HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.310 呼吸は神さまのKiss

2016年10月05日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


台風一過の信州小布施です。

秋のすずやかな風が、仕事場に吹きこんできます。

お庭で生まれたての酸素を、
胸いっぱいに吸い込んでいます。


10月23日(日)午後、東京・御茶ノ水にて、
プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

おかげさまで、お申込は310人樣を超えました。


当日の冒頭では、
「わもん」創始者・薮原さんご本人による
「わもん・にゅうもんプチ講座」もあります。


ラワットさんの心の平和のメッセージを、
薮原さんが、
会場のみなさんからのご質問と共に、

深掘り、
深読みしていきます。

薮原さんにしか引き出せない
ラワットさんの魅力を、
どうぞお楽しみください。


まだお席がございます。

みなさまのお申込を、お待ちしております。

http://premrawat-japan.com/event/


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.310

和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

呼吸は神さまのキス。呼吸に集中してみましょう。


◎井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【家族編】

38.なぜかうまくいく人は、
新しい「顔」をどんどんつけ替える。


◎斉藤一人さんの「天国言葉」

愛してます ついてる うれしい 楽しい
感謝してます しあわせ ありがとう ゆるします
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★呼吸は神さまのキス。
   呼吸に集中してみましょう。★
*******************


文屋は8月、
世界的な講演家で「平和の大使」として
知られるプレム・ラワットさんの

初めての絵本を出版しました。

『絵本 あなのあいたおけ』です。

日本語版の出版からひと月あまり、
このたび、
この絵本の英語版が仕上がりました。

絵本の英語の書名は、

『The Pot with the Hole』です。
(意味は、あなのあいたおけ)


前号で、
半年間に及ぶ編集過程の大詰めの段階で起こった
ある「論争」のてんまつを書きました。


日本語版の「場面14」のテキスト

「二つのおけは きれいな空気を
「すーっ」と
胸いっぱいに吸いこみました。」

を、英語版にも入れるかどうか?


2週間におよぶアッつい議論の末、
「入れない」に決着しました。


マックス・ウィトルさんをはじめ
英国の絵本と編集のプロのお二人に、

わたしは今でも、これからも、
心からの敬意と感謝を抱いています。


しかしそのこととは別に、
わたしは今でも、

「二つのおけは きれいな空気を
「すーっ」と
胸いっぱいに吸いこみました。」

を英語版でも入れてほしいと思っています。


二つある大きな理由の一つは、
ラワットさんご自身の以下の文章に、
わたしが深く共感しているからです。

それは、

「呼吸は神さまのキス。
   呼吸に集中してみましょう」

です。


英語版の文屋編集チームのお三方は、
わたしよりもずっと長く、深く、
ラワットさんに教えをこうています。

ラワットさんが、
「呼吸」を大切にされていることも、
わたし以上に理解されています。

それでもなお、
英語版では「入れない」と
主張しつづけたことに、

絵本というもの、
編集というものの奥深さを、
感じずにはおれません。


*******************
★呼吸は命の贈り物★
*******************


「幸せは、おだやかな心に宿る」


この一つだけのメッセージを、
過去50年間、
世界中から招かれて講演を続けている

プレム・ラワットさん(58歳)。


ラワットさんの最初のご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』の中で、


「呼吸」

の大切さを伝えるメッセージを、
ご紹介します。


**************


初めて息を吸った瞬間から

あなたの

この世界での旅が始まりました。


それ以来、
来ては去る呼吸を繰り返しています。

呼吸とともに始まり、
呼吸とともに終えるのが人生です。

生きていることに感謝してください。

そして「私」であることに
感謝してください。

(改行 木下)


**************


手元に、重厚な本があります。

22センチ四方のハードカバー(上製本)

深いグレーの布張り

表紙には、英語で

「BREATH」(ブレス・呼吸)

と、銀の箔押しがなされています。


プレム・ラワットさんの
「呼吸」についての
メッセージを、

一冊にまとめた本です。


ラワットさんの敬愛する人物が、

私家版として、
少部数(たしか300冊)つくられたうちの
一冊です。

2015年3月、
ロサンゼルス郊外のご自宅に招かれたとき、
帰り際に、ラワットさんに託されました。

わたしの大好きな
メッセージがあります。

とてもシンプルな英語ですので、
そのまま掲載しますね。


**************


Breath
is the kiss
of the Creator,

coming into you,
touching you,
bringing life.


