HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.295 ラワットさんってどんな人?

2016年09月20日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

前号で、
ラジオパーソナリティの小川もこさんから
いただいた。

プレム・ラワットさんの最新刊
『絵本 あなのあいたおけ』の感想文を
ご紹介しました。

その後、ご本人から、
「読み返して、もう一度考えて、
手を加えました」と、

修正版をお送りいただきました。

今号の末尾に、
再度、掲載させていただきますね。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.295

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

ラワットさんってどんな人?


井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【恋愛・結婚編】

22.なぜかうまくいく人は、仕事も身体も磨きつづける。


【NEWS】

9月26日(月)、ウェスティンホテル東京で、
井内由佳さんのトークディナーショーが
開かれます。

「美味しいお料理と、
バイオリン、パーカッションの演奏、

そして、

ジャズシンガー足立さやか氏を迎えて
音楽とトークを楽しんでいただきたいと
思っています。

3時間のステキな時間を
ご一緒出来れば嬉しいです」と井内さん。

https://www.facebook.com/yukaiuchi/
お申込は下記より
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/13


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★ラワットさんて、どんな人?★
*******************


プレム・ラワットさんの初のご著書と絵本を出し、
その英語版を出版して、
「プレム・ラワット日本事務局」でもある文屋には、

ラワットさん関係のお問い合わせが、
ひんぱんに寄せられます。


いちばん多くて、素朴な問いかけは、

「ラワットさんてどんな人?」

です。


ご著書に載っているプロフィールを抜粋すると、

インド北部に生まれ育った58歳の男性で、
現在のご自宅はアメリカ・ロサンゼルス郊外。

夫人との間にお子さんは4人。

若くして亡くなられた
最愛のお父さんの遺志を継いで、
8歳の時から、聴衆の前で話しはじめ、

13歳の時、海外の支持者に招かれて、
初めて国外で講演。

それ以来、
世界中のファンの招きに応じて、
講演活動をつづけ、

58歳の今年は「世界講演50周年記念」のツアーを
展開中。


「平和の大使」と称される一方、
貧しい国で暮らす子どもたちへの
人道支援をつづけている人物・・・

となります。


そして、
お話になっているメッセージのエキスは、

「幸せは、おだやかな心に宿る」

この一つです。


それでも、いまひとつ「??」の方に、
最近、わたしがお伝えしているのは、
以下のことです。


************


【三層の争い】

人間社会の「争い」は、
大きく三つにわけることができます。

1.国家と国家

2.人間と人間

3.自分と自分


ラワットさんはよく、
「戦争がなくても平和とはいえない」と
言われます。


「三層の争いの根っこは、
3.自分と(もう一人の)自分」の関係が
おだやかであること。

たいせつなのは、わたしたち一人一人の
「心の平穏」。


すべての人の心が、平穏な状態になること。

平穏な心をもった人間が集まることで、
ほんとうの「世界平和」は訪れる。


では、どうしたら、わたしたちの「心」は、
平穏を保てるのか?

ラワットさんは、講演で、ご著書で、
「心の平穏」のための「考え方」を
伝えつづけている。

たいせつなのは、わたしたち一人一人の
「心の平穏」。


************


このように書いてきて、
ふと、以前、似た文章を書いたことを
思い出しました。

検索したら見つかりました。


11年前の9月、46歳のときのブログでした。
http://www.e-denen.net/blog.php/797


「平和は、和合の束(たばね)、幸福の基(もとい)」。

和合(わごう)した「平穏な心」をもった人たちの
集合体(束)が、ほんとうの平和。

平和であることは、みんなの幸せの基礎。

という意味です。


「心の平穏」のための「考え方」を、
ラワットさんから学び、日々の暮らしと働きに、
活かしていきたいと思います。


『Pot with the Hole あなのあいたおけ』
『絵本 あなのあいたおけ』
http://premrawat.shop-pro.jp/


*******************
★小川もこさんから寄せられた、
  ラワットさんの絵本への感想文★
*******************


小川もこさんの感想文(改訂版)を
以下に掲載させていただきます。


************


優しいふうわりとしたイラストと共に、
平易に書かれた内容は

実は 
とても深い示唆に富んでいるようで、
読んでいて、じぃぃぃんとしました。

有能な人間の遺伝子のみが残るべき 
という身勝手な論理をふりかざす輩もいますが、

そうじゃない。

穴の空いてしまった桶でも、
必ず結果を残すことは出来る。

生きていく上において、
無駄なことなんて、無駄な存在なんて、
何ひとつない。

すべてに意味があることなのだ。

自分が傷ついたり 働けなくなったとき、
絶望の淵に立つこと
誰しもあることと思います。

そんなとき。

自分の出来ること 
自分の出来る範囲で真摯に臨めば

きっと。きっと 何かが 繋がる。

また、この桶の持ち主である庭師のように、
その「役割」に気付く存在もまた、
得難い大事なもの。

自分は、
どちらの立場にたっても かくありたい。
と思えるお話でした。

小川もこ


************


小川もこさん、深く読み込まれたご感想文を
お書きいただき、ありがとうございます。


小川もこさんの公式サイト:http://djmoko.com/top.html

FMフジの小川もこさんのページ:
http://www.fmfuji.co.jp/dj1604/dj_314.html

Life is Beautiful:http://djmoko.livedoor.biz/



『絵本 あなのあいたおけ』は、
おかげさまで初版3,000冊を完売して、
2刷4,000冊が9月26日に仕上がります。


わもん財団事務局・鎌田美香さんによる
輪読会も、各地で開催中です。

http://wamon.or.jp/


プレム・ラワットさんと、
わもん(話聞)の創始者・薮原秀樹さんによる
文屋座セミナーは、

開催日の10月23日(日)まで、
ひと月あまりになりました。

みなさん、ご参加のお申込を、
お待ちしております。
http://premrawat-japan.com/event/


***************************

★きょうの気づき★

◆「一人一人にかけがえのない「役割」があると
教えてくれる絵本」


「幸せは、おだやかな心に宿る」という
ラワットさんの深いメッセージを込めた
この絵本の普及を支える輪は、

日に日に、協力者を増しています。


増刷2刷の4,000冊は、9月26日は仕上がり、
全国でお待ちいただいている読者樣に
発送されます。


**********************


◆ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法