HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.005 従業員の幸福度

2015年11月15日


**********************
   ★従業員の幸福度★
**********************

早朝に信州小布施の仕事場を出て、JRで鎌倉へ。42歳の時からご指導をいただ
いているメンターの先生から学ぶことが目的です。鎌倉の材木座海岸は、夏の
ような日差しのもと、大勢のサーファーで賑わっています。

きのうまで、文屋の新刊『根っこづくりの経営』のご著者 渡辺雅文先生の経
営コンサルタント事務所の主催する企業視察ツアーで、大阪と京都の企業など
4社を訪れました。

2泊3日の最終日は、大阪府摂津市にあるお菓子の卸販売と小売り(直営店、FC
店)の株式会社吉寿屋(よしや)を訪れました。会長の神吉武司さんと、弟で
社長の神吉秀次さんのお話を伺いました。

【従業員の幸福度を高めたい】

同社は昭和39年(1964年)に創業以来、「従業員の幸福度を高めること」に一
番の価値を置く経営をしてこられました。目指すのは、従業員、お客様、取引
先など「みんなが幸せになる会社」、地域に愛されるお店作りです。「そんな
悠長なことを言っていて、だいじょうぶなの」と、わたしの心の奥底から声が
聞こえてきました。
これまでの51年間、黒字経営をつづけ、平成27年度の売上高は約121億円、経
常利益は約3億7千万円。業界を代表する「優良企業」になられた今も、日々着
実な成長を続けられています。3時間ほどの研修から、20数人の参加者が、そ
れぞれに多くの気づきとともに、大きな手提げ袋いっぱいのお菓子のお土産を
いただいて帰りました(ご馳走さまです!)。

手元のメモから。

1 【長時間働くこと】
会社が繁盛するには「人よりたくさん働くこと」です。わたしたち兄弟は、毎
朝誰よりも早く出勤し、率先して出荷業務を行って参りました。今、朝3時30
分に会社の玄関をくぐります。「早起きする会社に不況はない」と考えており
ます。
趣味ですか? もちろん仕事です。お酒もいただきますし、好きですが、宴会
の二次会に行くことはありません。早寝早起きをして、ひたすら経営のことを
考えつづけてきました。

2 【知恵も工夫も仕事に没頭する中から】

創業当時、お菓子の卸・流通業者は他にもたくさんあり、わが社は後発でし
た。先輩の会社との差別化を図るために、徹底的・圧倒的なスピードと攻めの
経営を心がけてきました。直営店舗のスピード展開や、お菓子業界初のフラン
チャイズを考案いたしました。創業から22年目の1986年に、日本初のお菓子の
フランチャイズを考案し、 直営、FC 合わせて100店舗以上を展開しております。
よしやの魅力の一つは「熱い想い」です。長時間働きつづけ、考えつづけ、行
動しつづける。独自の発想やアイデアは、熱い思いをもって経営する中から、
にじみ出るように、時には噴き出すように、生まれるものだと思います。

では文屋は、わたしは?

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法