HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.301 無財の七施『ギブ&ギブの法則』試読版「考」

2016年09月26日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里は、

特産の小布施栗や人気沸騰中のブドウ
「シャインマスカット」など秋の味覚の
収穫が真っ最中です。

50アールほどの文屋栗園は、
おかげさまで豊作です。

大粒の実を拾い終えるのに、
早朝から二人で3時間ほどかかります。

大自然の恵みに感謝です。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.301

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

無財の七施(しちせ・ななせ)
『ギブ&ギブの法則』試読版「考」


井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【人間関係編】

29.なぜかうまくいく人は、
パートナーに期待しすぎない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★試読版『ギブ&ギブの法則』に
   62件、1,900冊のお申込★
*******************


先日で、
知人のベストセラー作家
志賀内泰弘(しがない・やすひろ)さんの

最新刊『「いいこと」を引き寄せる
『ギブ&ギブの法則』(PHP研究所)の

「試読版」(無料)プレゼントのことを
書かせていただきました。


文屋では、志賀内さんのご理解とご協力のもと、
メルマガとFacebookの読者のみなさまに、
試読版をプレゼントするキャンペーンを行いました。

9月23日(金)に1回目を締め切りました。

おかげさまで、
62人のみなさまから、
合わせて1,900冊を超えるお申込を
いただいております。


志賀内さんからは、すでに、
2,000冊の試読版が、
文屋に届いております。

すぐにお送りしたいところですが、

まったなしの栗の収穫期と
ピッタリ重なってしまったため、
身動きが取れません。

誠に申し訳ありませんが、
みなさまへの発送は、
10月2日(日)~7日(金)になります。

お許しください。

それならキャンペーンの期間を
ずらしたらよかったのに・・・。

すべては、
うかつなわたしの不手際です。

ごめんなさい!


*******************
★ギブ&ギブなのに、
  「テイク」を求めていいの?★
*******************


志賀内泰弘さんと提携して、
試読版の無料キャンペーンを始めたところ、
西日本に暮らす愛読者の方から、

すてきなお便りをいただきました。

ご用件は、
「ギブ&ギブの法則」を学ぶ本なのに、
試読版を送ってほしいというのは、

「テイク」を求めているので、
ギブの正反対では? 
という戸惑いの内容でした。


「なるほど!」という想いと、
「そうなのかな?」という問いが、
わたしの頭に、同時に浮かびました。


そこで、志賀内さんに電話をして、
ご意向をうかがってみました。


お答えは、こうでした。

志賀内さん
「とっても生真面目な、
真っ正直な御方ですね。

でも、遠慮なさらずに、
お受け取りください。

受け取られても(テイク)、
ぐるぐるって回してくださればいいんです。」


わたし
「なんですか? ぐるぐるって?」


志賀内さん
「たとえば、
読まれた次の日から、
ギブ&ギブの法則を、
ほかの方に一つでも実践してみる。

たとえば、
試読版を、大事な人や、
ご縁のある人たちに、ひと言添えて贈る。

そうやって、
ぐるぐるって回してくだされば、
「テイク」したことになりません(^▽^)!」


そう断言してくださる志賀内さんに、
日ごろ思っていたことを、
たずねてみました。


わたし
「お中元やお歳暮は、
贈ったり贈られたりしますね。

あれは、ギブ&テイクではないですか?」


志賀内さん
「いただいたからお返しをする、のならば
ギブ&テイクになってしまいますね。

そうではなく、
日ごろのご愛顧に心から感謝をして、贈る。

先に贈られた方も、
(返礼としてではなく)
日ごろへの謝意の表れとして、贈る。

りっぱなギブ&ギブ同士です。

ギブ&テイクにはなりません。」


志賀内さん
「ついでに、お願いがあるのですが、
「試読版をいただいたお礼です」と言って、

けっして、
わたしに何かを贈らないでくださいね!

お礼はこまっちゃうんです。

わたしからの「ギブ」は、
受け取られたら、

ご自分と周りの人たちに、
ぐるぐるって回してください。」


さすが、
「しがないスーパーサラリーマン!」の
志賀内さんですね。

志賀内さんのサイト:
http://giveandgive.com/info/shiganai.html


じつはわたしは、何かをするときにいつも、
「ギブ&テイク」の気持ちがあります。

いつも、見返りを求めてしまいます。

これは正直なところです。


ですが、頭では、
「ギブ&ギブの法則」は、
たしかにこの世の中にあり、

そして、
それを素直に実践しつづけている人を、
何人か知っています。

彼ら彼女たちは、わたしから見て、
間違いなく、

「まわりの誰からも好かれながら、
さらに幸せ感をもたらしつづけている、
幸福な成功者」のみなさんです。


幸せ感をもたらしつづけているご本人たちも、
扇(おおぎ)のように「末広がり」の人生を、

暮らしでも働きの場面でも、
たくましく実現していらっしゃいます。


ですから、わたしは、
「ギブ&ギブの法則」を身につけたいと、
心底、願います。

そして、
「ギブ&ギブの法則」を実践する人が、
この国にお一人でも増えていくことを願います。


「試読版」を手にされたみなさん、
ご自分と周りの人たちに、
ぐるぐるって回してくださいね!


なお、試読版は、志賀内さんのサイトから、
pdfでもお読みいただくことができます。

こちらからどうぞ:
http://giveandgive.com/info/shiganai.html


本編である志賀内さんの最新刊
『「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則』
(PHP研究所。1,620円)は、

書店さん、ネット書店さんで、
お求めいただくことができます。


志賀内さんより、
「冒頭のご質問をくださった愛読者の方に、
くれぐれもよろしくお伝えください」とのことです。

すてきなご質問に、
わたしからも、御礼を申し上げます。


きょうのわたしは、
「試読版」「無財の七施」にある

三、言辞施(ごんじせ)
  おもいやりの言葉を掛けること

を心得がけたいと思います。


***************************

★きょうの気づき★

◆贈り物をされても、

ぐるぐるって回せば、
「テイク」したことになりません。

◆「ギブ&ギブ」を実践すれば、

★経営者なら繁盛します。
★ビジネスパースンなら出世できます。
★家庭人なら笑いの絶えない日々を送れます。

という志賀内さんの「祈り」「願い」にも似た、
深い想いが込められた小冊子を、お手元にどうぞ。

◆わたしの頭の中にあるイメージです。

【人間の世界】感謝

時間、お金、行動

【神さまの世界】恩恵

運、縁、命

この「対比」をイメージしております。

その「関係」まではうまく説明できませんが、
こんな感じです。

感謝の気持ちを込めてくらし、働いて、
時間、お金、行動で、
自分以外の人のお役に立って喜ばれる。

そうしていると、
神さまの恩恵として、
豊かな運、縁、命がもたらされる。


**********************


◆プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法