HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.308 世界発売!英語版のラワットさんの絵本 その2

2016年10月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.308

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

世界発売!英語版のラワットさんの絵本 その2


◎井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【家族編】

36.なぜかうまくいく人は、
子どもに「背中」を見せる。


◎斉藤一人さんの「天国言葉」

愛してます ついてる うれしい 楽しい
感謝してます しあわせ ありがとう ゆるします
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★世界発売!
 英語版のラワットさんの絵本が完成★
*******************


前号で書きましたように、
文屋は8月、
世界的な講演家で「平和の大使」として
知られるプレム・ラワットさんの

初めての絵本を出版しました。


『絵本 あなのあいたおけ』です。


漢字の使い方や
ルビ(ふりがな)の付け方を工夫して、

「4歳児から大人まで」お楽しみいただける
絵本に仕上がりました。


お求めくださる大人の方の多くから、
「ご本人向け」か、
「大人のお知り合い向け」にという
お話をいただいております。


日本語版の出版からひと月あまり、
このたび、
この絵本の英語版が仕上がりました。


絵本の英語の書名は、

『The Pot with the Hole』です。
(意味は、あなのあいたおけ)


きょうは、この英語版の誕生を支えた
文屋編集チームのお三方を、
ご紹介したいと思います。


*******************
★英語版のチームは、
 英国人のプロフェッショナル3人★
*******************


この絵本のご著者は、
プレム・ラワットさんです。

みずから自家用ジェット機を操縦して
世界中を飛び回り、

年間80回を超える講演活動を、
50年間、つづけていらっしゃいます。


そんなラワットさんが、
ホッと一息付ける場所は、
やはり、米ロサンゼルス郊外にあるご自宅です。

58歳のラワットさんは、
4人のお子さんのお子さんたち(お孫さん)がいる
「おじいちゃん」です。

2年前、大阪のホテルで初めてお目にかかったとき、
ラワットさんはわたしに、

「絵本を出してほしい。
わたしの心の平和のメッセージを、
世界中の子どもたちに、伝えたい。

子どもたちには、絵本で伝えるのが、
いちばんいい」とご提案くださいました。


『絵本 あなのあいたおけ』(日本語版)と並行して、
英語版のテキスト(文章)を書くに当たり、

ラワットさんは、3人のプロフェッショナルを、
「執筆の相棒」として選ばれました。


イギリス人の編集と校正のチームです。

1.編集長 Max Whittleさん

2.Jo Robinsonさん

3.Norman Silverさん です。


1.マックス・ウィトルさんは、
編集工程の「扇の要(カナメ)」の役割として、
「編集長」を任命されました。

京都の山村「美山」に暮らす
翻訳・通訳者です。

マックスさんは現在、
プレム・ラワット日本事務局(文屋)の
副代表を引き受けてくれています。


2.ジョー・ロビンソンさんは、
Daily Mailなど、
イギリスのメジャーな新聞の編集者です。


3.ノーマン・シルバーさんは、
イギリス在住の著名な絵本作家です。
goo.gl/AnUlSv


この絵本の英語は、
ラワットさんが書いた英語をもとに、

イギリスと日本にいる
「文章と言葉のプロ」の3人イギリス人が、
「文屋編集チーム」を組んで、

ご著者のラワットさんと連携して、
練り上げてくださいました。


編集に要した時間は、
おおよそ6カ月間です。


英語版も編集の「条件」は、日本語版と同じく、


「4歳児から大人まで」
お楽しみいただけることです。


半年に及ぶ「練り上げ」の結果として、
とても美しく品のある、

なおかつ、
日本人にもわかりやすい英語のテキストに
仕上がりました。


おかげさまで、
この絵本の英語版は9月に香港の印刷会社でつくられ、
このたび、文屋にも納品されました。


初版の部数は4,500冊です。

しかし、
ラワットさんの世界中のファンのみなさんが、
およそ3,500冊を予約してくださっています。

このため、
文屋に納品されたのは、「500冊」です。


では、
英語の編集過程を、「総監督」のわたしは、
指をくわえてながめていただけなのか・・・?

いえ、そうではありません。

基本的に、
すべてをラワットさんと
3人のプロフェッショナルに委ねていましたが、

「ききどころ」では、
わたしなりに意見や提案を
させていただきました。

次号では、
大詰めの段階で起こった、

イギリス人3人のプロと、
わたしの「論争(?)」について、
書かせていただきますね。

けっこう、ハードでロングでしたよ(^▽^)


*******************
★初版500冊を国内限定発売いたします★
*******************


世界発売された英語版の版元も、
「文屋」なのですが、
熱いファンのみなさまのご希望にお応えした結果、

文屋が日本国内でお取り扱いできる数は、
500冊だけとなりました。


「英語の本だから、
日本では500冊でじゅうぶんでは?」というお声も
聞こえてきます。



文屋では、きょうから、
文屋公式サイトにて、英語版の初版を
「500冊限定」にて発売を始めました。

英語版は、書店さん(Amazonさんも)での
お取り扱いはなく、
文屋からの★産地直送★のみです(^▽^)。


子どもさんの英語学習には、
日本語版と英語版を
並べて読むのも効果的ですね。


クリスマスシーズンも近づいています。

「一人一人にかけがえのない役割があると
教えてくれる絵本」


ご自分への、
また大切な方への贈り物として、
喜ばれることと思います。


ご用命は、こちらからお願いいたします。

http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=108069701

日本語版はこちら:
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595


なお文屋では、英語版でも、
一括3冊以上、ご用命の方にもれなく、

発想を豊かにしてくれるイラストブック『壁?』
(本間正人著、文屋)を
進呈いたします。

絵本と『壁?』は、別便にてお届けいたします。
(『壁?』http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=9


『壁?』は、ラワットさんと親交のある、
京都造形芸術大学の教授・副学長で、
コーチング界の第一人者 本間正人先生の名著です。


***************************

★きょうの気づき★

◆この絵本の英語は、英国と日本にいる
3人の「文章と言葉のプロ」のイギリス人が、

「文屋編集チーム」を組んで、
ご著者のラワットさんと連携して、
英文を練り上げた作品。

英語版も編集の「条件」は、日本語版と同じく、

「4歳児から大人まで」
お楽しみいただけること。

お子さんへのプレゼントに、
大切な方への贈り物に。

◆ご著者からご著者へ。

ご著書から文屋座セミナーへ。

つぎつぎと文(あや)なしながら
つながってゆく、文屋のご縁。

「縁は異なもの味なもの」


佳き人たちとの良縁だけを、
豊かに養っていきたい。


**********************


◆10月23日(日)午後、東京・御茶ノ水にて、
プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

おかげさまで、お申込は300人樣を超えました。

まだお席がございます。

みなさまのお申込を、お待ちしております。

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法