HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.512 現場の事実に徹底的に寄り添う「喜楽力」の達人たち。

2017年08月21日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


文屋は、
信州小布施の特産品である「小布施栗」を
栽培しています。

減農薬(殺虫・殺菌剤を基準の半分程度に抑える)
であることに加えて、

善玉菌(有用微生物)を枝葉や土に散布する
「菌ちゃん農法」で育てています。

名づけて「文屋栗」。

わたしが名刺を出しながら、

「小布施で本と栗を養っています」

と自己紹介しますと、

最初は、「???」な表情をされますが、
ちょっとご説明すると、

みなさん、
「!!!」な微笑ましい表情を
してくださいます。


この秋から、
文屋栗の名称を改めて、
「小布施牧場の小布施栗」にいたします。

2人の息子夫婦が「小布施牧場株式会社」を
起業しました。

文屋の栗園は、
今春から彼らに引き継ぎました。

9月下旬に始まる収穫では、

「小布施牧場の小布施栗」として、
1キロ単位での個人のお客様への販売を
開始いたします。

くわしくは、
後日、メルマガと文屋サイトにて
お伝えいたします・

この秋は、
「小布施牧場の小布施栗」を素材に、
栗ご飯や栗の渋皮煮のお料理をお楽しみください。


そして、
間もなく、みなさんお待ちかね、

プレム・ラワットさんの来日記念の文屋座について、
このメルマガと文屋サイトにて、
お知らせができそうです。

メルマガと文屋サイトでの公開=参加募集開始は、
あす8月24日(木)の予定です。


ひとまずは日時と会場を。

10月12日(木)17:30-19:45(2時間15分間)、
横浜市港北区内にて。

座席数は400席ほどと、
限られております。


今回の来日で、
ラワットさんが一般のみなさんにお話しするのは、
これが唯一の機会になりそうです。

諸事情から、「平日・夕方」の開催です。

有給休暇を使ってでも、
聴講する価値が十二分にある内容です。

参加した人しか、得をできません。

いまからご予定ください。


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.512
和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

現場の事実に徹底的に寄り添う
「喜楽力」の達人たち。

文屋座レポートその3


◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊

『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

※井内さんの「11月5日(日)東京講演会決定!」
情報は最下段に!

【第5章 流れが悪いときに、気をつけたいこと】

2.不満顔は、
  いい流れを遮(さえぎ)ってしまいます。


◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★「喜楽力」を編み出した編集者は
    文屋座の講演をどう読み取ったか?★
**********************


8月19日(土)午後、東京・御茶ノ水にて、
文屋の最新刊『楽しいだけで世界一!』の
出版を記念して文屋座を開きました。


ご著者で、
信州小布施・浄光寺副住職の映寿さん(40)と、

人工知能(AI)を活用して、
介護から世界への貢献を目指す革命児
石山洸(こう)さん(35)。

このお二人が登壇されました。

対談では、

ファシリテーターとして
人と経営研究所所長で
『考えてみる』(文屋)ご著者の

大久保寛司さんにご登壇いただきました。


参加されたみなさんにいただいたご感想を、
ご紹介しております。


今回は、

文屋=木下とともに、
20数年にわたって編集を担ってくれている

ライター・編集者の中島敏子さんから
届いたメッセージです。


中島さんはいま、
文屋がある
小布施町にお住まいです。

編集系:中島さん+デザイン系:奥田亮さん

このお二人はご夫婦で、

小布施町中町にて、
「燕游舎(えんゆうしゃ)」という
ユニットの事務所を営んでいらっしゃいます。


お仕事場であるご自宅は、
道路に面したひと部屋を、

「スワロー亭」という、
古本と衣料品(快晴堂さん!)を扱う
小さなお店兼集いの場になっています。


中島さんは、
昨年秋に始まった『楽しいだけで世界一!』の
編集も担当され、

映寿さんと何回ものインタビューと、
「数百回」におよぶメールの交換を積みあげて、
本書を仕上げました。


その数ヵ月の間に、
後述する8つの「力」から成る
「喜楽力」という言葉を編み出しました。


彼女の集中力とエキス抽出力、
階層整理力には、

どの書物でも感嘆しておりますが、
今回も脱帽!でした。


**********************
★感情論や精神論ではなく、
    現場の事実に徹底的に寄り添う★
**********************


では、中島敏子さんにいただいた
感想文をご覧ください。


(ここから)
************


講師の石山洸さん、林映寿さん、
そしてスペシャルゲスト大久保寬司さん。

充実のひとときに、感謝申し上げます。


石山さんのご講演のなかに

「Evidence based care
(エビデンス・ベースド・ケア)」

という言葉が登場しました。

(文屋注:Evidence:証拠)


