HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.557 心の平和による世界平和。ラワットさんの想い。

2017年12月07日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施は、
きょうもおだやかです。

世界的なアーティスト葛飾北斎さんの「聖地」として、
東京都墨田区と長野県小布施町の住民、行政が、
あらためて手を組んで動き始めました。

北斎さんに学び、「未来の北斎」を育てる

それが目的です。

名づけて「墨田・小布施・北斎プロジェクト」。

事業の幕開けを飾る新刊『知られざる北斎』
(神山典士著・幻冬舎)の制作費について、
クラウドファンディングが始まりました。

世界の北斎情報のプラットフォームとして、
北斎ロード(墨田~小布施250キロ)の策定や、
北斎賞の創設などを進めてまいります。

このプロジェクトへのご参画は、
クラウドファンディング(千円から十万円の13コース)に
参加していただくことから始まります。

墨田・小布施・北斎プロジェクト~北斎のかなたへ 

北斎WAVEの「文化の船旅」をごいっしょしませんか?

→ https://cf-shinshu.jp/project/detail/312


みなさん、毎日、文屋だよりを、
お受け取りくださいまして、
ありがとうございます。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.557

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎
このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
ダ・ヴィンチニュース【超本人】
http://ddnavi.com/news/268966/a/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(きょうのテーマ)

心の平和による世界平和。ラワットさんの想い。

◎わたしの大師匠の一番弟子
井内由佳さんの最新刊
『わたしが神さまから教わった
 「お金の流れ」が変わる話』(大和書房)より

【第4章 この発想が、お金のこころをつかむ】

4.お金が一番行きたいところは、
  「お陰さま」のあるところです。

◎斉藤一人さんの「幸せ言葉」
愛してます、ついてる、うれしい、楽しい
感謝してます、幸せ、ありがとう、許します
絶好調! → goo.gl/P2xMYU

わたしのイチオシ → 覚悟の話:goo.gl/LvPjEx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★心の平和による世界平和。
          ラワットさんの想い★
**********************

文屋座国際セミナー
プレム・ラワット氏 初来日45周年 広島記念講演会

平和の聖地 広島から世界の未来へ発信。

人間はいつまで武力に頼って平和を求めるのか?

