HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.368 モラルとモラールは連動する その2

2016年12月01日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.368


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

モラルとモラールは連動する その2


◎井内由佳さん 
『神さまが教えてくれた 今よりもっと幸せになる!
  欲深(よくぶか)のすすめ』(日本文芸社)より

【第1章 「欲深」な人ほど人生は幸福です】

3.したいことや、
なりたいものがない人はいないのです。


<井内由佳 飛躍の新年へ!夢を叶える講演会>

12月23日(金・祝)午後、
ヤクルトホール(東京・新橋)にて。

わたし(木下)も妻子と参加いたします!

詳細は、このメルマガの下部↓をご覧ください。


◎斉藤一人さんの「幸福幸運天国言葉」

愛してます ついてる うれしい 楽しい
感謝してます しあわせ ありがとう ゆるします
http://goo.gl/OTQSIj


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★塚越寛さんに学ぶ「自然体経営」★
*******************


自然界を観察して真似をして学ぶ
「バイオミミクリー(自然模倣)」と
いう視座を背景に、

かんてんぱぱ・伊那食品工業の
塚越寛さんの自然体経営として、

塚越さんの最初のご著書
『新訂 いい会社をつくりましょう』の
(文屋。http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=10

から、塚越さんの理念と実践を、
ご紹介しております。


「第四章 モラール経営」の一節に

「モラルとモラールは連動する」があります。


みなさんは、この一行の意味を、
ご存じでしょうか?

「モラル」は、よく目や耳にしますが、
「モラール」という言葉を聞くことは、
あまり多くないように思います。

そして、
両者が「連動する」とは、
どういう意味でしょうか?


塚越さんによると、

モラル:道徳意識

モラール:労働意欲、志気、やる気

です。


この一節で塚越さんはまず、
「モラルとモラール」について、
こう書き出しています。


「幸せを感じている社員は、
働くことをおしみません。

私はいままでの体験から、

モラールの高い社員ほど、
社会人としても正しい行動をするようになると
考えています。

モラール(労働意欲、志気、やる気)と
モラル(道徳意識)は連動すると思います。」


たしかに、
わたし(木下)の卑近(ひきん)な体験からも、

やる気、働く気の満々なときというのは、
公共性に意識が向いていて、
道徳心も高くなっているように思います。

その逆の時というのは、
「これくらいは、人が見ていなければいいか」と、
いい加減な行動をしてきたように思います。

みなさんは、いかがでしょうか?


本書『新訂 いい会社をつくりましょう』
(文屋。http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=10

