HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.418 御縁。塚越寛さんのご著書を「現代版経営心得帳」と評した北村三郎先生。

2017年02月07日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


おととい配信したメルマガとFacebookの投稿の
反響は、いまだにつづいています。


売上高5.1%増、経常利益5億円増。
研究開発の伊那食品工業、
実証され続ける「年輪経営」。
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=397

塚越寛会長の経営実践への
関心の高さを実感しております。

今号も、関連する話題をお届けいたします。



みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


信州小布施 美日常の文屋だより vol.418


和合と感謝


百年本を世界へ未来へ。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、


ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、


日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。


★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen


ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(きょうのテーマ)

御縁。塚越寛さんのご著書を
「現代版経営心得帳」と評した
人と情報の研究所・北村三郎先生。


◎井内由佳さんの最新刊
『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

【第1章 神さまがつくったお金の真理】

2.神さまは、お金の話も詳しく教えてくださいます。


◎斉藤一人さんの天国言葉、幸せ言葉

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★あるべき組織風土が実現された
    かんてんぱぱ伊那食品工業(株)★
**********************


「千年本のロングセラー」をつくることを目指す
文屋の象徴的な書籍
『新訂 いい会社をつくりましょう』。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=10

長野県伊那市のかんてんぱぱ・
伊那食品工業の会長・塚越寛さんの
最初のご著書です。


同社の「年輪経営」の姿をご紹介したところ、
人と情報の研究所 代表の北村三郎先生から、
Facebookにてメッセージをいただきました。


「木下豊さん、
伊那食品の近況をお知らせいただき
有難うございます。

12年前の「現代版経営心得帳」を
読み直しております。 とても嬉しいです。」


あるべき組織風土を追い求めていらした
北村先生は、
塚越会長の『いい会社をつくりましょう』を、

ホームページにて、
次のように評価してくださいました。

その内容は、12年を経たいまも、
まったく古びていないばかりか、
「千年本」にふさわしい輝きを保っています。

以下、引用してご紹介します。


(ここから)
************


どのような組織風土を目指したらいいのか、
を追求しているうちに
伊那食品という会社に出会いました。

そして伊那市にある本社を訪問、
塚越寛社長のお話を伺ったり、
社員の皆さんと対話をしたりしたこともあります。


塚越さんは
「会社の目的は、社員の幸福な理想郷づくり」
という理念のもと、

創業以来47年間、
連続増収増益の発展を続けています。

(ご参考)最近の塚越さんは
「増収」を「増員」と言い換えれおられます。


塚越さんが長年にわたって実践してきたことは、
経営の本質、
原則からみれば当たり前のことなのですが、

この当り前の経営をする経営者は
それほど多くないというのが私の実感です。

ですから塚越さんのような考え方で
経営をしている経営者は
「少数派」だと私は思います。

塚越さんの経営理念が
なぜ「少数派」に属するのか。

それは次のような経営理念に基づいて
経営を実践しているからです。


◆拡大、成長、利益と言う前に、
世のため人のためを考えて
経営しようとする思想こそ経営者の「志」。

◆老舗の経営から浮かびあがる「思い」が
本当のグローバルスタンダード。

◆商道の「本来あるべき姿」は、
取引先も良し、自分の会社も良し、
お客様にも良しという三方良しの状態。

◆末広がりの成長をつづけて
永続するために急成長はマイナス。

◆企業の人間関係は仲間であり
家族であるということから
年功序列の原則を維持。

◆新入社員を採用するとき、
会社として欲しい人材かどうか、
ということではなく、

その人のためになるのかどうかがまず第一。

◆「経営理念の金太郎飴」をめざす。

根底の理念を共有して、
その理念を実現する手法は
個性的でありたいということ。

私たちは経営の本質や原則を

松下幸之助さんの「商売心得帖」「経営心得帖」
(何れもPHP研究所)などから
学ぶことがあります。

塚越寛社長の「いい会社をつくりましょう」は
現代版の「商売心得帖」「経営心得帖」
だという印象を持ちました。

もちろん経営のあり方はその業界の状況、
会社の歴史、規模などによって違うものですが、

塚越寛社長の考え方は
「本来あるべき姿」として
どの会社にも共通するものだといえるでしょう。

このような教えに出会えた今、

サラリーマン時代の仕事の仕方を
思い出すと穴に入りたいような
気分になります。

(この文章の出典:
http://www2.shizuokanet.ne.jp/sabu/keieikokoroecho.html


**********************
★鍵山さんと塚越会長の共著
