HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.287 ラワットさん、寄付本で福島の小学校へ その2

2016年09月12日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


9月13日(火)お昼前、初孫の結月(ゆづき。
次男夫婦の長女)を、初めて抱きました。

これで名実ともに「おじいちゃん」・・・

いや、「名」はともかく、
「実」はまだまだこれからです!

人生の黄金期(50歳~75歳)を、
ぞんぶんに、
謳歌(おうか)していきたいと思います。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.287

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

ラワットさん、寄付本で福島の小学校へ その2


井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【仕事編】

14.なぜかうまくいく人は、不満を抱えて転職しない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★ラワットさん、
  寄付本で訪問する
    福島県の小学校が決定★
*******************


文屋は、最新刊
プレム・ラワットさんの
『絵本 あなのあいたおけ』を、

全国・世界の子どもたちに贈ることを
読者のみなさまにお勧めする
「寄付本プロジェクト」を進めています。

寄付本プロジェクト:
http://premrawat-japan.com/kifubon/


「ラワットさんの素晴らしいメッセージを、
日本中、世界中に広げたい」というご希望を、
かたちにした事業です。


ラワットさんは、
すべての被災地の子どもたちに
思いをはせながらも、

とくに、
「福島県の子どもたちに」と、
強い希望を、わたしにお伝えくださいました。


「「3.11」後の原発事故による避難先での生活や
風評被害の中、
たくましく生きる福島県の子どもたちに、

最優先でプレゼントしましょう」という
お気持ちからです。


ラワットさんはさらに、

「10月に訪日するときに、
できれば福島県の現地を訪れて、
子どもたちと交流したい」と希望され、

それ以来、文屋の「人脈」を最大限に活用して、
訪問先の小学校を探すことが始まりました。


そしてようやく、先日、
その小学校が正式に決まりました。


*******************
★避難している子どもたちも
   合同でラワットさんの歓迎会★
*******************


ラワットさんが福島県を訪問されるのは、
10月21日(金)。

翌々日の23日(日)には、
東京・御茶ノ水にて、

「わもん」の創始者・薮原秀樹さんとの
文屋座セミナーを控えていらっしゃいます。


訪問先は、
福島市内の小学校です。


東電の福島第一原発がある
沿岸部「浜通り」からは、
内陸に50㎞ほど離れています。


ラワットさんは当初、
浜通りへの訪問を希望されましたが、
過密スケジュールのために叶いません。


しかし、ラワットさんの願いの一端が、
叶う展開になりました。


浜通りの小学校のいくつかは、
放射能の影響を避けるために避難して、

内陸部のまちの「仮校舎」に移転して、
授業をつづけています。


訪問が決まった福島市の小学校は、
浜通りのある町の小学校2つの児童たちが、
仮校舎で学んでいる場所からすぐ近くにあり、

ふだんから、
2つの小学校と交流しています。


「ラワットさん来福!」のニュースを聞いた
2つの小学校では、
「ぜひ、合同で、ラワットさんを歓迎したい」

ということになり、
結果として、

訪問先の小学校の体育館に、
浜通りの2つの小学校の全児童が集まり、
「3校合同の歓迎会」が開かれることになりました。


なにか人知の及ばない、
大きなお力を感じるような、
展開でした。


つづく


***************************

★きょうの気づき★

◆幸せは穏やかな心に宿る。

ラワットさんの深い想いと願いを込めた
『絵本 あなのあいたおけ』。

大人のみなさまの共感の輪が、
水輪のように広がっています。

◆ラワットさんの福島県への訪問は、

「「3.11」後の原発事故による避難先での生活や
風評被害の中、
たくましく生きる福島県の子どもたちに、

最優先でプレゼントしましょう」という
お気持ちの結晶。

◆「わたしは今まで、世界中の大人たちに、
語りかけてきました。

心の平穏が大切です、という
わたしのメッセージは、

幼い子どものころから耳に、目にして、
心にしみこませることが、
必要だと思います。

それには、絵本が一番いい。

わたしの寓話(ぐうわ)を絵本にして、
世界中の子どもたちに、届けてください。

その世界での翻訳出版と販売も、
あなたに一任したいと思います」

(プレム・ラワットさんの言葉)

◆安寧(あんねい)の聖地は我が心の中にあり。

人は

心から平和でありたいという欲求、
穏やかな心でありたいという欲求を
誰しもが心の核に持っているのだから。

その欲求に、すべての人が気づき、
その欲求が、すべての人が満たされたのなら、
安寧な地球、世界平和は実現する。

(江崎英子さんの詩のような信念の言葉)


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法