HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.329 人類は「前史」の時代を歩んでいる。

2016年10月24日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


『サンデー毎日』最新号に、
大宅壮一ノンフィクション賞作家の
神山典士(こうやま・のりお)さんが、

文屋のことを記事にしてくださった
連載企画「下山の時代の仕事術」の2回目が、
掲載されています。

プレム・ラワットさんのプロジェクトを、
世界展開する文屋の事業も、
紹介されています。

おかげさまで、このメルマガ
【信州小布施 美日常の文屋だより】の
ご登録者も増えております。

これからも心して、精進を楽しみます。


【NEWS!!】

11月11日(金)15時から21時ころの6時間、
わたし木下豊と神山典士さんによる
ごく少人数のセミナー

「文屋語らい座」を、
都内のクラシックホテルにて開くことが
決まりました。

大きな銀杏の木が色づく窓辺のある
セミナールームでの学び。

70年以上の歴史を刻んだワインバーの
芳醇な空間での夕食と語らい。


きのう、このことを書きましたら、
さっそく「参加表明」をくださる方が!

まだ参加費も明記していないのに・・・
有り難いことです。

みなさん、文屋が放つ、
新しい時空間を、お楽しみください。

くわしいことは、
あすのメルマガにてお伝えいたします。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.329


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)


人類は「前史」の時代を歩んでいる。


◎井内由佳さん 
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)より

【仕事編】

12.なぜかうまくいく人は、
  言い訳をしないで、すぐやる。


※井内由佳さんの
「12.23夢を叶える年末講演会」など、
最新情報は、このメルマガ下部をご覧ください。


◎斉藤一人さんの「幸福幸運天国言葉」

愛してます ついてる うれしい 楽しい
感謝してます しあわせ ありがとう ゆるします
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★人類史の新しい幕開けの文屋座★
*******************


10月23日(日)午後、東京・御茶ノ水で開いた
文屋座セミナーは、

プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんを
「主役」にお迎えして、

国内外425人樣にご参集をいただき、
「満席御礼」にて、開くことが出来ました。


「幸せは穏やかな心に宿る」という
メッセージを伝えつづけて、

「世界講演50周年」を迎えた
「平和の大使」ラワットさん。

ラワットさんが、
「ジャパニーズ・ディープ・リスニング」
(日本で生まれ育った深い聞き方)と、

高く評価し、敬愛する
「わもん(話聞)」の創始者・薮原さん。


ラワットさんと薮原さんのことを、
わたしは前号で、

「千年に一人」級の人物という
わたしの「直観による確信です」を、
書きました。


お二人の出会いと語らいを突破口にして、
これから生まれてくる「ことがら」は、

混迷を深める人類の歴史において、

「世界平和のための一人一人の穏やかな幸福学」

という、壮大な構想の「幕開けの舞台」であり、
「序曲」です。


ここまで書いてきて、
わたしが敬愛する師匠に学んだ、
つぎの一節を思い出しました。

師匠とは、
思想家、経営者の田坂広志さんです。

(多摩大学大学院教授、
シンクタンク・ソフィアバンク代表)