  『幸福への原点回帰』を生んだ御縁は今も★
**********************


北村三郎先生は、
今年81歳になられます。

わたしと北村先生の出会いは、
12年前、
2005(平成17)年11月8日のことでした。


当日のわたしのブログから、
引用いたします。


(ここから)
************


(北村先生は)肩書きは一般に
「経営コンサルタント」と
言われているようですが、

先生のテーマは企業風土の改革。

豊かな実を育む豊かな根を
いかに育てるかに視座を定めながら、
人と人のご縁を紡いでおられます。

北村先生に出会ったのは、
昨年夏に発刊した伊那食品工業
の塚越会長著「いい会社をつくりましょう」を

お求めいただいたことがきっかけ。

新しい読者をたくさんご紹介いただきました。

(中略)

歩くこと、人と会って語り合うこと、
本を読むことの大切さを実感した、
北村先生との2日間でした。

なにか長くて高い視野にたったおつきあいや
仕事の幕が開いたように思います。

感謝いっぱいです。


************
(ここまで)

この出典は:
http://www.e-denen.net/blog.php/834


北村先生との初対面の日に感じた、
「なにか長くて高い視野にたったおつきあいや
仕事の幕が開いた」想いは、

やがて信念となり、
わたしの潜在意識に定着しました。


そして生まれた書物が、
『幸福への原点回帰』です。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=18

塚越寛会長と、
イエローハット(株)創業者で
「日本を美しくする会」相談役の鍵山秀三郎さんとの

初の対談集です。

「お掃除の神さま」と言われる鍵山さんですが、
本書は「お掃除」ではなく、

あくまで「経営・経営者」の視座から、
問いかけがなされ、お二人が語り合いました。

異色の経営本です。


おかげさまで本書は、

2007(平成19)年12月に発刊以来、

10年にして5刷となり、
着実にお求めいただくロングセラーに
なっております。

北村先生は、
本書のプロデュースを引き受けてくださいました。


「原点に立って遠きをはかるお二人」と
題したあとがきで北村先生は、

「私が理想としている「社風」」として、
次の3点を明示していらっしゃいます。

1.社員が働くことを楽しみ、

2.人間としての成長を促し、

3.その結果として、
永続的に業績を伸ばすことができる。


いい社風を養うことこそ、
経営者の役割であることを、
教えてくれる書物です。


みなさんの働かれている組織の社風・風土は、
いかがですか?


**********************

★きょうの気づき★

◆経営のあり方はその業界の状況、
会社の歴史、規模などによって違うものですが、

塚越寛社長の考え方は
「本来あるべき姿」として
どの会社にも共通するものだといえるでしょう。
(北村三郎先生)


◆どうすれば単なる価格競争から抜け出すことが
出来るのかを考えた。

得た結論は新しく用途開発をすること。

価格競争をしたことによって、
シェアを上げたわけではない。(塚越寛会長)


**********************


【2017年「冬銀河の文屋語らい座」】
★満員御礼。キャンセル待ちです★

ゲスト講師に高野登さんをお迎えします。

少人数・長時間・双方向・参加型

出会いと学びと語らい極上の6時間を、
あなたご自身へのご褒美に!


1.テーマ 「志に生きる」

2.とき 2017年(平成29年)
  2月11日(土・祝)15時(受付14時30分)から21時

  定刻正確に開始します。10分前にはお着きください。
  すこし延長になるかもしれません。

3.ところ 
  山の上ホテル
  (東京都千代田区神田駿河台1-1 
   http://www.yamanoue-hotel.co.jp/

★詳細は文屋公式サイトからどうぞ!
 http://www.e-denen.net/index.php/kataraiza02 
 「文屋語らい座」のページへ★


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)

平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)

平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。


◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」

村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。6月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、

世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。

数千間円の費用が必要なこのプロジェクトの
整備資金を集め、
同時に、プロジェクトのことを広くお伝えするために、

150万円を目標にクラウドファンディングを
呼びかけています。

クラウドファンディングは、
インターネットによる奉加帳、
寄付集めの手段です。

動画はこちらをご覧ください。
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=ndRE1PfutPU

「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」

https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


**********************


【井内由佳さんの情報】


★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法