愚かで稚拙な前史を締めくくり、
対話で平和を希求する、成熟した本史の幕を開けたい。

2018年(平成30年)10月13日(土)午後

広島国際会議場 フェニックスホール

「人類の永久平和の聖地 広島で講演会を開きたい。
一人一人の心の平和を束ねた世界平和の実現へ。
広島から平和のメッセージを世界の未来へ発信したい」。

「平和の大使」プレム・ラワットさんが、
1973年に初来日して以来、抱きつづけたこの願いを、
45年の歳月を経て実現いたします。

くわしい内容とお申込は、
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


しあわせは、おだやかなこころに宿る。

人はみな、生まれながらにして、
こころに平和を抱いて生きている。

ラワットさんは、
この簡単明瞭なメッセージを、
8歳の時から語り始めました。

来年、ラワットさんは60歳を迎えます。

このこころの平和のメッセージを、
世界中から招かれて話しつづけて52年。

1973年に初めて日本の地面を踏んで、
45年の歳月が流れました。

この間、ラワットさんは、
人類の永久平和の聖地 広島で講演会を開くことを、
強く願ってこられました。

先日、来日された時、
わたし(木下)は、
ラワットさんと2回のミーティングをもちました。

ラワットさんが会場として希望されたのは、
平和記念公園にある広島国際会議場です。

原爆ドームを望み、
広島平和記念資料館に隣接する
平和都市HIROSHIMAのシンボルです。

会場は、
広島国際会議場でいちばん大きな
「フェニックスホール」。

3階席まで合わせると「1,504席」あります。

総合司会は「わもん」の薮原秀樹さん。

スペシャルゲストは、
コーチング界第一人者の本間正人さんをお迎えします。


今年10月、わたしは、
首都圏のホテルに滞在されていたラワットさんと、
2回にわたって懇談の機会をいただきました。

文屋に住所を置く
「プレム・ラワット日本事務局」副代表で、
通訳・翻訳家の英国人
マックス・ウィトルさん(京都・美山在住)に、
同席をいただきました。

合わせて3時間ほどにおよんだ対話の中で、
印象に残っているラワットさんの言葉があります。

「わたしは1年ほど前に名刺を新調しました。

プレム・ラワットという名前の右に「h.b」と
記してあります。

ほかに肩書きはありません。

h.bはヒューマンビーング、人間、という意味です」

「わたしは、
自分の存在や名前が世界中で有名になることを目的に、
生きてはいません。

わたしが関心のあること、目的は、
わたしの心の平和による世界平和の実現という
たった1行のメッセージが、

世界中に広がって、
真の世界平和が実現すること、それだけです」

「政治も、宗教も、スピリチュアルも、営利からも、
無縁の立場に身を置いていきました。これからも。

こころの平和のメッセーを地球の隅々にまで
行き渡らせるために、
それが一番有効だと考えてきました。これからも」

わたしが4年ほど前にラワットさんと初めて面談したとき、

「あなた(ラワットさん)は、
1000年に一人の人物です。

わたしは100年の視座で本づくりをしています。

だからわたしに、あなたの初めての本をつくらせてください」
と、お伝えしました。

冷静に聞けば(冷静でなくても(^0^))まったく論理的な
説得ではありませんでした。

しかし、じっとわたしを見つめていたラワットさんが、
微笑みながら語った言葉は、

「わかりました。わたしのこれから出すすべての本の
世界出版権を、あなたの文屋に託しましょう!」
でした。


それ以来、
すでに1冊の単行本と2冊の絵本を、
文屋は出版させていただいています。

そしていま、取り組んでいる4冊目の本の主題は、

「呼吸、こころの平和委、そして世界の平和」です。

来年10月13日(土)、
広島国際会議場フェニックスホールにおける
ラワットさん初の広島講演会は、

この4冊目のご著書の出版を祝う会にもなります。

ラワットさんのメッセージのすべてのエキスを凝縮して、
広島・日本から、世界の未来へと発信いたします。

ご期待ください。

次号では、
ラワットさんのこのメッセージを、
わかりやすく語られた文章を、ご紹介しますね。

★先着特典★

先着200人樣(チケット番号0001から00200)は、
前列のS席に優先的にご案内いたします。
(学生と招待者の優先席を除きます)

お早めのお申込をおすすめいたします。

くわしい内容とお申込は、
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza


**********************
★京都・岡山・広島に参ります。
 ラワットさんの広島セミナー成功に向けて★
**********************

平和の聖地 広島から世界の未来へ発信する、
文屋座国際セミナー
プレム・ラワットさんの広島記念講演会の成功に向けて、

主催者であるわたし(木下)が、
京都と岡山、広島にお話しに参ります。

すでに、現地のラワットさんのファンや、
薮原秀樹さんの「わもん」のお仲間、
文屋の読者のみなさんが、

力を合わせて、
会場の準備を進めてくださっています。
(有り得ないほど、有り難いことです!!感謝)

日程などをお伝えいたします。

どなた樣にも、ご参加いただけますが、
準備の都合から、あらかじめご予約ください。

【京都会場】
と き 2017年12月16日(土)
    10時(受付開始9時30分)から11時30分
ところ ウィングス京都 2階ビデオシアター
京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地 
https://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
講師 木下豊(プレム・ラワット日本事務局代表、文屋代表)
   マックス・ウィトルさん(同副代表、通訳翻訳家)
連絡先 関さん yu-shokutei@joy.email.ne.jp


【岡山会場】
と き 2017年12月16日(土)
    14時30分(受付開始14時)から16時30分
ところ 狸庵(りあん)文庫美術館 3階ホール
    岡山市北区富町2-13-14 http://rianbunko.com/
講師 木下豊(プレム・ラワット日本事務局代表、文屋代表)
連絡先 杉本さん beautyfulful@yahoo.co.jp


【広島会場】
と き 2017年12月17日(日)
    10時30分(受付開始10時)から12時
ところ 広島国際会議場(広島平和記念公園内)
    3階 国際交流協力課 研修室
講師 木下豊(プレム・ラワット日本事務局代表、文屋代表)
連絡先 佐伯さん kansha.1018@ccv.ne.jp
    (携帯080-5232-4651)

1.お申込 準備の都合から、あらかじめそれぞれ連絡先に、
  ご参加の旨、ご一報ください。
  フルネームとお電話番号をお書きください。
2.参加費 無料(運営費のためファンド(寄付金)を募ります)
3.内容 1)講師のお話 45分間 2)意見交換会 45分間
 講師のお話はおもに、
 1)来年10月13日(土)の広島国際会議場における
   ラワットさんの文屋座国際セミナーに向けた思い。
 2)ラワットさんとの出会いから3年あまりの歩みについて。
 3)ラワットさんの想いを込めた新しい本2点の構想に込める思い。
4.ラワットさん、薮原秀樹さん、本間正人さんのご著書を
  販売いたします。事前学習にお役立てください。

2018年10月13日(土)のラワットさん広島講演会
詳細とお申込は:http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

文屋サイトでは、
絵本『なりたいなぁ』の
ご購入を受け付けています!

