HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.406 フレンチの王道シェ・イノにてランチの文屋語らい座を開きました。その2

2017年01月23日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施は、一面の雪景色です。

みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.406


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

フレンチの王道シェ・イノにて
ランチの文屋語らい座を開きました。その2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★次の目標は2020年東京五輪と語る
           72歳の料理青年★
**********************


文屋は1月21日(土)12時から15時まで、
東京・京橋のフランス料理店
「Chez Inno(シェ・イノ)」にて、

「ランチの文屋語らい座」を開きました。

シェ・イノは、

「伝統と創造の料理人」井上旭(のぼる)さん
(72)がオーナーシェフつとめる、
創業32年を誇る、フランス料理の名店です。


今回のゲスト講師は、
2016年6月に文春文庫から
『フレンチの王道 シェ・イノの流儀』を出版した

井上さんと、共著者の熱血ライター
神山典士(こうやまのりお)さんのお二人です。


井上さんはいま、
2020年の東京五輪に照準を合わせ、

世界中から訪れる人々に、
日本のフランス料理のレベルを
堪能(たんのう)していただくことを思い描いて、

日々のお仕事を楽しんでいらっしゃいます。


72歳のお誕生日を迎えられたばかりです。


「すでに50代、40代、30代の後進たちに
シェフの役割を引き渡してはいますが、
すくなくても3年後の2020年東京五輪は、

現役の料理人として、
世界中の美食家たちやVIPのみなさんを、
お迎えしたいと思います」と語られました。


「おれは世界一の料理人になる」と宣言して
渡欧した日から52年。

舌の肥えた常連客を惹きつけつづける
「超一流」の秘密を、

巨匠・井上旭さんから直接うかがえた
貴重な4時間となりました。


**********************
★文屋座サロン…
  上質な時間の中に身を置くことの大切さ★
**********************


ご参加くださったみなさんからは、
多くのご感想やレポートをいただいております。

ありがとうございます。


鈴木敦子さん
(成田空港のカンタスビジネスラウンジ勤務)に
いただいたご感想を、ご本人のご快諾のもと、
ご紹介いたします。


鈴木さんは「自称」されていませんが、
いつも文屋の活動を見守り、
多くのみなさんに推奨してくださっている

文屋の伝道師(エヴァンジェルスト)さんです。


(ここから)
************


文屋語らい座
記念すべき第2回目は、

「シェ イノ」にて、
一流のシェフによる
一流のフランス料理を頂きながらの、
至福のひととき。


「創造のない伝統に進歩はない。
伝統を持たない創造には、持続力がない」

「料理人は、毎日の仕事の中で、
マンネリズムに陥らないように、

常に味覚、
感性を磨いていかなければならない」


ソースを究めた天才「ジャン トロワグロ」。

そのソースを、
ルセット(レシピ)として数字で記録するだけでなく、

その姿や立ち居振る舞いを「映像」として
脳裏に焼き付け、身体に染み込ませ、
再現された井上シェフ。


今回、メインは子羊のパイ包み焼き
「マリア カラス」を頂きました。

ソースは、コニャック、ポルト酒、
マデラ酒を煮詰め、
フォンドボーに刻んだトリュフを加え、

コンソメを少々加えた、
ペリグーというソース!

とにかく、これぞフランス料理!


井上シェフは、
著書の中でこうおっしゃいます。


「どんな世界に身を置くにしても大切なのは、
感性と人間性」

「狭い世界に閉じこもらずに、
大海で必死にもがくしかないのです。

美味しいものを探し、人と会い、人とぶつかり、
裸になって自分の力を試し続けることです」と。


2020年の東京オリンピック

日本で、
本物のフランス料理を世界の人々に!

その頃は、「シェ イノ」の予約は、
取れないかもしれませんね。


文屋の木下さん
そしてノンフィクション作家の神山さんのおかげで、
素晴らしい時間を過ごすことができました。


本物のフランス料理

一流のサービス

そこに身を置く事で
新たな感性の扉が開く!


出会いの質が
人生の質。

上質な時間の中に身を置く事も
大切なことですね。

今日出逢った皆さまも、
素晴らしい方ばかり。


懐かしい人との再会もあり、
幸せな1日を過ごせました。

ありがとうございました(ハートマーク)。


************
(ここまで)


「本物のフランス料理

一流のサービス

そこに身を置く事で
新たな感性の扉が開く!」


鈴木さん、今回の「文屋語らい座」を主催した
わたしの想いを文字にしてくださいまして、
ありがとうございます。


鈴木さんには、
次回、高野登さんをお迎えする
【2017年「冬銀河の文屋語らい座」】にも、

さっそくご予約をいただいております。


2月11日(土・祝)、山の上ホテルにて。
(下記をご覧ください)


つづく



**********************

     ★きょうの気づき★

◆すでに50代、40代、30代の後進たちに
シェフの役割を引き渡している井上旭さん(72)の願い。

「すくなくても3年後の2020年東京五輪は、

現役の料理人として、
世界中の美食家たちやVIPのみなさんを、
お迎えしたい」

◆本物のフランス料理

一流のサービス

そこに身を置く事で
新たな感性の扉が開く!


**********************


【2017年「冬銀河の文屋語らい座」】

ゲスト講師に高野登さんをお迎えします。

少人数・長時間・双方向・参加型

出会いと学びと語らい極上の6時間を、
あなたご自身へのご褒美に!


1.テーマ 「志に生きる」

2.とき 2017年(平成29年)
  2月11日(土・祝)15時(受付14時30分)から21時

  定刻正確に開始します。10分前にはお着きください。
  すこし延長になるかもしれません。

3.ところ 
  山の上ホテル
  (東京都千代田区神田駿河台1-1 
   http://www.yamanoue-hotel.co.jp/

★詳細は文屋公式サイトからどうぞ!
 http://www.e-denen.net/index.php/kataraiza02 
 「文屋語らい座」のページへ★


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法