HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.528 志の共鳴 その2。ミシュラン掲載のお蕎麦屋さんに小布施牧場の小布施栗。

2017年10月03日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


朝夕が冷え込むようになった信州小布施では、
そろそろ暖房の用意に気が向く季節です。

わが家=文屋では、
きょう、
薪ストーブの煙突掃除をいたしました。

夏の間につくっておいた薪は、
じゅうぶんにございます。

冬がいつ来てくれても、だいじょうぶです(^0^)


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.528
和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

志の共鳴 その2。

ミシュラン掲載のお蕎麦屋さんに小布施牧場の小布施栗。


◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊

『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

※井内さんの「11月5日(日)東京講演会決定!」
情報は最下段に!

【第1章 神さまがつくったお金の真理】

5.これを意識すれば、
  お金とあなたは蜜月の関係に発展します。


◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★志の共鳴 その2。

ミシュラン掲載のお蕎麦屋さん
   「蕎麦 恵土」に
         小布施牧場の小布施栗★
**********************


文屋の栗園は、おかげさまで、
今年も豊作です。


善玉菌と太陽光と愛情を
  やっぷり浴びた
    小布施牧場の小布施栗。

こちらをご覧ください→
http://www.e-denen.net/index.php/kuri

多くのみなさまにご用命をいただいたおかげさまで、
今季の受付は、あとわずかとなりました。


9月の半ばを過ぎたある日、
わたしにメールが届きました。


「文屋栗の木下様

大変お世話になります。

先日お電話させて頂きました恵土靖と申します。

昨年も送って頂き、大変美味しい栗でしたので、
是非今年もお願いしたいと思ってご連絡致しました。

送り先
〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7

046-876-3625

恵土 靖


送り方は2回に分けて頂きたいのですが、
最初に採れましたら、10キロ欲しいです。

最後に採れました分から5キロを送ってくださいませ。

ご不明点ございましたらご連絡くださいませ。」


恵土靖さんは「えど・やすし」さんと読みます。


神奈川県葉山町の「蕎麦 恵土」のご主人です。


同店のことをネットで調べると、
こんな紹介文を見つけました。

「gooガイド」より。

(ここから)
************


ゆったりとした時間が流れる葉山の古民家で、
店主が手打ちする香り高い蕎麦と
精魂込めた蕎麦懐石を味わう。

葉山の海岸通りから、
細い路地を入った住宅街に佇む古民家。

昭和初期の面影をそのまま残す床の間や、
畳敷きの座敷には風情があり、
テーブル席は足を楽にして寛げる。

メニューは、
昼も夜も、おまかせの蕎麦懐石のみ。

人気の蕎麦店で修業を積んだ店主が織りなす、
旬の野菜や魚を生かした料理と、

毎日手打ちする香り高い蕎麦を、
時間を忘れて楽しみたい。

ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版に
掲載(ビブグルマン)。」


************
(ここまで)


恵土靖さん(48)は、
奥様とこのお店を営んでいらっしゃいます。


わたしは最初、

お蕎麦屋さんからのたくさんの栗のご用命に、

「栗を混ぜ込んだお蕎麦をつくるお店なのかな?」と
まじめに考えました。


「蕎麦 恵土」さんのホームページや
Facebookページを拝見して、
その謎が解けました。

恵土さんは、
「蕎麦懐石」のコースを締めくくるデザートに、
栗の献立を用意されているのです。


「今は葉山の利平栗で、
渋皮煮、栗アイス、栗の素揚げ、
栗きんとん 等です。

文屋栗さんの栗で作ったらもっと美味しいです。」


恵土さんからのこのお便りを読んで、
天にも昇るほどの喜びにつつまれました。


こだわりのスーパー三浦屋と同じく、
恵土さんとも「志の共鳴」を感じます。


**********************
★ミシュランの「ビブグルマン」って?★
**********************


上記に、
「蕎麦 恵土」さんは、

「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版に
掲載(ビブグルマン)」と記されています。


みなさん、「ビブグルマン」をご存じですか?

わたしは存じませんでした。


解説文によると・・・

「グルメ情報のガイドブックとして知られる
「ミシュランガイド」に導入された評価指標。

従来の星(三つ星、二つ星、一つ星)の
評価からは外れるものの、
安くでおすすめできる店舗に与えられる印。

ビブグルマン(Bib Gourmand)は
フランス語に由来する語で、
Gourmandは欲張り・食いしん坊といった意味

(中略)

・三つ星:そのために旅行する価値がある卓越した料理
・二つ星:遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
・一つ星:そのカテゴリーで特に美味しい料理

これに対してビブグルマンは次のように案内されている。

・5,000円以下(サービス料、席料含む)で食事ができる、
おすすめレストラン

すなわち、ビブグルマンは、

ミシュランガイドにおける
「安くてコスパのよいオススメの店」
といった位置づけといえる。」


高い志を抱いて、
「蕎麦道」の高みを目指す恵土靖さんご夫妻。

小布施牧場の小布施栗も、
「栗道」の高みを目指して参ります。

近いうちに、家族で、
「蕎麦 恵土」さんを訪れたいと思います。

日本酒やワインのリストも充実しているようです。


「蕎麦 恵土」さんの公式サイト:
http://info.soba-edo.com/

Facebookページ:
https://www.facebook.com/SobaEdo/


では、どうぞよろしくお願いいたします。


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?


1.葉山の古民家を生かした「蕎麦 恵土」さん。

2.葉山の利平栗を使った献立と下ごしらえのようす。


************************


★きょうの気づき★

◆高い志を抱いて、
「蕎麦道」の高みを目指す恵土靖さんご夫妻。

小布施牧場の小布施栗も、
「栗道」の高みを目指して参ります。

「志の共鳴」ですね。


************************


【平和の大使 プレム・ラワットさん】


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんを迎える文屋座ビジネスセミナー

おかげさまで、300人様を超えました。

立派なホールですので、まだお席がございます(^0^)

10月12日(木)17時30分から20時、
慶応義塾大学日吉キャンパスのホールにて。

くわしい内容とお申込は→
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


ご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)

平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)

平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。


◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」

村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。11月月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、

世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。


「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」

https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


**********************


熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!


角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************


【井内由佳さんの情報】

★東京講演会決定

11月5日(日)13時から15時(12時開場)、ヤクルトホールにて

くわしくは→http://yuka-i.com

木下ファミリーも参加いたします!


★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】

まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」

http://ameblo.jp/yukaiuchi


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法