HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.505 絵本『6さいのおよめさん』から合唱曲『光の中の結婚式』が生まれました。

2017年08月14日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


信州小布施は、
今年のお盆もおだやかです。

みなさんは、いかがおすごしですか?


文屋は年中無休ですので、
あさから机に向かっております。

15日夕方は、
母校の須坂高校の同級会が開かれます。

万年幹事さんの前坂政明さんのおかげで、
高校卒業の夏から40年間、
欠かすことなくつづいています。

2年と3年の担任で、いまは80歳をすぎた
田中三二良先生と
生ビールを飲む会です。

同級生の3割、15人くらいが、
集まります。


8月19日(土)午後に、
東京・御茶ノ水で開く「文屋座」の
参加お申込を受付中です。

★ロングセラー『考えてみる』のご著者で、
人と経営研究所 所長の大久保寛司さんが、
ご参加くださいます

・・・きっと何か、お話しくださる気配です★


大久保さんは、
日本アイ・ビー・エムのCS部長や
独立コンサルタントとして

顧客重視の経営革新や企業の風土改革などに
取り組んできた経歴を持つ御方です。


文屋チーム
(企画・取材・編集・デザイン・広報)の
コアメンバーも参集します。

最新刊『楽しいだけで世界一!』のご著者
林映寿さん(40)が、語ります。

もうお一方の講師は、
AI(人工知能)界の革命児、異端児と評される
石山洸さん(35)です。

質疑応答や第二部の交流夕食会で、
対話する時間もじゅうぶんにございます。

みなさん、久しぶりに、
お江戸での文屋座に集まりましょう。

e-チケットからのお申込みに加えて、
サイトから直接のお申込も
可能にいたしました。
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


★そして間もなく、みなさんお待ちかね、

プレム・ラワットさんの来日記念の文屋座について、
このメルマガと文屋サイトにて、
お知らせができそうです。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.505
和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

絵本『6さいのおよめさん』から
合唱曲『光の中の結婚式』が生まれました。


◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊

『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

※井内さんの「11月5日(日)東京講演会決定!」
情報は最下段に!

【第4章 この発想が、お金のこころをつかむ】

7.親を思う気持ちが厚い人に、
  神さまはご褒美を与えてくださいます。


◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★絵本『6さいのおよめさん』から
 合唱曲『光の中の結婚式』が生まれました★
**********************


みなさん、
いのちの絵本『6さいのおよめさん』(文屋)を
ご存じでしょうか?

同書:http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=2

本書は、すでに17万人が感動の涙を流した、
鈴木中人さんによる「いのちの授業」を
絵本にしたものです。


「お嫁さんになりたい」「学校にいきたい」と、
6歳までの“いのち”を、精いっぱい輝かせた
小児がんの少女。

「一日でも長く」「ごめんね」と祈り、
今、いのちの授業を語る家族。

いのちの大切さ、家族の絆、生きる力を、
きっと感じることができる物語です。

主人公は鈴木さんの娘さん・景子ちゃん。

20年ほど前に、ほんとうにあったお話です。

「生と死」をここまで“直”に描いた絵本は、
いままでにあったでしょうか? 

鈴木さんが長年、
この絵本のことを夢見てきましたが、
果たせないでいらっしゃいました。

2014年7月、
佳きご縁に恵まれ、
文屋が出版の大役をいただきました。


絵のしろいあやさんは、

鈴木さんが
「絵本をつくるなら、絵はぜひこの方に」と
願ってきた方です。


この絵本を制作している数か月間、
わたしはこころのなかに、いつも、
不思議な感覚を覚えていました。

こころの宇宙の片隅に、
雲がかかって、
しとしとと小雨が降りつづいている感じです。

なにか、きっかけがあると、
すぐに涙が堰(せき)を切って
あふれでるような、切なさでした。


出版した夏から、
まだ3年しか経っていないことにも、
いまさらながらに、驚いています。


この絵本『6さいのおよめさん』から、
このたび、
合唱曲が生まれました。


『光の中の結婚式』


鈴木さんは、
つぎのように紹介しています。


「神奈川県の女声合唱団
「きらきら湘南」さんが、

「6さいのおよめさん」を題材に
合唱曲をつくってくれました。

地元で合唱するとともに、
YouTubeでのイメージ映像もつくられました。」


「「きらきら湘南」さんは、
子どもホスピスの応援もされています。

この合唱曲の取組は、
近日中に神奈川新聞で紹介されるそうです。

地元の学校などにも紹介したいとのことでした。

絵本を知った頂く機会になればいいですね。

鈴木中人拝」


・発案、プロデューサー=細木佳子さん
 (女声合唱団「きらきら湘南」代表)

・作詞、作曲、編曲=KIRAKO
  (細木さんの作曲ペンネーム)


・作詞、発案の思いは添付の通り


細木さんは、
鈴木さんに宛てた手紙に、

「この絵本に大きな感銘を受けたこと」

「この感動を音楽で表現したいと強く思ったこと」

「この絵本に出会ったときに浮かんだメロディを
浮かぶままに音符にさせていただいたこと」

「6さいのおよめんさが、
こんな結婚式を挙げているのではか、という
素直なイメージを曲にしたこと」


「歌の主人公」は、

「可愛らしくも凜とした清らかなお嫁さん。

そして優しく温かいパパとママです」と
記されています。


では、
YouTubeに公表された「きらきら湘南」のみなさんの
合唱曲『光の中の結婚式』を、

動画映像と共に、お聴きください。


曲の最後に起きた「衝撃的な瞬間」については、
http://ameblo.jp/kirakiragasshou-shounan/entry-12295792772.html


