HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.553 ラワットさんと薮原秀樹さん。 どんどん広くなる「あなたのまわりの人」。その2

2017年11月30日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施は、
きょうもおだやかです。



みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.553

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

ラワットさんと薮原秀樹さん。
どんどん広くなる「あなたのまわりの人」。その2

◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊
『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

【第3章 お金が逃げていくことをしない】

10.恋愛にお金の話を持ち込む人とは、
  絶対に付き合ってはいけません。

◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」
愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★ラワットさんの広島講演会の総合司会
 薮原秀樹さんがお引き受けくださいました★
**********************

文屋座国際セミナー
プレム・ラワット氏 初来日45周年記念 広島講演会

総合司会を担う薮原(やぶはら)秀樹さんは、
「聞く力」を徹底的に磨くコミュニケーション術である
「わもん(話+聞)」の創始者です。

【ラワットさん】

幸せは穏やかな心に宿る。

幸せに暮らし、幸せに働くために必要な、
この「心の平和」のメッセージを、

世界中で、半世紀、語り続けている
プレム・ラワットさん。

【薮原さん】

「わもんは、

話し手の『声なき声』を聞くことにより、
聞き手の『声なき声』を聞くことが
できるようになる修行です。

聞き手が自分の『声なき声』を受けとめる、
そのことを『自己わもん』と呼んでいます」と
語る、やぶちゃん、こと薮原秀樹さん。


お二人は、2016年秋、名古屋市能楽堂で、
初対面しました。

その時、ラワットさん58歳とやぶちゃん53歳。

その邂逅(かいこう)の場に立ち会ったわたしは、

このお二人は、

出会うべきして出会い、
歩みをともにされる運命と使命をお持ちなのだと、
思いいたりました。

ここに至るまでの道のりを、
ずっと見守ってくださったのは、

わたしの師匠(メンター)である
鎌倉の戸村和男先生です。


「百年本」の本づくりを目指す文屋には、
ご著者とのめぐりあいについて、
ひとつのかたちがあります。

「ご縁」

日々の暮らしと働きの結果として授かるのが、
ご著者との出会い、という考え方です。

文屋は、ご著者を探さず、求めず、
選びません。

授かるのを待っているだけです。

ラワットさんとの出会いも、
やぶちゃんとのめぐりあいも、
そうやっていたら、もたらされました。

くわしくは別の機会にゆずりますが、
本間正人さんとの出会いも、
同様に、自然な成りゆきでした。

「そんなことで、売れる著者に出会えるのか?
経営者として甘すぎないか?」とご指導くださる方も
いらっしゃいますが、

わたしがつくりたいのは、「百年本」です。

「ご縁」による
結果としての出会いをいただけるような
佳き心を、自身に養っていきます。

やぶちゃんのご著書『聞けば叶う わもん入門』の
前身『わもん 聞けば叶う』は、
2011年9月に産声をあげました。

文屋の公式サイトには、
やぶちゃんの動画メッセージも
掲載されています。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=5


*******************
★「沖縄へ。いい出会いがありますよ」★
*******************

『聞けば叶う』の「まえがき」に書いた
わたしの文章を引用します。

*******************

数年前、沖縄への旅を誘われました。

かすかなとまどいを感じていたわたしは、
人生の師と仰ぐ先生に相談しました。

(注:わたしのメンターである
鎌倉の戸村和男先生です)

