HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

vol.056 【特典付き】春の文屋座。高野登さん「おもてなし」をテーマに。その 4

2016年01月13日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(きょうのテーマ)

【特典付き】春の文屋座。

高野登さん「おもてなし」をテーマに。

3月19日(土)東京・御茶ノ水にて、
高野登さんと井内由佳さんによる
「おもてなし」ビジネスセミナーを開きます。

その4

=講演の演題が決まりました=

高野 登 著『おもてなし日和』

※「特典」は文末に記してございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**********************
★高野登さんが
『おもてなし日和』に込めた想い★
**********************


3月19日(土)の春の文屋座は、
高野登さんの近刊
『おもてなし日和』の出版を
お祝いして、

人生とビジネスに、
「おもてなし力」を生かすことを、
学んでいただくことが目的です。

高野さんは、
「おもてなしとは?」の問いに、
次のようにお答えになります。


************

「相手の立場」になって、
相手の心に自分の心を
寄り添わせなることです。

人間関係も、ビジネスも、
「おもてなし力」を高めるだけで、
驚くほどスムーズになり、
異次元の好展開をもたらします。

ビジネスに限らず、
暮らしのすみずみに、
おもてなしの心をしみこませたい。

この新刊も、
3月19日の文屋座も、
この趣旨の元に作り、
お話しさせていただきます。

************


高野さんは、
世界最高峰のホテル「リッツ・カールトン」
「プラザホテル」をはじめ、

アメリカの名門ホテルで、
ホスピタリティ(おもてなし)を、
現場で極めてこられました。

現在は、
「人とホスピタリティ研究所」
の代表として、

ビジネスや暮らしに役立つ
「おもてなし道」を伝えつづけて
いらっしゃいます。

高野さんは、
アメリカにおける20年間の
ホテルマンとしての研さんを経て、

リッツ・カールトンの
日本支社長として、
着任されました。

同社の日本における
最初のホテルである
リッツ・カールトン大阪。

この開業を前にした日々、
欧米の「ホスピタリティ」を、

日本の現場にどのように反映して、
生かしてゆくのかを、
考えつづけました。

そして出会ったのが、
聖徳太子の
「十七条憲法」でした。


世界最先端、最高峰の
「ホスピタリティ」と、

1400年も前にできた
「十七条憲法」の出会いです。


この出会いと融合

そこから、
開業から数年で、

「日本一」の評価を受けることになる、
リッツ・カールトン大阪の
物語が始まったのです。


今回、初めて公表される
この物語。

くわしくは、
本書に掲載する
「おもてなしの原点」を
お読みいただきたいと思います。


高野さんは、

相手のことを認めて仲良く暮らし、
主張する前に、
相手の話を聞ききって理解し、

多様性を認め合うことが、
「おもてなしの原点」としたうえで、

世界中で、「おもてなし」に
もっとも適した民族性をもっているのが、
日本人。

おもてなしは、
世界に誇ることのできる、
日本人の特徴、とおっしゃいます。


高野さんにこのように解説されるまで、
わたしは、
「おもてなし」は、

ホテルなど第三次産業、
サービス業にいる人の心がけ、
ていどに思っていました。


そうではないのですね。

自分へのおもてなし
相手へのおもてなし

こうした人間関係だけではなく、

ビジネスの現場における、

企画
製造
運搬
広報
販売
など、

あらゆる場面の基盤として、
生かされるのは、
「おもてなし力」なのだと、
思い至りました。


3月19日の文屋座

高野さんがスペシャルゲストに
お迎えするのは、
井内由佳さんです。

「神さまのお告げ」をいただきながら、

経営者やビジネスマン、
主婦、学生など、
過去25年間で2万人以上の相談に応じ、

「ほんとうの幸せ」へと
導いてきた井内由佳さん。

「演題」は、

【井内由佳さん】
神さまが教えてくれた 今よりもっと幸せになる!
「欲深」のすすめ

【高野登さん】
新刊『おもてなし日和』に込めた想い

に決まりました。


「文屋座」
3月19日(土)東京・御茶ノ水にて。

経営者、ビジネスマンはもとより、
主婦、学生のみなさんにも、
きっとお役立ていただけることでしょう。


文屋座の詳細とお申込:
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza

『おもてなし日和』ご予約ページ:
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=31


**********************
★「特典」は記念の「絵はがきセット」★
**********************

3月19日の文屋座にお申し込みのみなさまに、
特典をご用意いたしました。

『おもてなし日和』に掲載されている
カメラマン 清水かほりさんの写真と、
高野さんのメッセージをアレンジした

絵はがき12枚のセット(ケース入り)です。

販売価格1,080円のこのセット1冊を、
文屋座の「第一部」にお申し込みの方に、
進呈いたします。

お渡しは、当日の受付にて。

「特典」の期間は、
2月2日(火、大安)です。

2月2日の24時までにお申し込みの方、
すべてのみなさまが対象になります。

すでにお申し込みの方にも、
もちろん、差し上げますので、
ご安心ください。


***************************

★きょうの気づき★

1.「おもてなし力」は、
  すべての人間関係と、
あらゆるビジネスの場面で生かされるべき、
基礎的な人間力。

サービス業以外の人たちにも、
「有効」な力。

そう考えると、
すべての業種、業態は、
おもてなし産業と
言えるかもしれない。

2.出会い、学び、語り合う文化サロン。

高野さん塾長の「百年塾」

書き手と読み手と作り手の
出会いと学びと語らいの場「文屋座」

ネット社会だからこそ、
その魅力と価値は、高まるばかり。


**********************

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法