直接ご購入のみなさまには、
以下にご紹介する2つのプレゼントを
ご用意しております。

絵本について詳細とお申込は→
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=122426109

文屋 木下 豊より

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

講演するラワットさん

ラワットさんの最初のご著書
『The Pot with the Hole 穴のあいた桶』

すでに世界約20カ国語で、翻訳出版されています。

************************

★きょうの気づき★

◆人類が、
愚かで幼い精神の前史を締めくくり、
対話でお互いを生かし合う成熟した「本史」の幕を開ける。

人類の本史の幕開けを飾る歴史的な場に参加して、
その現場に立ち会いませんか?

◆主催者であるわたし(木下)が、
京都と岡山、広島にお話しに参ります。

すでに、現地のラワットさんのファンや、
薮原秀樹さんの「わもん」のお仲間、
文屋の読者のみなさんが、

力を合わせて、
会場の準備を進めてくださっています。
(有り得ないほど、有り難いことです!!感謝)

◆この絵本『なりたいなぁ』は、ビジネス書です。
「石切職人のお話」の内容に、
「二人の石切職人」の寓話を足して、
再構成して仕上げた「新作」です。
ユーモアと共に、
優れた職業観、仕事観、人生観、世界観まで
感じ取ることのできるこの絵本を、
広く末永く、お伝えしていきたいと思います。

************************
熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの新刊
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。

この先100年の「未来」を見据えた啓蒙の書であり、
日本全国の「現場」で生の声と生の実態を取材した
記録でもあります。

その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/

書店さんやネット書店でも、予約ができます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


**********************

◆「幸福は穏やかな心に宿る」
プレム・ラワットさんのご著書については、
文屋サイトへどうぞ。
http://www.premrawat-japan.com/

全国の書店でもご注文いただけます。
Amazon:http://goo.gl/hJwOf4

◆『絵本 あなのあいたおけ』『なりたいなぁ』
 寄付本プロジェクト

くわしい内容と、ご参加の方法は、
以下のサイトをご覧ください。
http://premrawat-japan.com/kifubon/

◆心の生涯学習誌『れいろう』(モラロジー研究所)
平成29年1月号に、
慶應義塾大学大学院教授 前野隆司さんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆『家庭画報』(世界文化社)
平成29年2月号に、
京都大原在住のハーブ研究家 ベニシアさんと、
ラワットさんの対談が掲載されました。

◆講談社『クーリエ・ジャポン電子版』に、
ラワットさんのインタビュー記事と講演録が
掲載されています。
1.『選択肢がある』という理解があなたを変えます。
http://courrier.jp/news/archives/70547/
2.2016年10月23日、文屋座セミナー
◎講演録
「あなたは簡単に欲しいものを手に入れることができます」
http://courrier.jp/academy/71792/
(3ページ目の中盤以降は、
「COURRiER Japon会員(有料)対象です)
◎質疑応答の記録
http://courrier.jp/news/archives/71795/

◆『絵本 あなのあいたおけ』誕生物語
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=148
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=149
http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?_id=151

◆ラワットさんの2015年来日記念DVD
http://premrawat.shop-pro.jp/?pid=92274738
はおかげさまで、完売いたしました。
みなさま、ありがとうございます。

**********************

九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」
村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。

2018年3月ころに仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、
世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。

「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」
https://faavo.jp/miyazaki/project/1782

**********************

【井内由佳さんの情報】

★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★毎週木曜日深夜、FM横浜にて、
「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/ShiawaseSpiral
LOVE FM(ラブ エフエム):
http://lovefm.co.jp/Y_I_Happiness_Spiral/programs/more

★井内由佳さんの公式ホームページ
http://yuka-i.com

★ブログ「井内由佳のしあわせスパイラル」
http://ameblo.jp/yukaiuchi

★週刊女性PRIME:
http://www.jprime.jp/articles/-/8010

★最新刊
『すべてはあなたの思いどおり』(主婦と生活社)。

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)
『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12

**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法