「その旅で沖縄に行くことで、
あなたとあなたのまわりの人たちにとって、
いい出会いがありますよ」。

旅の初日の夜、わたしが出会ったのが、
「やぶちゃん」こと、薮原秀樹さんです。

人を包みこむような底ぬけに明るい庶民性、
というだけでは言い表すことのできない魅力を、
感じました。

「『聞くこと』を極き わめたい」と言う、
やぶちゃんとわたしの、ふたりだけの語らいは、
二時間におよびました。

サトウキビ畑をわたる夜風が、
あたりを包んでいました。

「聞くこと」は、
まだ名前がついていませんでした。

しばらくしてやぶちゃんは、
チベットへ旅をしました。

「『わもん』に決めました。
修行僧たちの姿を見ていて、直感しました。

全身に閃光(せんこう)が走りました。

話を聞く。

『話す』『聞く』を音読みして、わ・も・ん、です」。

*******************

これが、やぶちゃんとの「ご縁」を
授かった瞬間の描写です。

わたしは、
やぶちゃんの当初から抱いていた
「志」について、書いてます。

*******************

「わもん」と初めて耳にしたわたしはなぜか、
「話聞」ではなく「和門」を思い浮かべました。

和門 なごやかな、平和な世界への入り口
と連想させるほどに、

彼はその命名がうれしそうであり、
なごやかな気配を
漂よわせていたのでしょう。

「『わもん』は日本だけではなく、
世界の人々を救い、
幸せにする力を秘めていると思います。

わたしは自分の『わもん力』をみがいて、
広げていきたい」と真顔(まがお)で
語るやぶちゃん。

彼の底知れぬ魅力を表現する文章力を、
わたしはもちあわせていません。

ただ、彼の志が、
このかぎりなく広く、高く、遠い、

公(おおやけ)に向けられていて、
ゆるぎがないことは、たしかです。

*******************

『聞けば叶う』は、印刷を重ねて、
すでに1万人近くが購読。

「わもん」を習う人は、千数百人にのぼります。

沖縄での出会いで幕を開けた「わもん」の柱は、
大地にしっかりと根を張りながら、
日に日に太く、高くなっています。

その「わもんの柱」に、
稲妻とともに
雷(神さまのお成り)が落ちるようにして、

ラワットさんとの邂逅(かいこう)がもたらされました。


やぶちゃんと出会った沖縄への旅を前に、
わたしのメンターである鎌倉の戸村和男先生にいただいた
ご指導・・・

「その旅で沖縄に行くことで、
あなたとあなたのまわりの人たちにとって、
いい出会いがありますよ」

聞いた当初、「あなたのまわりの人」は、
家族や仕事仲間であり、
せいぜい、地元信州小布施の人たちでした。

心の平和のメッセージを世界中から招かれて、
すでに52年になるラワットさんとの出会いによって、

そして、
ラワットさんとやぶちゃんの「合流」によって、
「あなたのまわりの人」の範囲は、

まるで池のまん中に投げた石の水輪が、
同心円を描きながら広がるようにして、

「世界の未来の人たち」にまで、
視野が達しています。


ラワットさんが呼びかける
「心の中の内なる声」を聞くことの
考え方とあり方を、

やぶちゃんは、
「わもん」を創案、創始することで、
極めてこられました。

ラワットさん:
61歳、インド生まれ、米カリフォルニア在住。

やぶちゃん:
55歳、徳島県生まれ、大阪市在住。

来年10月13日(土)の
やぶちゃんが総合司会をつとめる
ラワットさんの広島講演会は、

遠く離れた土地で生まれ育った二人の男を、
「心の中の内なる声」という一点が結ぶ
ご縁によって出会った「果実」です。

広島から、日本から、
世界の未来に向けて、

一人一人の心の平和の結果としてもたらされる
世界平和の実現へ

その現場に、あなたも立ち会いませんか?

人類の本史の幕を、ともに開けましょう。


広島セミナーの内容とお申込は、
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


文屋サイトでは、
絵本『なりたいなぁ』の
ご購入を受け付けています!

直接ご購入のみなさまには、
以下にご紹介する2つのプレゼントを
ご用意しております。

絵本について詳細とお申込は→
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=122426109

文屋 木下 豊より

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

ラワットさんと薮原秀樹さん

わたしが編集者として異例の「まえがき」
執筆をさせていただいた
薮原さんのご著書『聞けばかなう わもん入門』

************************

★きょうの気づき★

◆わたしたちいつまで武力に頼って平和を求めるのか?

そろそろ、おろかでおさないこころの前史を締めくくり、
おだやかなこころによる対話で平和を求める、
成熟した人類の本史の幕を開けましょう。

人類の本史の幕開けを飾る歴史的な場に参加して、
その現場に立ち会いませんか?

◆来年10月13日(土)の
やぶちゃんが総合司会をつとめる
ラワットさんの広島講演会は、

遠く離れた土地で生まれ育った二人の男を、
「心の中の内なる声」という一点が結ぶ
ご縁によって出会った「果実」です。

◆この絵本『なりたいなぁ』は、ビジネス書です。

「石切職人のお話」の内容に、
「二人の石切職人」の寓話を足して、
再構成して仕上げた「新作」です。
ユーモアと共に、
優れた職業観、仕事観、人生観、世界観まで
感じ取ることのできるこの絵本を、
広く末永く、お伝えしていきたいと思います。

************************
熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。

その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************

◆「幸福は穏やかな心に宿る」
プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。
http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』『なりたいなぁ』
 寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。
http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)
平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)
平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。
1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/
2.2016年10月23日、文屋座セミナー
◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/
(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)
◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738
はおかげさまで、完売いたしました。
みなさま、ありがとうございます。

**********************

九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」
村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。

2018年3月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、
世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。

「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」
https://faavo.jp/miyazaki/project/1782

**********************

【井内由佳さんの情報】

★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral
LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more

★井内由佳さんの公式ホームページ
http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://ameblo.jp/yukaiuchi

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『すべてはあなたの思いどおり』(主婦と生活社)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法