『光の中の結婚式』
https://youtu.be/lvsKxGjcx1M


女声合唱団「きらきら湘南」公式サイト:
https://sites.google.com/site/kirakirashounangasshou/home

同Facebook:https://www.facebook.com/kirakiragasshou.shounan/


鈴木中人さんが代表をおつとめの
特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会:

〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2東海医療科学専門学校内
電話・FAX 052-581-8686 inochi-b@hm7.aitai.ne.jp
公式サイト http://hm7.aitai.ne.jp/~inochi-b/


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

絵本『6さいのおよめさん』と鈴木中人さん。

『光の中の結婚式』の歌詞


************************


★きょうの気づき★

◆『光の中の結婚式』
https://youtu.be/lvsKxGjcx1M


早朝、一人で聴きました。

やっぱり、涙があふれてしまいました。

いのち。いま・ここ・わたしに
覚悟をもって、生きてまいります。


**********************
**********************


文屋の最新刊『楽しいだけで世界一!』の
出版を記念して開く文屋座。


ご著者で、
信州小布施・浄光寺副住職の映寿さん(40)と、

人工知能(AI)を活用して、
介護から世界への貢献を目指す革命児
石山洸(こう)さん(35)。

このお二人が登壇されます。


石山さんは、

日本を代表する
人工知能(AI。artificial Intelligence)の研究所
リクルートAI研究所の創設者・前所長で、

現在は静岡大学発のベンチャー企業
デジタルセンセーション株式会社 取締役 COOです。

静岡大学の客員教授

東京大学では客員研究員のお立場です。


お二人それぞれに、45分間、講演したあと、
会場のみなさんにもご参加いただいて、
対談(55分間)をします。


第二部の「語らい座」は、山の上ホテルにて、
100人樣限定で、
お二人を囲む懇親パーティーを開きます。

貴方のご参加を、心より歓迎いたします。


詳細とお申込は→
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=35

★第一部は学生さんの
特典(大幅割引)がございます。


**********************


熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!


角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************
**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)

平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)

平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。


◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************

文屋から昨年、
『おもてなし日和』を出版してくださった

人とホスピタリティ研究所代表・
前ザ・リッツ・カールトン日本支社長の
高野登さん。

『おもてなし日和』:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31


名古屋市栄の大型書店「丸善名古屋本店」にて、
高野さんの選書フェアと、
3回連続の講座が開かれております。


高野さんからみなさんへのメッセージです。

「おもてなしとは、
愛展心に自分の心を寄り添わせること。

経営者やリーダー、
ビジネスの最前線に立つ方々はもちろん、

日々の暮らしをより心豊かに送りたいと願う
すべての方々のために企画しました。

ぜひご参加ください。」


【開催要項】


第59回 丸善ゼミナール 
『一流のおもてなし』とは何か。

3回連続講座の3回目は、
8月20日(日)15時から16時に開かれます。

テーマは、
「一流のおもてなし」とは何か。
「期待を超えるおもてなしは、想像力で!」。


お問い合わせは同店
052-238-0320へ(10時から21時)。


会場:丸善名古屋本店6Fイベントスペース
   https://honto.jp/store/detail_1570138_14HB310.html

要・予約、お問い合わせは同店へ。
(店頭or電話にて事前の予約を受け付けております)

参加費:500円

アクセス:名古屋市中区栄3丁目8-14
電話:?052-238-0320
https://honto.jp/store/detail_1570138_14HB310.html

参加特典:文屋謹製「おもてなし日和」
特製ポストカード(3枚1セット)をプレゼントいたします。

公式サイト:https://honto.jp/store/news/detail_041000021834.html?shgcd=HB300


また、同店では、棚2段を使って
高野登さん選書によるミニフェアが開催されます。

『おもてなし日和』のほか、高野さんのご著書を含め、
以下の書物が展示販売されます。


「おもてなし日和」高野登著(文屋)
「サービスを超える瞬間」高野登著(かんき出版)
「一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣」高野登著(日本実業出版社)
「品格を磨く」高野登著(ディスカバー21)
「大人を磨くホテル術」高野登・牛窪恵著(日本経済新聞社)
「考えてみる」大久保寛司著(発行文屋 / 発売サンクチュアリ出版)
「新訂いい会社をつくりましょう」塚越寛著(文屋)
「日本人なら知っておきたい江戸しぐさ」越川禮子著(ロングセラーズ)
「いのち輝くホスピタリティ~」望月智行著 (文屋)
「バリアバリュー障害を価値に変える」垣内俊哉著(新潮社)
「聞けば叶う-わもん入門」薮原秀樹著 (文屋)


みなさん、
丸善名古屋本店にお出かけください。


**********************

九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」

村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。11月月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、

世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。


「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」

https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


**********************


【井内由佳さんの情報】

★東京講演会決定

11月5日(日)13時から15時(12時開場)、ヤクルトホールにて

くわしくは→http://yuka-i.com

木下ファミリーも参加いたします!


★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】

まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」

http://ameblo.jp/yukaiuchi


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法