**************


わたしはこの、

Breath
is the kiss
of the Creator

が、好きです。


Creator

創造主
神さま
大いなるお力
大自然・・・


Creator
をどう訳すかは、
読む人の自由でいいと思います。

わたしは単純に、

「呼吸、それは神さまのキス」

と訳しております。


呼吸という奇跡の贈り物に、
「ありがとう」と、
言いつづけたいと思います。


わたしたちが呼吸するのは「空気」です。

空気ほど、
人類に平等に与えられているものはありません。

お金持ちだから「濃い」」とか、
牢屋(ろうや)に入れられているから「薄い」とか、
はありません。

そして、

空気が数分間でも無くなったら、
命をつなぐことは出来ません。


ですから、
空気=呼吸できていることに感謝することは、

ほかのすべての恵み
(身体、時間、お金、出会い、仕事・・・)に
感謝することの、

出発点であり、終着点でもある。


ラワットさんのお許しをいただけるなら、
「BREATH」(ブレス・呼吸)と題した
ご著書を編みたい。

そう思っています。
(秘めていた想いを書いちゃいました!
書けば叶う!?(^▽^))


文屋では、
文屋公式サイトにて、英語版の初版を
「500冊限定」にて発売を始めました。

英語版は、書店さん(Amazonさんも)での
お取り扱いはなく、
文屋からの★産地直送★のみです(^▽^)。


子どもさんの英語学習には、
日本語版と英語版を
並べて読むのも効果的ですね。


クリスマスシーズンも近づいています。

「一人一人にかけがえのない役割があると
教えてくれる絵本」


ご自分への、
また大切な方への贈り物として、
喜ばれることと思います。


ご用命は、こちらからお願いいたします。

http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=108069701

日本語版はこちら:
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595


なお文屋では、英語版でも、
一括3冊以上、ご用命の方にもれなく、

発想を豊かにしてくれるイラストブック『壁?』
(本間正人著、文屋)を
進呈いたします。

絵本と『壁?』は、別便にてお届けいたします。
(『壁?』http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=9


『壁?』は、ラワットさんと親交のある、
京都造形芸術大学の教授・副学長で、
コーチング界の第一人者 本間正人先生の名著です。


***************************

★きょうの気づき★

◆「呼吸」は、命の贈り物、神さまのキス。

目覚めの瞬間から、寝入る瞬間まで
「呼吸」に意識を向けて生きていきたい。

幸福の出発点は、感謝すること。

まず「呼吸」できている奇跡に、
感謝しつづけたい。

◆絵本に並んでいる活字の背後に、
試行錯誤や論争があった。

読む人たちの心に、
なにかが伝わっているはず。

丁寧に百年本をつくって、
丁寧に百年かけてお伝えしていく。

文屋の百年本。

◆この絵本の英語は、英国と日本にいる
3人の「文章と言葉のプロ」のイギリス人が、

「文屋編集チーム」を組んで、
ご著者のラワットさんと連携して、
英文を練り上げた作品。

英語版も編集の「条件」は、日本語版と同じく、

「4歳児から大人まで」
お楽しみいただけること。

お子さんへのプレゼントに、
大切な方への贈り物に。


**********************


◆10月23日(日)午後、東京・御茶ノ水にて、
プレム・ラワットさんと「わもん」薮原秀樹さんの
コラボの文屋座セミナー

http://premrawat-japan.com/event/

おかげさまで、お申込は300人樣を超えました。

まだお席がございます。

みなさまのお申込を、お待ちしております。

◆薮原秀樹さんが語る、
ラワットさんとの文屋座セミナーへの想い

http://wamon.or.jp/rawat/

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

◆ラワットさんの写真展in京都造形芸術大学

【開催期間】

2016年10月13日(木)から20日(木)の8日間
(10月16日(日)休館)

【開催時間】

11時から18時(最終日16時)

【会場】

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
「ギャルリ・オーブ 吹き抜け」
http://www.kyoto-art.ac.jp/

【運営形態】

主催:京都造形芸術大学・プレム・ラワット財団

協力:プレム・ラワット日本事務局・合同会社文屋

【お問い合わせ】

文屋 代表 木下豊
bunya@e-denen.net

090-4706-9255


**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。

ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。

プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。


**********************

【井内由佳さんの情報】

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral


★井内由佳さんのホームページが
リニューアルされました。

http://yuka-i.com

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法