感情論や精神論ではなく、
現場の事実に徹底的に寄り添うことで、

介護は「方法」として結晶していき

達人から素人へ伝授されうる
共有財産になるんだなあ、と
膝を叩きました。


講演会での御三方の振る舞いは
まさしくevidence basedと映りました。

同時に
feeling basedでもあり
companion basedでもあったと思います。


現場の事実をしっかりと観察し、
事実をありのままに受け取った
感触、感覚(feeling)に素直に、

その場に居合わせた人(companion)が
欲するものを
瞬間、瞬間に察知して即座に差し出す。


このあり方を貫くだけで

日々の暮らしはずいぶんと
楽しく、なごやかで、創造的で、

その結果、幸福感の深いものに
なるような気がします。


まずはその振る舞いを「やり方」としてでも
できるところから真似ていくことで

御三方のあり方にわずかずつでも
近づいていきたいものです。


「喜楽力」をタイトルに据えた文屋座にふさわしく
映寿さんはもちろん、石山さん、大久保さんと
高度な喜楽力の実践者の方々でした。


感謝力

笑顔力

遊び力

ご縁力

自発力

挑戦力

現場力

しくみ力。


喜楽力を構成する8つの「力」を、
御三方ともに
豊かにたたえていらっしゃるように感じました。

そしてまた御三方とも
石山さんのおっしゃる「色即是空」の方々ですね。

ありがとうございました。


************
(ここまで)


中島敏子さん、
有り難うございます。


中島さんは、
造語である「喜楽力」を構成する8つの力を、

ご主人の奥田亮さんとともに、
「気楽力曼陀羅(まんだら)」という図に、
仕上げました。

林映寿さんのご著書
『楽しいだけで世界一!』の巻末にカラーで
掲載されたこの図が仕上がったのは、

本書の編集の磨き上げ工程が
ピークに達したころでした。

当初は誰もが想像もしていなかった
「気楽力曼陀羅」は、

ご著者の思索と実践から編み出された
39(サンキュー)の気楽力を8つに大別した、
幸せな成功者になるためのエキスです。

くわしくは、本書をお読みくださいね。


林映寿さんの「喜楽力」を、
具体例と共に解説したご著書

『楽しいだけで世界一!』の詳細とお求めは、
文屋サイト:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=35

燕游舎さんの公式サイト:http://www.enyusha.com/index.html

スワロー亭さんの公式サイト:http://www.enyusha.com/swallow.html

Facebook:https://www.facebook.com/enyushaobuse



【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?


語り合う映寿さん(右)と石山洸さん。

中島敏子さんは第一部の司会進行も。

気楽力曼陀羅


************************


★きょうの気づき★

◆現場の事実をしっかりと観察し、
事実をありのままに受け取った
感触、感覚(feeling)に素直に、

その場に居合わせた人(companion)が
欲するものを
瞬間、瞬間に察知して即座に差し出す。


このあり方を貫くだけで

日々の暮らしはずいぶんと
楽しく、なごやかで、創造的で、

その結果、幸福感の深いものに
なるような気がします。(中島敏子さん)


**********************
**********************


熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!


角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************
**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)

平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

バックナンバーのお求めは:
http://www.ecmoralogy.jp/product/592

◆『家庭画報』(世界文化社)

平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。


◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」

村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。11月月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、

世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。


「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」

https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


**********************


【井内由佳さんの情報】

★東京講演会決定

11月5日(日)13時から15時(12時開場)、ヤクルトホールにて

くわしくは→http://yuka-i.com

木下ファミリーも参加いたします!


★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】

まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」

http://ameblo.jp/yukaiuchi


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法