HOME > 文屋だより

文屋だより

メールマガジン「文屋だより」は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、「美日常」提唱者として、
ものごとの原点(本来あるべき姿)を考えつづける筆者が、日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つことを目的に、お届けしております。

お名前
メールアドレス

Vol.588 世界が憧れる、ふるさとをつくろう!「カンブリア宮殿」に出演した村岡浩司さん、初の著作!

2018年04月27日

みなさん、こんにちは。お元気ですか?

信州小布施の里でも、
新緑は日増しに深まっています。

4月29日(日)には、
満開の八重桜のもとに100人以上が参加して、
文屋の地元飯田区のお花見会が開かれます。

二人の息子たちが夫婦で始めた
小布施牧場株式会社の「小布施千年の森」のジェラートとチーズのお店
milgreen(ミルグリーン)に遊びの出かけください。
https://obusedairyfarm.co.jp/

★文末に、
最新刊『九州バカ 世界とつながる地元創生起業論』の
ご著者・村岡浩司さんをによるトークイベント
文屋座セミナーのご紹介をいたします。


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

信州小布施 美日常の文屋だより vol.588

和合と感謝
百年本を世界へ未来へ。

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

【きょうのテーマ】

世界が憧れる、ふるさとをつくろう!
「カンブリア宮殿」に出演した村岡浩司さん、初の著作!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*******************
★内閣府発「地方創生」への違和感に、
 地方の現場から具体的に異論を呈する
 キーワードは「地元創生」★
*******************

文屋は、きのう4月26日、
『九州バカ 
世界とつながる地元創生起業論』を刊行いたしました。

九州の大地からおいしい笑顔を届けたい!

九州産の小麦・雑穀を100%使用した
パンケーキミックス「九州パンケーキ」。

最新刊『九州バカ』のご著者・村岡浩司さんは、
九州パンケーキの創始者です。

副題にある「地元創生」には、
内閣府発の言葉「地方創生」への違和感と、
それへの逆提言の意味が込められています。

「地方創生」は、
第2次安倍政権で掲げられました。

東京一極集中を是正し、
地方の人口減少に歯止めをかけ、
日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策です。

くわしくは公式サイトをご覧ください。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/

加計さんでみんなが知るようになった「国家戦略特区」も、
地方創生の政策ですね。


村岡さんはご著書で、
「地方」を「地元」と言い換えて、
「地元創生起業論」を具体的に語っています。

1年に間におよぶ本書の編集工程を、
村岡さんの執筆に伴走してくれた文屋チームの
中島敏子さん(燕游舎)に、

村岡さんが語る「地元創生」の視座を、
紹介していただきました。

『九州バカ』と村岡浩司さんのこと

と題した中島さんの文章を、
数回にわたってご紹介しますね。
(以下、中島さんが寄せてくれた文章を引用します)
************

「地方創生」ではなく「地元創生」
〜当事者として生きよう〜


どことなく「上下」「強弱」という
ニュアンスをはらんでいるように感じさせる
「中央と地方」という対比を含む

「地方創生」という言葉に違和感を感じてきた
村岡さん。

自分が生まれ育った宮崎は、
「中央」から見れば「地方」だが、
自分にとっては「地元」。

「中央」からの公的補助金・支援金に頼るのではなく、
「地元」を愛する自分たちの力で地元をよくしていこう。

イベント的な期限付き事業でなく、
サステナブル(持続可能)な生の営みとして
地元を元気にしていこう。

そんな思いをこめた、「地元創生」。

それは、「中央」に頼って、責任を誰かに押し付け、
不平不満ばかり言って、
自分で動こうとしない生き方への決別。

事業家である自分が、
ビジネスを通じて持続的に地元に元気が還流する
循環を生もうという覚悟。

他人任せではなく、
責任とリスクを自ら引き受けたうえで、
当事者として生きようという提案。

それこそが真の地元活性化につながるのだという
確信。

************


新しい言葉「地元創生」。

では、
いままでの「地方創生」をテーマにした本と、
『九州バカ 世界とつながる地元創生起業論』は、
どこが違うのですか?

との問いかけに、、
編集者の中島さんは、
3つの違いを説明してくれました。

次号をお楽しみに!

★ところで、みなさん、
村岡浩司さんのお話をライブで聴いてみませんか?

村岡さんをお迎えして、
一回目の文屋座セミナーを企画しております!

