HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.403 美しいところに、人は集まる。その3

2017年01月19日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


信州小布施は、
14日から17日まで大雪に見舞われ、
主要国道が23時間にわたって通行止めに。

わたしは、ほうぼうの雪片付けで
無茶しすぎまして、
何日か続いていた寝不足もたたり、

丸2日間、寝込んでしまいました。

10年ぶりのことで、不覚です。

おかげさまで、快癒しそうです。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.403


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

美しいところに、人は集まる。その3


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★佳き社風は、
まず掃除、整理整頓の継続から★
**********************


前号まで、
イエローハット創業者で「日本を美しくする会」相談役の
鍵山秀三郎さんと、

かんてんぱぱ伊那食品工業の塚越寛さんに、

4回、20数時間にわたって「経営と人生」をテーマに
語り合っていただき、

原稿の推こうを繰り返し、磨き上げていただいた共著
『幸福への原点回帰』(文屋)。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=18

を題材に、

佳き社風は、
まず掃除、整理整頓の継続から、
養われていくのですね…と書きました。


社風・・・では、まちやむらの風土は?

今号では、
「美しいむらなど、はじめから
あったわけではない」という

結城登美雄さん(民俗研究家)のレポートから
ご紹介する予定でしたが、
急きょ、変更いたします。

とってもすてきなニュースが、
埼玉県からと届いたからです。


**********************
★高1が涙 道に散乱した紙拾い集め、
   鴻巣署が感謝状…見ないふり辛い★
**********************


埼玉新聞1月6日号に掲載された記事のコピーを、
お掃除仲間の太田智明先生が、
お渡しくださいました。

全文をご紹介しますね。


(ここから)
************


鴻巣署は4日、
県道に散乱していた古紙を一人で回収した
行田市在住、

県立鴻巣高校1年の湯本里咲さん(16)に
感謝状を贈った。

見て見ぬふりをして
通り過ぎる自分を受け入れられず、

後先のことを考えずに
一心不乱に集めた行動は、
周囲の心を揺り動かした。


自転車で通学している湯本さんは
昨年12月21日夕方、
鴻巣市屈巣の県道を通りがかった際、

新聞紙や折り込みチラシが
半径約3メートルにかけて
大量に散乱しているのを目の当たりにした。

一度はそのまま通り過ぎたものの、
「何もしていない自分に辛くなった」と
戻って来た。

当初は古紙を自転車の前かごに積んで
自宅に持ち帰ろうとしたが、
収まり切れない。

約500メートル離れた
コンビニエンスストアへ行き、

ごみ袋を買って戻り、
再び拾い集めた。

現場は交通量の激しい通り。

湯本さんは青信号になるたびに
ひたすら拾い続けた。

午後5時20分ごろ、同署に
「女子高生が落とした荷物を一人で拾っている。
かわいそうだから助けてほしい」と連絡が入った。

署員が駆け付けると、すでにごみ袋3袋分、
計10キロの古紙が回収されていた。

持ち帰り方法を考えていた矢先に
署員が到着。

安心した湯本さんの目からは涙が流れた。


高校ではバスケ部に所属している湯本さん。

学校周辺のごみ拾いなど
美化活動をしてから
朝の練習に取り組んでおり、

「学校でもやっているので
当たり前と思って拾いました」と
振り返った。

市村知孝署長から感謝状を贈られ、
湯本さんは

「周りの事をもっと見られる
一年にしたいです」と
ほほ笑んだ。


************
(ここまで)


「何もしていない自分に辛くなった」

「学校でもやっているので
当たり前と思って拾いました」


部活動の毎朝の掃除の積み重ねが、

「見ないふり辛い」「当たり前」と
思う生徒が育つ
「校風」を養っていたのですね。


社風や校風は、
土地の風土をかたちづくる大事な要素になると、
この記事を読んで考えました。


みなさんは、
どんなかたちで、地域の「風土」に
かかわられていますか?

写真は、古紙を一人で拾い集めた湯本さん。右は市村署長=鴻巣署(埼玉新聞より)


つづく


**********************

     ★きょうの気づき★

◆「何もしていない自分に辛くなった」

「学校でもやっているので
当たり前と思って拾いました」

◆掃除をはじめ、
環境整備に意欲的に取り組みはじめてから、
すべてが良い方向へ動いていきました。

掃除というのは、
人間の営みの基本中の基本なのですね。

◆きれいにすること、美しくすることは、
商売繁盛のコツ。

美しいところには人が集まる。

◆きれいなところに人は集まり、
人の集まるところに価値が生まれる。

会社をきれいにしていくことで、
会社の価値が高まるということ。

◆風土(土地、会社、家庭、人)を変えるのは、
簡単ではない。

けれど、「小さなことを積み重ねる」だけで、
「事は成ってゆく」のかもしれない。


**********************


【2017年新春「ランチの文屋語らい座」】
 ★満員御礼。受付終了しました★

1.テーマ 「超一流に学ぶ、暮らしと仕事の流儀」
  
  その人生の志を、21歳の時に、
  「世界一の料理人になる」と定め、

  半世紀を経た71歳のいまも、後進たちと日々、
  最高の頂を極めつづけるフレンチの王道
  井上旭(のぼる)さんのお店で、

  ランチのフルコースを味わい、
  井上さんのお話を伺う。

  極上の3時間を、あなたご自身へのご褒美に!

2.とき 2017年(平成29年)
  1月21日(土)12時から15時(受付11時30分から)

  定刻正確に開始します。10分前にはお着きください。
  すこし延長になるかもしれません。

3.ところ 
  フランス料理店 Chez Inno(シェ・イノ)京橋
  (東京都中央区京橋2丁目4-16 http://www.chezinno.jp/

★詳細は文屋公式サイトからどうぞ!
 http://www.e-denen.net/index.php/kataraiza 
 「文屋語らい座」のページへ★


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************









 

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法