HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.032 最高のギフト「呼吸」できることへの感謝

2015年12月19日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

    最高のギフト「呼吸」できることへの

          感謝


       プレム・ラワット著

  『Pot with the Hole 穴のあいた桶』より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
    ★呼吸は、命の贈り物★
**********************


「穏やかな心持ちで暮らすことの大切さ」

この一つだけのメッセージを、
過去49年間、
世界中から招かれて講演を続けている

プレム・ラワットさん(57歳)。



ラワットさんのご著書
『Pot with the Hole 穴のあいた桶』の中で、

いちばん好きなメッセージは?


すべて好きなので、
「いちばん」は決めずらいのですが、

あえて言うなら、
このメッセージです。


**************


呼吸は、命を運んできます。

ひと呼吸、ひと呼吸が、
一つひとつの贈り物なのです。

呼吸に意識を向けてみてください。

ひと呼吸ごとに命が届けられていると

感じることができたとき

不思議と心は落ち着き、
満たされていきます。
(改行 木下)


**************


さりげなくくり返している、
この「ひと呼吸」が、
「命」という名の「贈り物」。


地球上に生きるすべての生物は、
「呼吸」しているから、
「生きている」。


この当たり前すぎることを、

あえて、

静かに、

丁寧に、

いつも、

語り続けているのが、
ラワットさんなのです。


ラワットさんは「呼吸」を、

「命の贈り物」

と表現します。


呼吸を、
命の贈り物と意識した時、

不思議な幸福感に満たされるのを、
感じます。


**********************
  ★呼吸という「奇跡」に「ありがとう」★
**********************


「呼吸」についての
ラワットさんのメッセージを愛するのは、
わたしだけではないようです。


本書の熱心な読者樣で、
岡山市にて「fulful beauty 美容室」を営む
杉本圭子さんから、

ご感想をいただきました。


「ラワットさんの本を読んでら、
不思議に
呼吸をいつも忘れられなくなり、

今こうしている時にも、
呼吸とともにやってくる

『命の感覚』が

とても心地よく感じられます。」


「このままの自分が、
このまま満たされていい、
与えられた和合の存在なんだと感じ、

本当にくつろいだ気持ちで
過ごせております。」


「私は、
穏やかな呼吸を味わう日々を送ることで、

ラワット先生と文屋さんのご活躍を応援し、
この言葉にできない感謝の気持ちを

いつも内から放つ者と
なっていきたいと思います。」


杉本圭子さん、
すてきなメッセージを、
ありがとうございます。


本書から、
ラワットさんの「呼吸」についての

もう一つのメッセージを、
ご紹介します。


**************

自分をどんなに小さな存在だと
思っていたとしても

あなたには呼吸という
奇跡が起きていることを
覚えておいてください。

この奇跡を受け入れること

呼吸に「ありがとう」を言うこと

これを務めとすべきです。

その感謝の気持ちに
余計なものを
入り込ませないでください。

もし何か葛藤があるのなら、
無駄な戦いはやめにして

自分と命のよろこびの間に
何も入り込ませない

そのことに集中してください。

そうすれば、
曇りのないはっきりした人生を
送ることができます。
(改行 木下)


**************


**********************
★寓話「穴のあいた桶」を「点字」にしたい★
**********************


杉本圭子さんからのお便りはつづきます。


「当店のお客様で、
カトリックのご婦人がいらっしゃいます。

その方はかつてご主人も息子さんも
立て続けに事故で亡くされる
経験をされて以来、

教会でいろいろな活動を
されています。

その方が、
私のお店で髪の施術の待ち時間に
この本を、泣きながら読まれて、

『これは私にとってのバイブルだわー』

とおっしゃいました。」


この方は教会の朗読会で、

本書のタイトルにもなっている、
冒頭の寓話(ぐうわ)「穴のあいた桶」を
集まったみなさんに披露されました。


参加者の中に、

全盲の女性が、

熱心に耳を傾けていました。


その女性は、
他の目の不自由な方々をお世話する活動を
各地を回っています。


「ぜひこの物語を点字にして、
このお話を、
『目の見えない方々』にお伝えしたい」

と言って、本を買われたそうです。



杉本さんは、
美容室と、主宰する健康教室で、

本書をすでに70冊も、
販売されています。


「あなたと、
あなたのたいせつな方への贈り物に」

本書を愛する読者樣の輪が、

お一人、お一人と、
静かに、広がっていることを、
うれしく存じます。

本書を日本全国へ、

英語版と他国語版を世界へ、

未来へ、お伝えしてまいります。



◎『Pot with the Hole 穴のあいた桶』

文屋サイト:http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=27
全国の書店さんにて、ご予約いただくことができます。
Amazon:http://goo.gl/o7KNQJ
お近くの図書館に「購入リクエスト」をしてください。


◎本書の英語版『Splitting the Arrow』

文屋サイト:http://www.premrawat-japan.com/#dona
Amazon:http://goo.gl/lht55u

◎オリジナル絵はがきセット:
http://www.e-denen.net/index.php/hagaki


***************************

      ★きょうの気づき★

1.「呼吸」は、命の贈り物。

  誕生の瞬間から死の瞬間まで

  目覚めの瞬間から寝入る瞬間まで

  「呼吸」に意識を向けて生きていきたい。


2.幸福の出発点は、感謝すること。

  まず「呼吸」できている奇跡に、
  感謝しつづけたい。


***************************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法