HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.536 『絵本あなのあいたおけ』から歌が生まれました。

2017年10月21日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?


信州小布施は、
大型の台風の影響で、雨降りです。

井内由佳さん。

文屋のご著者で、
2011年9月の出版以来、6年間で、

大手中堅の版元から10数冊におよぶ書物やDVD作品を
世に問うかたわら、

ご自分の名を冠したラジオ番組をもち、
テレビ番組にも出演を果たすなど、
末広がりの活躍をなさっている

井内由佳さんの講演会が、
今から楽しみです。

おりよく、
主婦と生活社さんから、

最新刊『すべてはあなたの思いどおり』が
上梓(じょうし)されました。


この本の出版をもって、
当面は本の執筆をお休みするとの由。

それだけに、

井内さんの集大成である本書を、
当日までに熟読してから、
会場に参りたいと思います。


【井内由佳さんの東京講演会】

11月5日(日)13時から15時(12時開場)

新橋のヤクルトホールにて

くわしくは→http://yuka-i.com

木下ファミリーも参加いたします!
(関連メルマガ:
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=517) 


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.536
和合と感謝

百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen

ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

『絵本あなのあいたおけ』から歌が生まれました。


◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊

『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

※井内さんの「11月5日(日)東京講演会決定!」
情報は最下段に!

【第2章 生き方の違いが結果に出る】

5.特に、口に出す言葉には気をつけましょう。


◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


**********************
★『絵本あなのあいたおけ』から
           歌が生まれました★
**********************


みなさん、こんにちは。お元気ですか? 


「幸せは、穏やかな心に宿る。」 


プレム・ラワットさんが昨年秋に初めで出した
『絵本あなのあいたおけ』は、

「絵本」でありながら、
大人のみなさんの読者が多いのが、
際だった特徴です。

会社の研修会や朝礼、
お母さん方の読書会などで読み継がれ、
「ロングセラー」の兆しを感じさせます。


欠点のない人なんていません。

いえ、
神さまから見れば、
人間なんて欠点だらけなんでしょう。

ほかならぬわたしも、
欠点を数えたら、切りがありません。

この絵本は、
穴=欠点をもつ桶にひそんでいる可能性を見つけて
それを生かしてくれる庭師のお話です。

内容とお申込は:
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=105648595


先般、うれしいお知らせが届きました。


『絵本あなのあいたおけ』が歌になった!
というのです。

歌の題名は「Jasmine ジャスミン」。

作詞:松山三四六(さんしろう)さん

作曲:村上雄信さん


4月19日に発売されたニューアルバム
『うたたね』に収録された11曲の最後を飾っています。


「ジャスミン」について三四六さんは、

「毎日を懸命に生きる少女の姿に
自分を照らし合わせながら聴いてほしい1曲です。」
とコメントしています。


三四六さんのオフィシャルサイトから、
公開されている歌詞をご紹介しますね。
http://346web.jp/road/651.html


Jasmine

────────────────────────
作詞:松山三四六 作曲:村上雄信
────────────────────────

なんで泣くの? 毎日 水を運びながら

家族の命の水を 汲むために 学ぶことも許されず

 そうじゃないの 私には力がなくて
 せっかくの水を 
 道の途中でほとんどこぼしてしまうの

  ジャスミン もう泣かないで 
  ジャスミン さあ見に行こう
  君が歩く乾いた道に 白い花が咲いてるのは
  君がこぼした水の魔法さ

君が生まれた あの日はひどく暑い日で
家族の命の水を すべて 君を洗うために使った

 慌てた僕は 水を汲みに行く途中で
 道端に咲く 小さな花を見つけて摘んで帰ったのさ

  ジャスミン その花の名前 
  ジャスミン ママに教えられた
  君が歩く未来の世界 白い花が咲いて欲しいと
  僕は名付けた君の名前に

  その花は芳しい 
  その花はただ優しい
  君が生まれてからずっと こんなに増えてくれたのは 
  君がこぼして来た水の魔法 

  ジャスミン その名前の由来は
  ジャスミン 神様の贈り物
  君が仰ぐ乾いた空に 虹がかかる日があるように
  笑顔はいつでもその瞳に


************


このアルバムが発売されてから半年が過ぎました。

わたしがこのことを知ったのは、
つい先日のこと。

三四六さんの大ファンで、
文屋の読者樣でもある佐々木貞高さんが、

「三四六さんが、
『絵本あなのあいたおけ』を題材に、
新曲をつくってくれましたよ!」と、

CDをプレゼントしてくださいました。

佐々木さんは、
老舗で、こだわりのコーヒー専門会社である
富士コーヒー株式会社の松本営業所長さんです。
http://www.fujicoffee.co.jp/04_about/index.html


CDで「ジャスミン」を聴くと、
ちょっと切ない、しみじみとした味わいとともに、
じんわりと生きる勇気が湧いてきました。


三四六さんは、
文屋から上梓されている
『クマンバチと手の中のキャンディ』のご著者です。


では三四六さんは、どんな経緯で、
この曲をつくったのでしょうか?


長くなりましたので、
次号でお伝えしますね。

三四六さんのアルバム『うたたね』:
http://346web.jp/news/838.html

お求めは:
http://shop.346web.jp/items/6036913?from=widget


文屋 木下 豊より


【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?


『うたたね』のイメージ写真

三四六さん

『クマンバチと手の中のキャンディ』


************************


★きょうの気づき★

◆『絵本あなのあいたおけ』から
          歌が生まれました。

  その名は「ジャスミン」。


************************


11月3日(金)、専修大学神田キャンパスで開かれる
「出版産業シンポジウム 2017 in 東京」の

分科会「出版はどこででもできる
~ローカルパブリッシャーのすすめ~」にて、

お話をさせていただきます。

みなさん、ご参加くださいね。

詳細とお申込は、
本の学校の公式サイトからどうぞ:
http://www.honnogakko.or.jp/archives/1026


************************


熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!


角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************


◆「幸福は穏やかな心に宿る」

プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。

http://www.premrawat-japan.com/


全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4


◆『絵本 あなのあいたおけ』寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。

http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)

平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)

平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。


◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。

1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/

2.2016年10月23日、文屋座セミナー

◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/

(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)

◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/


◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語

http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151


◆「幸せは、穏やかな心に宿る。」

一つのメッセージを8歳のころから50年間、
世界中から招かれて講演しづつけている
ラワットさん。

今年は、「講演活動50周年記念」の
ワールドツアーが展開されます。

これからも、
ラワットさんのメッセージを、
世界へ未来へとお伝えしてまいります。


プレム・ラワットさんのご著書や情報は、
文屋(プレム・ラワット日本事務局)が運営する
サイトへどうぞ:http://www.premrawat-japan.com/

お近くの書店さん、ネット書店さんでも、
お求めいただけます。

お近くの図書館への「購入リクエスト」も、
お願いいたします。

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738

はおかげさまで、完売いたしました。

みなさま、ありがとうございます。


**********************


九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」

村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。11月月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、

世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。


「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」

https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


**********************


【井内由佳さんの情報】

★東京講演会決定

11月5日(日)13時から15時(12時開場)、ヤクルトホールにて

くわしくは→http://yuka-i.com

木下ファミリーも参加いたします!


★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】

まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral

LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more


★井内由佳さんの公式ホームページ

http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」

http://ameblo.jp/yukaiuchi


★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『わたしが神さまから教わった
「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法