HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.394 年を重ねるごとに心と魂は瑞々しく。年々瑞々 その3

2017年01月02日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.394


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

年を重ねるごとに心と魂は瑞々しく。
年々瑞々 その3


◎井内由佳さん 
『神さまが教えてくれた 今よりもっと幸せになる!
  欲深(よくぶか)のすすめ』(日本文芸社)より

【第4章 お金が寄ってくる人は「欲深」です】

1.お金がたくさん欲しいなら、
  絶対節約しない。


◎田坂広志先生の「死生観」から

人生における「三つの真実」を見つめる

第一の真実 / 人は、必ず死ぬ
第二の真実 / 人生は、一回しかない
第三の真実 / 人は、いつ死ぬか分からない

「三つの真実」を見つめる覚悟。それが「死生観」

一期一会

過去は無い。未来も無い。
あるのは、永遠に続く、いまだけだ。
いまを生きよ。いまを生き切れ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*******************
★死を思うことは、生を祝うこと★
*******************


前号で、
「死を思うことは、生を祝うこと」と
記しました。

心と魂を、
死のその瞬間まで瑞々(みずみず)しく、
成長させる日々を、歩んでいきたいと思います。


では、そうした生活を積み重ね、
そうした人生にしていくには、
どうしたらいいのか?

自身にこう問うたとき、
すぐに思い浮かぶ言葉があります。

「小成に甘んじない」。

一つの目標を叶えたとき、
そのことに満足して、
さらなる目標を見失い、

小さな達成感(小成)に甘んじていると、
その瞬間から、
わたしたちの心と魂は、

「立ち枯れ」の状態になっていきます。


では、
小成に甘んじないためには、
どうしたらいいのか?

このメルマガで何回もご紹介してきた
私淑(ししゅく)する人物
田坂広志先生のメッセージを、

ふたたび掲げたいと思います。


(ここから)
************

野心とは、

己一代で何かを成し遂げよう
とする願望。

志とは、

己一代では成し遂げ得ぬほどの、
素晴らしき何かを、
次の世代に託す祈り。

(己一代:おのれいちだい)

************
(ここまで)


「己一代では成し遂げ得ぬほどの、
素晴らしき何かを、
次の世代に託す祈り」としての

志をもつこと。


数年前、
田坂先生のこのメッセージを読んだときから、

わたしは、次の問いを、
自身に投げかけつづけています。


わたし自身にとって、

「己一代では成し遂げ得ぬほどの、
素晴らしき何かを、
次の世代に託す祈り」とは何か?


このメルマガをお読みのあなたにとって、
「志」は何ですか?


わたしの頭に浮かぶ言葉は、・・・

宇宙の未来=公(おおやけ)

調和=平和と幸福

いま、ここ、わたし

この一瞬を生き切る

です。

この鍵言葉を組み合わせた一行が、
わたしの「志」になるのだと思います。


田坂先生は、こうも語っておられます。

「「志」とは、「いつの日か、
こういう夢を実現しよう」という、
目標ごときのものではありません。

それは、「いまこの一瞬を、
いかに生き切るか」という、
覚悟に他ならないと思うのです。」


あなたの志は何ですか?

そのために、
今年の目標は何ですか?


新春来復!

みなさま、お健やかに、
佳き新春をお楽しみください。

ありがとうございます。


**********************


《きょうの気づき》

◆志とは、

己一代では成し遂げ得ぬほどの、
素晴らしき何かを、
次の世代に託す祈り。

それは、「いまこの一瞬を、
いかに生き切るか」という、覚悟。


**********************


【2017年新春「ランチの文屋語らい座」】★残席8★

1.テーマ 「超一流に学ぶ、暮らしと仕事の流儀」
  
  その人生の志を、21歳の時に、
  「世界一の料理人になる」と定め、

  半世紀を経た71歳のいまも、後進たちと日々、
  最高の頂を極めつづけるフレンチの王道
  井上旭(のぼる)さんのお店で、

  ランチのフルコースを味わい、
  井上さんのお話を伺う。

  極上の3時間を、あなたご自身へのご褒美に!

2.とき 2017年(平成29年)
  1月21日(土)12時から15時(受付11時30分から)

  定刻正確に開始します。10分前にはお着きください。
  すこし延長になるかもしれません。

3.ところ 
  フランス料理店 Chez Inno(シェ・イノ)京橋
  (東京都中央区京橋2丁目4-16 http://www.chezinno.jp/

★詳細とお申し込みは文屋公式サイトからどうぞ!
 http://www.e-denen.net/index.php/kataraiza 
 「文屋語らい座」のページへ★


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事が掲載されています。

http://courrier.jp/news/archives/70547/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法