HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.284 ラワットさんの絵本 感想文集 その1 大病の友として

2016年09月09日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


2日間、文屋だよりのお届けをしないでおりました。

あすまでに、サボった分をばんかいいたします。

9日から11日まで、

名古屋、東京、横浜、鎌倉に滞在して、

貴重な出会いと学びと語らいと楽しんでおります。

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.284

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

ラワットさんの絵本 感想文集 その1 大病の友として


井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

11.なぜかうまくいく人は、職や資格より、人柄を磨く。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************


★ラワットさんの絵本を読んだ

 大人のみなさまからいただいたご感想文★


*******************


プレム・ラワットさんの
『絵本 あなのあいたおけ』を読む集いが、
各地で開かれています。

また、

「プレゼントブック」として、たいせつな方に、

この絵本を贈る読者様が、増えています。

絵本を贈るのは、大人から子どもに、が多いのですが、

『絵本 あなのあいたおけ』は、

「大人から大人に」というケースが目立ちます。


このことは、ラワットさんと

絵のしろいあやさん、そしてわたしたち編集者が、


「子どもはもちろん、

大人のみなさんの心の底まで届く絵本を」と

願っていたとおりのことであり、


一同、たいへん喜んでおります。


「文屋の伝道師」を自認してくださっている 

長野市の主婦・宮澤昭子さんは、

長野県若槻養護学校の馬場先生に贈ってくださいました。

病弱の子どもたちが、
治療しながら学べる特別支援学校の先生です。

馬場先生からいただいた感想文です。


************


「ひとりでトイレに行けない小学生が、
「自分なんかダメだ!」と
思っている。

でも本当はなんとかしようと思っている。

その子に読んであげたくなりました」
ばばひろお


************


その小学生の子の反応が、楽しみですね。


馬場先生、宮澤さん、ありがとうございます。


*******************


★ラワットさんの絵本を、

 大病を乗り越える友として★


*******************


きょうはもう一通、ご紹介いたしますね。


お寄せくだっさったのは、

昨年秋、文屋が出版したラワットさん初のご著書

『Pot with the Hole 穴のあいた桶』を、

お友だちに贈られた方です。

http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92231554


************


友人が今年、ガンの手術を受けました。


私は引っ越しをして、しばらくその人に会えませんでした。

昨年、ラワットさんの『穴のあいた桶』を

その方にプレゼントしていました。


今年の手術のあと、病院へお見舞いにいきましたら、

彼女は病室にほとんど自分のものをもって行っておらず、


スッキリとしたテーブルに『穴のあいた桶』だけが

置いてありました。


その本について、

私は彼女に何も説明していませんでしたので、

びっくりしてたずねたら、


「この本だけ持っていけばいいと思ったのよ」と

言ったのです。

本当に自分と向き合う気持ちで、

手術にのぞんだのだと思いました。


この本は、

本当に人の心に安らぎを戻してくれると実感しました。


この本と、最新刊の『絵本 あなのあいたおけ』。


二つの本のどちらも心にぴったりくる、

さりげなく心地よい本、と感じていましたが、


実はいろんなところに心がこもっていて、

吟味されていることを、先日知りました。


紙の質、インクの色、イラスト、校正、


そして、「100年読み継がれる本だけを作る」

木下さんとラワットさんの

出会いのエピソードにとても感動して、


また何度も読み返しています。


************


死線をさまようような大きな手術を前にして、

術後の厳しい日々をすごす病室でのご自分を

想像されたとき、


そのお友だちが選んでくださったのが、

プレゼントされたラワットさんのご著書であったこと。


書き手として、作り手として、

これにまさるやりがいと喜びはございません。

こちらこそ、御礼を申し上げます。


ほかにもたくさんのご感想をいただいております。

次号でお伝えいたしますね。


ラワットさんの
『絵本 あなのあいたおけ』は、

薮原秀樹さんの「わもん財団」が、
各地で輪読会を開催されるなど、
「大人たちのワークショップ」として、

広がりをみせております。

わもん財団の輪読会:
http://wamon.or.jp/rawat/

「絵本『あなのあいたおけ』
寄贈プロジェクト達成記念!

魂の朗読と、
プロジェクト達成までの奇跡
これからの展望

2016年9月17日(土) 18:00から20:30

http://www.kokuchpro.com/event/anaoke917/


みなさんの職場やお仲間でも、
この絵本の輪読会を開きませんか?


つづく


***************************

★きょうの気づき★

◆幸せは穏やかな心に宿る。

ラワットさんの深い想いと願いを込めた
『絵本 あなのあいたおけ』。

大人のみなさまの共感の輪が、
水輪のように広がっています。

◆「本当はなんとかしようと思っている。
その子に読んであげたくなりました」

「この本だけ持っていけばいいと思ったのよ」


こうしたご感想によって、
「百年本」は、じっくりと育てられていきます。


**********************

◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************


★平安堂長野店 「高野登選書フェア」

会場:平安堂長野店 2階 特設会場
JR長野駅善光寺口前
電話:026-224-4545

期間:7月9日(土)から9月11日(日)

サイト:http://www.heiando.co.jp/store/nagano.php

特典:期間中、フェア対象書籍を
お買い上げいただいたお客様に、

もれなく、
『おもてなし日和』特製ポストカード(3枚1セット)を
プレゼントいたします。

本書に写真が掲載されている写真家
清水かほりさんの写真と、

高野さんのショートメッセージが
コラボした、絵はがきです。

★高野登さんの最新刊
『おもてなし日和』のページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31

全国の書店さんにてお求めください。

アマゾン:http://my-tiny.com/doxx

お近くの図書館に、「購入リクエスト」を
お願いいたします。


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法