HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.281 ラワットさんの絵本、岡山の集いから その3

2016年09月06日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


10月23日(日)午後、東京の
御茶ノ水カンファレンスセンターで開く

プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんの
文屋座セミナーは、

当日まで50日を切り、
国内外からのお申込が
ピークを迎えております。

内容とお申込はこちらからどうぞ。
http://premrawat-japan.com/event/


薮原さんが語る

「絵本『あなのあいたおけ』
寄贈プロジェクト達成記念!

魂の朗読と、
プロジェクト達成までの奇跡
これからの展望」が、名古屋市で開かれます。

2016年9月17日(土) 18:00から20:30

http://www.kokuchpro.com/event/anaoke917/


小布施町にお住まいで、
「文屋の伝道師」最高齢86歳の飯嶋俊枝さんが、
10月23日の文屋座セミナーにご参加くださいます。

理由は、
「やぶちゃん(薮原秀樹さん)に会いたいから。
ラワットさんにも興味津々(しんしん)です!」。


往路は長野駅前から高速バスで新宿駅へ。

復路は北陸新幹線で長野駅へ。

日帰りなさいます。


ラワットさんと薮原さんの、
わずか600席のプレミアムシートがまた1席、
すてきな伝道師に、お求めいただきました。


飯嶋さんは、
「孫たちにプレゼントしたら
喜んでくれたので」と、

追加で5冊も、
プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』を、

ご用命くださいました。


「一人一人にかけがえのない役割がある」と

教えてくれるこの絵本には、

「おとなが味わえて、
      子どもも楽しめる
        「絵本」をつくりたい。」

という願いが込められています。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.281

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

ラワットさんの絵本、岡山の集いから その3


井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

7.お金を貸すより、あげてしまう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★ラワットさんにお伝えした、
  わたしの非論理的なメッセージ★
*******************


岡山市の杉本圭子さんのご自宅で開かれた、
プレム・ラワットさんの
『絵本 あなのあいたおけ』を読む集い。

ここに参加され、
すてきなレポートを書いてくださった
江崎英子さんの文章を読んでいて、

わたしは、
2年ちかく前のラワットさんとの初対面で
交わした会話を思い出しました。


「100年先にも読み継がれる本しか
手がけないと決めている出版社
「文屋」様から世に出て、

全世界に広まっている絵本が
生まれるまでのお話」

江崎さんのご感想を読んでいて、
思い出したことを、
書かせていただきます。


************


2014年10月某日、
大阪市内のホテルの会議室。


当初、
ラワットさんの秘書からいただいていた
面談の持ち時間は15分ほどでした。


そこでわたしは、
通訳のマックスさんと入念に打ち合わせをして、
ラワットさんにお伝えしたい用件を、

手短に整理して用意して、
その場に臨みました。


1.わたしの本づくりのモットーは
「百年本」です。

百年本とは、百年後まで読み継がれ、
お役に立って喜ばれつづける本を、

丁寧につくり、
じっくりと時間をかけて、
ロングセラーに育てていくことです。


2.ラワットさんの講演DVDを、
何回も拝見しました。、

幸せは穏やかな心に宿る。

このワンメッセージを、
世界中から招かれて半世紀も
語りつづけているのは、

ラワットさんお一人で、
ほかのどなたにもできないことです。

あなたは、世界中で百年に一度、
生まれるかどうかの、
尊いお役目をもった人物です。


3.ラワットさんのメッセージは、
今の混沌とした世界の人類に必須のものです。

今後百年間、いやそれ以上の長きにわたって、
人類の心の恵みになるメッセージです。


4.あなたの初めてのご著書を、
「和の国・日本」の、
百年本の文屋から出版する意義は、

ここにあります。

ぜひ、あなたの書物の出版権を、
わたしにお預けください。


今読み返すと、
3から4の結論にいたる運びは、
論理的とはとてもいえません。

非論理を気合いで論理的にみせた、
にすぎません(汗)。


ラワットさんは、
おだやかにうなずいて聴いてくださり、

わたしが話し終えるとすぐに、
その場で、「OK」とおっしゃり、


「わたしはあなたをTRUST(信頼)します」


「日本だけではなく、
英語版をはじめ世界での翻訳出版と
販売の権利を、

あなたの会社と契約しましょう」と
お約束くださいました。


そのあとすぐに、
驚きのご発言を、
ラワットさんはなさいました。


「わたしは今まで、世界中の大人たちに、
語りかけてきました。

心の平穏が大切です、という
わたしのメッセージは、

幼い子どものころから耳に、目にして、
心にしみこませることが、
必要だと思います。

それには、絵本が一番いい。

わたしの寓話(ぐうわ)を絵本にして、
世界中の子どもたちに、届けてください。

その世界での翻訳出版と販売も、
あなたに一任したいと思います」


わたしはその場で、
「あなのあいたおけ」をはじめ、

「当面、3点」の絵本の出版を、
ラワットさんにお約束しました。


15分の予定でしたが、
面談が終わって時計を見たら、
50分が過ぎていました。


握手をしたときの
ラワットさんのしなやかな手の感触が、
忘れられません。



ラワットさんの
『絵本 あなのあいたおけ』は、

薮原秀樹さんの「わもん財団」が、
各地で輪読会を開催されるなど、
「大人たちのワークショップ」として、

広がりをみせております。


9月17日(土)、名古屋市:
http://www.kokuchpro.com/event/anaoke917/

そのほか輪読会:http://wamon.or.jp/rawat/


みなさんの職場やお仲間でも、
この絵本の輪読会を開きませんか?



***************************

★きょうの気づき★

◆幸せは穏やかな心に宿る。

ラワットさんの深い想いと願いを込めた
『絵本 あなのあいたおけ』。

大人のみなさまの共感の輪が、
水輪のように広がっています。

◆「わたしは今まで、世界中の大人たちに、
語りかけてきました。

心の平穏が大切です、という
わたしのメッセージは、

幼い子どものころから耳に、目にして、
心にしみこませることが、
必要だと思います。

それには、絵本が一番いい。

わたしの寓話(ぐうわ)を絵本にして、
世界中の子どもたちに、届けてください。

その世界での翻訳出版と販売も、
あなたに一任したいと思います」

(プレム・ラワットさんの言葉)

◆安寧(あんねい)の聖地は我が心の中にあり。

人は

心から平和でありたいという欲求、
穏やかな心でありたいという欲求を
誰しもが心の核に持っているのだから。

その欲求に、すべての人が気づき、
その欲求が、すべての人が満たされたのなら、
安寧な地球、世界平和は実現する。

(江崎英子さんの詩のような信念の言葉)


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」

会場:平安堂長野店 2階 特設会場
    JR長野駅善光寺口前
    電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から9月11日(日)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより ブログ お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法