には、塚越さんの人として、経営者としての試行錯誤が、

具体例をあげながら、

わかりやすく、
つまり、読み手がすぐに行動にうつしやすく、
紹介されています。


「モラルとモラールは連動する」の節で、
塚越さんは、読者のみなさんに、
つぎのように解説しています。


(ここから)
************


たとえば、
スーパーなどの駐車場に車を止めるとき、

当社の社員は店から一番離れたところへ止めて、
店までスタスタと歩きます。

そうすれば、
店に近いところに駐車の場所ができるので、

妊婦さんやお年寄り、
体の不自由な人や荷物の多い人への
親切につながります。

モラールの高い人はモラルも向上します。

そうした社員を育てることによって、
さまざまな場面で社会に貢献することになると思います。


************
(ここまで)


企業の社会的な責任として、
「社会貢献」が注目され、

自社の社会貢献活動を、
声高に宣伝する経営者も見受けられます。


社員をモラルの高い人に育てることを通しての、
社会への貢献こそが、

指導者としての経営者が、
つねに心がけるべきことがらであると、
この文章は語っていると思います。


具体例は、さらにつづきます。


(ここから)
************


また、

社員が朝の通勤時間帯にマイカーで
本社のかんてんぱぱガーデンに進入するときには、
右折を禁止しています。

敷地の周囲の道を回りこんで、
左折するように徹底しています。

何十台もの車が毎朝、
右折するために渋滞をひき起こしては迷惑がかかり、
危険でもあり、

ひいては会社のイメージを落とすことにもなる
という考えから、
社員に指導をしているのです。

車がスムーズに流れていますから、
道ゆく人々はまったく気がついていないようですが、

こうした何気ない、
小さなことの積みかさねが大切なのだと思います。

世の中の人がみんな、こうしたことを心がけたら、
渋滞は格段に解消されるはずです。


************
(ここまで)


塚越さんは本書で、

経営者が社員を
「立派な社会人」に育てることに
意識を注ぎつづけるべきことを、

一貫して読み手に伝えています。

「会社は教育機関であるべし。

経営者は優れた教育者であれ」


その強い意志を、
つづく文章から読み取ることができます。


(ここから)
************


そういう、当たり前のこと、できることから、
きちんとやろう、というのが、
本当の社員教育だと思います。

当たり前のことをきちんとやる。

このことを、
当社ではずっと教育しつづけてきました。

いったん決めた以上は、徹底させます。

そうでないと意味がありません。

経営者は、
給料さえ払えば責任を果たしたと思いがちです。

私は、
会社は教育機関であるべきだと思っています。

人事権という一番強いものをもっていますから、
教育はしやすいともいえます。

社員のマナーが悪いのは家庭や学校が悪いからだと、
批判しても仕方がありません。

現実に悪い場合には、そのまま見過ごすのでなく、
採用した社員をしっかりと教育するべきです。

それが
会社による社会貢献にもつながるのだと思います。


************
(ここまで)


社員教育が大事なのは、
頭ではわかります。

しかし、
社員教育にかける時間もお金ももったいない。

何も知らない新卒者より、
即戦力の中途採用者のほうが、
合理的・・・

という風潮があるように思います。


そんな世の中に向けて、
塚越さんは、異を唱えます。

その真骨頂と、わたしが思うのが、
本書『新訂 いい会社をつくりましょう』
(文屋。http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=10

に書かれている、

「最良の合理化は「モラールアップ」」の節です。


つづく


おかげさまで本書は、
発刊から12年をすぎたいまも、

多くのビジネスマン、
経営者に読み継がれております。


みなさんは、「自然体経営」の教えを、
暮らしと働きに、
どう生かしていかれますか?

かんてんぱぱ・伊那食品工業:http://www.kantenpp.co.jp/


***************************


★きょうの気づき★

◆モラル:道徳意識

モラール:労働意欲、志気、やる気

「幸せを感じている社員は、
働くことをおしみません。

私はいままでの体験から、

モラールの高い社員ほど、
社会人としても正しい行動をするようになると
考えています。

モラール(労働意欲、志気、やる気)と
モラル(道徳意識)は連動すると思います。」
(塚越寛さん)

◆宇宙の誕生から130数億年

地球の誕生から40数億年

長い長い時間の中で、
生物が進化する過程で、
洗練されてきた優れた「機能」に学ぶことは、

これからも、わたしたち人類に、
大きな恵みをもたらしてくれることでしょう。

◆日本人は、

人生においても、
経営においても、

とうの昔から、
「バイオミミクリー(自然模倣)」を
実践してきたのだと気づきました。


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


心の平和のメッセージを世界中に届けつづける
プレム・ラワットさん。


「世界の平和」を見すえて、
科学的に「幸福学」を探求している前野隆司先生
(慶応大学大学院教授・
システムデザイン・マネジメント研究科
(SDM)委員長)。


おふたりの対談が、
月刊誌『れいろう』(モラロジー研究所)の
平成28年1月号に「特集対談」として掲載。

カラーで10ページにおよぶ、
大型の特集企画です。

テーマは、
「世界平和への幸福学」です。

年間購読制で、店頭での販売はありませんが、
オンラインショップでの
ネット販売をしております。

公式サイト:http://www.ecmoralogy.jp/


**********************


福岡市のリブロ福岡天神店にて。

文屋から『おもてなし日和』を出版された
高野登さんの「選書フェア」が、開かれています。

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=326


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


<井内由佳 夢を叶える講演会>

12月23日(金・祝)

講演 13:00開演(12:00開場)

ヤクルトホール(東京・新橋)にて

下記よりチケットをお買い求めください。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/19


ペア割もございます。

550席のホールです。

いつも満席になる井内さんの講演会です。

お早めにお申し込みくださいね!


このほかにも、各地での講演会の情報を、
お知らせしますね。


井内由佳福岡講演&パーティ

12月18日(日)
17:00開演(受付16:30)

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパにて

下記よりお申込ください。
http://yuka-i.com/seminar/html/products/detail/18

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『なぜかうまくいく神さまの処方箋』(学研プラス)
https://goo.gl/PMJv5Z

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法