5月25日(金)19:00〜(2時間)

場所は東京・赤坂のとあるすてきなカフェ

会費は5,000円です。定員は35人樣です。

くわしくは、数日のうちにメルマガにてお知らせしますね。

ご希望の方、ご都合ください。

参加のご意向を、わたしにメールをいただけると、
優先してお受けいたします。

bunya@e-denen.net


本書は、
「カンブリア宮殿」に出演して話題になった
“九州パンケーキ”の村岡浩司さん、初の著作です。

独立した起業家、企業内で活躍する起業家、
あらゆる立場の「地元」に根ざした起業家、
イノベーターみなさんに、ご活用いただけます。 


文屋が自信をもって、そして胸を張ってお届けする、
超、イキのいい、久々のビジネス書です。


本書を紹介する文屋公式サイトのページです:

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=38


★本書『九州バカ 世界とつながる地元創生起業論』は、
文屋の公式サイトからお申込みいただけます。
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=38
全国の書店、ネット書店でもお取り扱いいただいています。

★より多くのみなさまにお読みいただくために、
お近くの図書館に「購入リクエスト」をしてください。


ではみなさん、
どうぞよろしくお願いいたします。

文屋 木下 豊より

【写真説明】http://www.e-denen.net/index.php/mailmag?

『九州バカ』の表紙写真です。

ご著者の村岡浩司さんです。


************************

★きょうの気づき★

◆「地元の魅力を、

独自のプロダクトやサービスに結晶させ、
表現しながら、世界へ発信していく。

ユニークな発想で新たな産業を起こし、
地元を活性化するエコシステムを生み出す
地域ビジネスの創造。

地元の価値を見つめ直して、自由に自己を解き放つ、
一人ひとりが主役の生き方、働き方。
世界が憧れる、ふるさとをつくろう。」




◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


このメールマガジン(文屋だより)は、
百年本の文屋代表、小布施人、農士、
「美日常」提唱者として、

ものごとの原点(本来あるべき姿)を
考えつづける筆者が、

日々、交流の場を綾なしながら、
みなさまの人生とビジネスのお役に立つこと
を目的に、お届けしております。

★文屋・木下豊について
http://www.e-denen.net/index.php/about_rinen
http://www.e-denen.net/index.php/about_kino

★熱血ライターの神山典士(こうやま・のりお)さんの
『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』
(角川新書)。


その第一章に、
「長野県小布施~地域DNAをビジネス化する」として、
文屋と小布施町が紹介されます。

帯には、文屋栗園で笑顔の木下夫婦が!
角川新書の公式サイト:
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321703000362/


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしの師匠・和丸斎先生

 富士和教会の公式サイト:http://fujiwa-k.com/


師匠の一番弟子・井内由佳さんの最新刊
『すべてはあなたの思いどおり
~神さまからの究極の御利益』(主婦と生活社)より

【第2章 怒】

2. 悪気がなくて言ってしまった、やってしまったことで、

相手を怒らせてしまったら、あなたはどうする?

【井内由佳さんの情報】


★井内由佳さんの公式サイト:http://yuka-i.com

★【New!!】井内由佳のしあわせスパイラル【メルマガ版】
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001679362.html

★井内さんの最初のご著書(文屋刊)

『わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。』

http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=12


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

◎平和の大使プレム・ラワットさんの講演動画

2011年、欧州議会にて「平和と幸福の実現」をテーマに講演。
講演後に提案された「平和の誓約書」に
37の政府、団体の代表が署名。

「歴史的な講演」と評価され、
「平和の大使」の任命を受けました。
https://youtu.be/owcmZ4ymmS0


◆みなさん、
10月13日(土)午後は、広島平和記念公園内の
広島国際会議場フェニックスホールの現場に、
ごいっしょに身を置いて、


平和の大使プレム・ラワットさんの講演を
ライブで聴いて、
新しい人類史の幕開けを体感しませんか?!
http://www.e-denen.net/index.php/bunyaza



◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に心をこめてつくった
パンケーキミックス「九州パンケーキ」
村岡浩司(こうじ)さん)(九州・宮崎県)の
ご著書をつくっています。


書名は、
『九州バカ 地元創生起業論』。

2018年4月に仕上がります。

村岡さんが主導して挑んでいる
MUKASA-HUB(ムカサ・ハブ)プロジェクトは、

九州・宮崎の美しい山村で廃校になった建物を、
世界の未来へと発信・貢献する
ベンチャーや起業家が集まる
地域ビジネスのコミュニティとして蘇らせる事業です。

「地域と世界をつなぐ
インキュベーション(孵化器)センターに」
https://faavo.jp/miyazaki/project/1782


◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎


◎わたしのイチオシ。斉藤一人さんの「覚悟の話」

goo.gl/hJbwWd

◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎

メールマガジン 文屋だより

アーカイブ

最新の投稿

PAGE TOP

HOME 商品一覧 文屋座 文屋語らい座 文屋について 書店様へ 文屋だより 制作日記 お問い合わせ プライバシーポリシー ご購入のご案内 特定商取引法