公式サイト:http://hiroshitasaka.jp/


*******************
★人類は「前史」の時代を歩んでいる★
*******************


田坂さんの文章をご紹介いたします。

「田坂広志 風の便り 特選」から。


************


「歴史」が幕を開けるとき
 

すでに「過去」となりつつある、20世紀。

「戦争の世紀」と呼ばれたその時代を回顧する
ドキュメンタリー・フィルムを観ました。
 
そのなかで、最も心に残ったのは、
第二次世界大戦。

アウシュビッツ、ゲルニカ、硫黄島、
広島、長崎・・・。

それらの映像の中に映し出される
無数の人々の、極限の生。
 
世界中が戦いの渦に巻き込まれ、
6,500万の人々が命を失った。
 
この戦争の記録を観るとき、
一つの問いが心に浮かびます。
 
 あの無数の人々が、
 いまの我々の姿を見るならば、
 何を思うだろうか。
 
 平和に慣れ、豊かさを当然と思い、
 他者の悲惨に無感覚になっている

 いまの我々の姿を見るならば、
 はたして、何を思うだろうか。
 
そのことを考えるとき、
一つの言葉が心に浮かんできます。
 
人類の「前史」
 
我々は、未だ、戦争と貧困に苦しむ
人類の「前史」の時代を歩んでいる。
 
その言葉が、心に浮かんでくるのです。
 

では、人類の本当の歴史は、いつ始まるのか。
 
それは、我々が、
一つの真実に気がついたときでしょう。
 
あの無数の人々の姿は、我々自身の姿である。
 
そのことに気づいたとき、
我々の本当の歴史が、
幕を開けるのでしょう。


************


田坂広志さんのこの文章を、
初めて読んだときの「衝撃」を、
いまも、読むたびに思い起こします。


宇宙の歴史137億年

地球の誕生から46億年

西暦2016年

日本紀元2676年


わたしたちは、
現在=「いま」は、まさに、
時間の最先端を生きています。


しかし、
人類はいまだに「前史」に生きている。


我々は、未だ、戦争と貧困に苦しむ
人類の「前史」の時代を歩んでいる。


田坂さんはかつて、講義で、
人類の本当の歴史のことを
「本史」と表現されました。


本史の人類から見れば、

戦争と貧困に苦しむ「現代」の
わたしたちは、

「前史」の人たちということになります。


最先端を生きていると思い込んでいる
わたしは、
「前史」の人たちの一人なのです。


このことに、切なさを伴う衝撃を、
受けました。


しかし、田坂さんの文章には、
いつもはげましのことば、
導きになる光が織り込まれています。


「本史」は、いつ始まるのか?

 
「それは、我々が、
一つの真実に気がついたときでしょう。
 
あの無数の人々の姿は、
我々自身の姿である。
 
そのことに気づいたとき、
我々の本当の歴史が、
幕を開けるのでしょう。」


人類が、混迷を深める現代において、

プレム・ラワットさんと薮原秀樹さんによる
文屋座セミナーを、

「世界平和のための一人一人の穏やかな幸福学」

壮大な構想の「幕開けの舞台」であり、
「序曲」として、位置づけたいと思います。


わたしの生きている間に、
「本史」を見ることはできないかもしれません。

しかし、
「前史」の終幕と、
「本史」の幕開けの予兆までは、
見届けたいと、強く願います。


「百年本」をつくる願いは、
「千年本」をつくる祈りへと、
格上げしたいと思います。


次号では、
10月23日文屋座セミナーに
参加された方にいただいた、

ご報告と感想文をご紹介いたします。


**************************


★きょうの気づき★


◆ラワットさんと薮原さん

お二人の出会いと語らいを突破口にして、
これから生まれてくる「ことがら」は、
混迷を深める人類の歴史において、

「世界平和のための幸福学」という
壮大な構想の「幕開けの舞台」であり、
「序曲」。

◆人類の「前史」
 
我々は、未だ、戦争と貧困に苦しむ
人類の「前史」の時代を歩んでいる。



**********************

◆プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。


http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語


http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」


一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。


今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。


これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へ。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/


お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。


お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LIVE FM:
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


<井内由佳 夢を叶える講演会>

12月23日(金・祝)

講演 13:00開演(12:00開場)
ヤクルトホール(東京・新橋)にて

下記よりチケットをお買い求めください。
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002203698P0030001

早割やペア割もございます。

550席のホールです。

いつも満席になる井内さんの講演会です。

お早めにお申し込みくださいね!


このほかにも、各地での講演会の情報を、
お知らせしますね。

1.井内由佳 名古屋講演
10月29日(土)
講演 14:00開演 13:30開場
ウインクあいちにて
下記よりお申込をお願いいたします。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/16


2.井内由佳 大阪講演
11月26日(土)
講演 14:00開演 13:30開場
梅田スカイビルにて
下記よりお申込をお願いいたします。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/17


3.井内由佳福岡講演&パーティ
12月18日(日)
17:00開演(受付16:30)
アゴーラ福岡山の上ホテル&スパにて
下記よりお申込ください。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/18
★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010


★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z


★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


*********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより ブログ お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法