々の「ご指名」によるものです。


ラワットさんから、これほどまでに
「信頼と期待」を寄せられる
薮原さんの魅力とは、いったい何なのでしょう?


それを言葉でお伝えできるだけの文章力を、
わたしは持っておりません。

いちばんいいのは、
10月23日の文屋座にご参加いただいて、
体感、実感していただくことだと思います。



*******************
★「寄付本プロジェクト」
    わもん財団の目標額を達成!★
*******************


「ラワットさんの素晴らしいメッセージを、
日本中、世界中の子どもたちに伝えたい」


この想いと願いから、
プレム・ラワット日本事務局である文屋では、
「寄付本プロジェクト」を展開中です。
http://premrawat-japan.com/kifubon/


この事業に共感した薮原秀樹さんは、
お仲間たちが運営する

「一般財団法人 わもん財団」でも、
募金を始めてくださいました。
http://wamon.or.jp/rawat/


わもん財団としての目標額は「70万円」です。

8月30日、吉報が届けられました。

目標額に到達したという知らせです。

1円、100円、千円・・・10万円・・・

大勢の方々から、
文字通り、「浄財」が寄せられ、
積み重ねられての、快挙といえる成果です。

みなさま、ほんとうに、
ありがとうございます。

わもん財団では、これからも、、
募金活動をつづけてくださいます。


文屋では、
「寄付本プロジェクト」の成果を、
国内、そして世界の子どもたちへの、

ラワットさんの絵本のプレゼントに、
活用してまいります。


「一人一人にかけがえのない役割がある」と
教えてくれるお話です。


プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』の
「寄付本プロジェクト」に、

みなさまのご理解とご支援を、
よろしくお願いいたします。

http://premrawat-japan.com/kifubon/



***************************

★きょうの気づき★

◆10月23日の文屋座における
薮原さんの「大役」も、
ラワットさん直々の「ご指名」によるもの。

ラワットさんから、これほどまでに
「信頼と期待」を寄せられる
薮原さんの魅力とは、いったい何?


ラワットさんと薮原さんの文屋座セミナーに、
ご参加お申込をお待ちしております。

http://premrawat-japan.com/event/

◆「プレゼントブック」の想いは、
「身近のたいせつな人」にとどまることなく、

「未来をになう、見知らぬ全国、世界のこともたち」に
この絵本を贈る、
「寄付本プロジェクト」に発展しています。

◆新提案!

「40年来のファンのみなさまと、
わもんの創始者・薮原秀樹さん、

そして、
プレム・ラワット日本事務局としての文屋

の「三者」にかかわるみなさんが、
一堂に会して、

ラワットさんのメッセージを今後、
日本全国にお伝えしていくための
「ミーティング」を開きませんか?」


10月のラワットさんの来日に合わせて、
開催したいですね!


**********************

◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

★平安堂長野店 「高野登選書フェア」

会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から8月31日(水)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法